12ヶ月点検の時間と費用




法定12か月点検にかかる時間や費用からその必要性を探る

投稿日:2016年7月29日 更新日:

車の点検は無料点検と有料点検がありますが、12ヶ月点検は有料点検になります。

12ヶ月点検は法定点検ですが、実際受けている人は少なく、受けていないからといって特別ペナルティもありません。

 

この記事では、ホンダのディーラーで営業マンをしていた僕が、12ヶ月点検の費用や時間・必要性や査定価格に及ぼす影響までを詳しく解説します。

車検との費用の違いも比較してみました。

点検を受けるかどうか迷っている方から乗り換えを検討中の方まで参考になります。

 

スポンサーリンク
 

無料点検と12ヶ月点検の違い

無料点検と12ヶ月点検の違いは点検項目ではなく点検の内容

無料点検と12ヶ月点検の違いは項目数よりも内容

無料点検と12ヶ月点検は点検項目はどれくらい違うのでしょうか?

参考までに各点検の点検項目数を表にまとめてみると、

 無料6か月点検12か月法定点検24か月法定点検
室内の点検5項目4項目5項目
エンジンルームの点検8項目10項目13項目
下まわりの点検1項目3項目8項目
外まわり・足まわりの点検7項目6項目14項目

 

点検項目の数は減りますが、点検の中身が結構変わってきます。

無料点検では初期不良のチェックがほとんどです。

一方、12ヶ月点検は駆動・機関系のチェックが中心となってきます。

 

点検項目の数よりも、1箇所にかける点検の時間が濃いものになっています。

 

点検項目はトヨタのディーラーでの点検を参照しています。

各点検の詳しい内容については、トヨタのサイトを参照してください。

【トヨタ】無料点検と法定点検

 

12か月点検にかかる費用

ホンダ12か月点検

ホンダの12ヶ月点検にかかる費用の目安

引用:Honda Cars 群馬中央公式サイト

これはホンダの12か月点検の料金表ですが、見てわかる通り車種による値段の差はそれほど大きくないと言うことがわかりますね。

 

管理人
自動車ディーラーは県や販売店によって、点検の基本料金は変わってきます。

 

各メーカーで調べると、点検料金の相場は1万円〜2万円の間でした。

5つの主要メーカーで受けられる12ヶ月点検の費用をまとめました。

関連 自動車ディーラー主要5社の12ヶ月点検の費用まとめ

 

ちなみにビッグモーターは、車種問わず一律9720円となっていました。

 

 

点検料金以外にもお金がかかってくるので注意

点検の基本料金だけを見ると、意外に安いなと思ってしまいますよね。

でも、気をつけておきたいのは基本料金以外に部品代や工賃がかかるということです。

一般に記載されている金額は、点検するだけの基準価格となります。

そのため、部品の交換をする場合はここに部品代や工賃が別途発生します。

 

12ヶ月点検でよく交換が必要になってくる部品は、この3つくらいです。

  • エンジンオイル
  • オイルエレメント
  • ブレーキパッド

 

オイルとエレメントは車種によって違いますが、平均3000円から5000円程度、ブレーキパッドは1万円〜2万円くらいかかります。

総額にするとそれなりの値段になってしまいます。

他にATF(オートマのオイル)やバッテリーなどあと少しで交換が必要となるというように劣化した部品のチェックもしてくれるため、さらに出費がかさんでしまうことも。

スポンサーリンク

 

長く乗るのには必要と言える法定点検ですが、受けることによって手放しにくくなるというのも事実。

車は買う時だけでなく、維持していくために持っているだけでも結構お金がかかってきます。

そこにさらに点検代となると、出費はかさんでしまいます。

 

車検代と1年点検の費用の差(軽自動車の場合)

車検代と一年点検の費用の差は?

車検代と一年点検の費用の差は?

参考までに軽自動車で12ヶ月点検と車検代がどれくらい変わるのかを調べてみました。

12ヶ月点検は基本料金と部品代ですが、車検はそれに加えて税金関係の出費がプラスになるので少し割高になります。

 

  • 12ヶ月点検=基本料+部品+工賃
  • 車検=基本料+税金+部品+工賃

 

管理人
車検は自動車説、自賠責保険料、収入印紙代が税金として必要になります。

 

 12ヶ月点検車検
基本料9,300円19,764円
部品代・工賃その都度その都度

法定費用

(重量税・自賠責)

なし32,770円

※12ヶ月点検はホンダの料金、車検はホリデー車検の料金を参照。

 

車検は受けないと乗り続けることができず、強制保険である自賠責保険や重量税などの費用がかかってくるため、1回の費用は割高になります。

軽自動車でも部品代や工賃をのぞいて、5万円近い出費になってしまいます。

 

12ヶ月点検なら比較的安い値段で点検を受けることができますが、その前に一度愛車の価値を調べてみるのも一つの選択肢です。

車の価値は時間が経つにつれて下がっていくので、知らない間にお得に乗り換えられる時期を逃してしまうとも考えられます。

 

値段なんてたいしてつかないだろうと思っていても、いい値段がつけば車検代や点検代を頭金にして手放した方が結果として得をすることもあります。

ディーラーへ車を持って行って査定するのはなかなか腰が上がらないですが、ネットからならすぐ査定を依頼することができて便利です。

 

管理人
一括査定は電話もたくさんかかってきて売る気がないお客さんには冷たくあしらわれることが多いですが、グー買取なら1社だけでも査定ができます。

 

グー買取で査定する

グー買取の評判を見る

 

12ヶ月点検にかかる時間

12か月点検をする自動車整備工場

12か月点検をする自動車整備工場

12ヶ月点検は点検項目が多く、足回りやエンジン内部まで点検します。

そのため、ほとんどのお店で預かりでの対応になります。

 

外観部分の点検から、計器類・各種スイッチ類の動作、エンジン内部・足回りや下回り、ブレーキなどの駆動関係と点検項目も多いです。

一通りの点検が終わったら、交換部品等の見積もりへ入ります。

その後、部品交換や修理・仕上げを行い、納車となります。

 

修理作業に時間がかかったり、部品がお店にない場合は取り寄せしなければなりません。

その場合、さらに時間がかかり後日納車後に再入庫する時もあります。

 

作業時間的には、通常半日〜1日程度はお店に預けるので、当日朝〜夜までか1泊2日の預かりかどちらかになることが多くなっています。

 

ほとんどの車屋が1日預かって、翌日以降に納車という流れになっています。

通常は、代車を借りて後日納車になる業者がほとんどです。

 

中には点検を数時間で終わらせて、代車なしで当日納車にするところもあります。

ただ、12ヶ月点検を数時間で終わらせることは丁寧に点検すればまず不可能です。

 

小一時間で点検を受けてくれる=点検の質を疑った方がいいかもしれません。

1日以上じっくり時間をかけて点検してくれる業者に依頼する方が安心ですね。

 

12ヶ月点検はほとんどの人が受けていない

12ヶ月点検をする整備の風景

12ヶ月点検は受けていない人の方が多い

1ヶ月点検と6ヶ月点検は新車で買った人が受けられる無料点検です。

主にオイル交換をしたり簡易的なチェックをしてくれます。

推奨点検という形で、別に受けなくてもOKです。

ただ、無料で必要最低限な点検をしてくれて洗車までしてもらえるので多くの人は受けています。

 

その次に来るのが12ヶ月点検です。

1年に1回の車の点検になり、あまり知られていないのですが、12ヶ月点検は法定点検になります。

法定点検ですが、12ヶ月点検を受ける人は、新車購入者のおよそ4割程度しかいませんでした。

 

管理人
法定点検とは言っても推奨レベルです。法律で定められた点検ってだけで受けないと罰則があるというわけではありません。

 

無料点検と比べると本格的な点検になりますが、料になるため、点検を受ける人はガクンと減ります

12ヶ月点検の国が定める法律のことについて、さらに詳しく知りたい方は国土交通省のホームページを参考にしてください。

スポンサーリンク

12ヶ月点検と査定価格の関係

12ヶ月点検を受けても査定価格はアップしない

12ヶ月点検を受けても査定価格はアップしない

結論、点検を受けているからと言って査定価格が上がることはありません。

ただ、販売店や買取店によっては査定項目に点検を受けているかどうかの項目を追加している業者もあります。

業者によっては査定で優遇される場合もあります。

 

しかし、実際ほとんどの業者は12か月点検は受けていても受けていなくても査定の評価は変わりません。

 

管理人
記録簿や保証書がないと、マイナス査定になるので注意。

 

この先長く乗り続けたい場合は、点検を受けておいた方が無難です。

1年以内に車検を控えている場合は、乗り換えする可能性も出てきますよね。

乗り換えする可能性が少しでもあるなら、点検を受けるのは正直もったいないです。

関連 車が高く売れるサイトの比較を見てみる

 

国産車と輸入車の点検入庫率の違い

国産車よりも輸入車の方が12ヶ月点検の入庫率は高い

国産車よりも輸入車の方が12ヶ月点検の入庫率は高い

トヨタ、ホンダ、日産をはじめ国産車は壊れにくく、自分でも日常点検はしやすいことが特徴です。

1年や2年程度何のメンテナンスもせずに走り続けても、大きな故障をすることはほぼありません。

 

しかし、輸入車となるとどうでしょうか?

輸入車はボンネットを開けるとわかるのですが、自分で点検するにもどこを見ればいいのかわからないことがほとんどで、しかも壊れやすいイメージがありますよね。

 

輸入車の点検入庫率が高い理由は主に3つ。

  • 故障した時のリスクが高い
  • 自分で点検がしにくい
  • コンピュータで制御されている

 

管理人
欧州車は全てがコンピュータ制御なので、知識がないとメンテは難しい。

 

BMWは、ボンネットを開けてオイルの量を測ろうにもレベルゲージがついていなくてやり方がわからず焦った経験が私にもあります。

 

12ヶ月点検【まとめ】

車の12ヶ月点検は法定点検と言われていますが、実際受けている人は少ないです。

長く乗り続けたいなら、12ヶ月点検は受けておくべきです。

ただ、1年以内に車検を控えていて乗り換えるかもしれないという状況なら、必ずしも受ける必要はありません。

 

修理する場所によっては部品代も含め数万円かかりますし、車検代と合わせて考えると10〜20万円近くの出費となってしまいます。

どれくらい乗り続けるかで受けるか受けないかを判断しましょう。

 

スポンサーリンク




少しでも車を高く売るなら、値段を比べましょう

 

時間をかけずにスマホから数分で2社以上の業者に査定の依頼ができるのは、一括査定だけです。

全一括査定サイトの比較・ランキングをまとめましたので手早く違いを知りたい方は下記からどうぞ。

>>一括査定サイトのランキングへ

 

古くても距離を走っていても車に値段がつかないことはありません。

査定がつかない車をタダで引き取ってもらったりしていませんか?

値段がつく可能性があるので無料引き取りに出す前にこちらをご覧ください。

古い車でも売り方次第で高く売れる

 

関連コンテンツ一覧



すぐわかる一括査定のランキング

車の一括査定サイトを主要7社の中から、使いやすさと評判の良さからランキングにしました。

手っ取り早く上位3位までをご紹介。

一括査定サイトのや使い方や比較を知りたい方は、こちらの記事からご覧ください。

参考記事一括査定サイトの使い方と比較

カーセンサー

特徴を流し読み

  • 連絡方法や時間帯を指定できる
  • 大手じゃない業者が見つかりやすい
  • アピール入力欄で査定アップが見込める

カーセンサーは、依頼した時の連絡方法や時間帯をあらかじめ指定できます

メールで連絡をもらうことができる(裏技)のはカーセンサーだけです。

他サイトでは出てこない業者も見つかりやすいことも嬉しい点です。

入力欄に装備やオプションのアピール項目があるので、査定アップも期待できます!

カーセンサーの評判へ >

ズバット車買取比較

特徴を流し読み

  • 75万台から計算した概算価格
  • 6ヶ月先までの相場価格がわかる
  • 1分あれば依頼できるかんたんさ
  • カーソルを動かすことなく入力できる

カーソルをほぼ動かすことなく入力できる依頼フォームの使いやすさは他のサイトにはありません。

また、6ヶ月先までの概算価格を出してくれるサイトはズバットだけです。

ズバット車買取比較の評判へ >

かんたん車査定ガイド

特徴を流し読み

  • 入力欄はたった9個だけ
  • 依頼した時点で概算価格がわかる
  • 優良業者しか提携していない
  • 車種選択画面が広く使いやすい
  • 人気車種からも選べる

かんたん車査定ガイドは提携業者が49社と一番少ないですが、提携業者全てがJADRI(日本自動車流通研究会)に加盟している優良業者のみです。

対応の悪い業者はいないので、強引な営業を受けることはありません。

かんたん車査定ガイドの評判へ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
リョウヘイ

リョウヘイ

元自動車ディーラーの営業をしており、中古自動車査定士の有資格者です。元査定士ならではの業界の裏話を中心に中古車に関するお得情報とコラムを発信していきます。 詳しいプロフィール

-車の点検・車検

Copyright© 中古車査定まるわかり , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.