通勤用のクルマの選び方




通勤用の車の選び方のポイントとおすすめ車種の紹介

投稿日:2016年6月16日 更新日:

あなたが今、通勤用の車を検討されているなら通勤している距離を基準に車選びをしてはどうでしょう?

通勤手当をフルにいかした方が結果としてお得になりますし、近い距離なのに大きな車で通勤していたら、通勤手当で出る金額をまかなえません。

 

選ぶ車によっては、通勤手当でもらえる金額を浮かせることも夢じゃないんです。

 

この記事では、通勤に使う車の選び方をあなたの会社までの通勤距離からおすすめの車種をご紹介します。

スポンサーリンク
 

通勤用の車の選び方のポイント|通勤時間で考えましょう

通勤用の車選びは会社までの距離で考えよう

通勤用の車選びは会社までの距離で考えよう

通勤で使う車は、通っている会社までの距離で選ぶことが結果として節約につながります。

片道10分くらいしかかからないのにアルファードで通勤していると、おそらく通勤手当で支給されるガソリン代はマイナスになるでしょう。

 

一般的に車は距離を乗っている方が故障もしにくく、長持ちすると言われています。

エンジンが回って暖気したくらいに着いてしまって、またエンジンを切ってしまうことは車にはあまりよくありません。

 

軽自動車は奥さんが乗っていて、自分は大きい車を使って近い距離を通勤していると、せっかく休日お出かけ用の車が壊れやすくなることも。

1台しかない場合は仕方ありませんが、2台所有している場合は会社までの通勤距離を考えて選ぶことで車の経済的な負担を減らすこともできます。

だいたいの目安とおすすめの車種を一覧にしてみました。

通勤距離目安時間おすすめ車種
〜10kmくらい10分くらい軽自動車
20km〜30分くらい普通車(コンパクト)
30km〜1時間くらいハイブリッドカー

 

会社までの通勤距離が近ければ、小さい車になればなるほど維持費も安く抑えられて経済的です。

通勤時間が長くなればなるほど、軽自動車では疲れがたまってしまうので片道30分を超えるような場合は、普通車での通勤がベストな選択です。

 

片道1時間近くかかるような場合は、ガソリン代のことも考えてさらに燃費がいいハイブリッドカーを選ぶと、かかる費用は最小限に抑えることができます。

 

通勤時間が片道10分くらいのチョイ乗りの場合は、軽自動車がおすすめ

通勤時間も短く、距離が近い場合は軽自動車の通勤が一番おすすめです。

会社までの距離が近いと、通勤手当でもらえる支給額も少なくなるので、燃費の悪い車で通っているともらえる手当分をオーバーしてしまうことがあります。

距離によっては、大きい車で通勤すると通勤手当でもらえる金額でまかなえないこともあります。

軽自動車ならチョイ乗りでも燃費がそれほど悪くないので、通勤手当で損することもありません。

 

平成8年に軽自動車の規格変更があってからは、軽自動車の安全性や居住性はバツグンに良くなりました。

長距離走行や高速などを日常的に走る使い方には向いていませんが、小回りもきいて燃費もいい軽自動車は短い距離を乗るのにはベストな選択です。

 

自動車税も普通車であればコンパクトカーで最低35800円かかりますが、軽自動車なら年間10800円で抑えられます。

また、軽自動車は修理や故障時の部品の値段や決められた料率が普通車と比べて低いため、自動車保険料も安いのです。

軽自動車は中古車市場でも人気が高いので、値落ちは少なく高めですが、買った後のトータル的なコスパを考えると安く抑えることができます。

 

通勤時間が片道30分くらいかかる場合は、コンパクトカーが便利

会社までの距離が結構あって、片道30分近くかかる場合は軽自動車ではちょっと辛いです。

軽自動車は長時間乗るようなシートの設計にはなっていませんし、サクサク走ってはくれません。

 

仕事が終わって帰るのに車でまたストレスを抱えてしまっては次の日の仕事にも差し支えます。

コンパクトカーなら走っていてストレスを感じることも減らせて、燃費もいいので通勤途中でイライラを抱えることも少なくなります。

 

片道1時間以上かかる長距離通勤の場合は、ハイブリッドカーを選びましょう

通勤距離が片道1時間近くかかるような遠いところまで通う必要があるなら、走行性能だけでなく燃費のことも考える必要が出てきます。

コンパクトカーでも燃費はいい方ですが、それだけ長距離を走るならハイブリッドカーを乗れば、さらに安く抑えることができます。

 

距離が長ければ長いほどガソリン代に響いてくるので、少ないガソリンで長く走ることができるハイブリッドカーがおすすめです。

 

同じフィットでもガソリン車とハイブリッドカーとでは、実用燃費でリッターあたり10kmの差があります。

フィットのガソリン車とハイブリッド車との燃費の違い

リッターあたり10km違うとなると、フィットの燃料タンク40Lで計算すると、単純計算でも1回の給油で400kmの差が出てきます。

400km走れれば、片道50kmの距離でも8往復できてしまうほどの差。

 

購入時はガソリン車より高くなりますが、それだけの距離をほぼ毎日乗るのならガソリン代のことを考えて結局ハイブリッドカーの方がお得になります。

 

通勤用の車は新車か中古車かどっちがいいのか?

通勤だけの車としてセカンドカーを考えるなら、誰もが安く買える車がいいに決まってます。

通勤で使うだけに新車を買うとなると、購入費や維持費も含めて結構な出費になるため、お金の面でも中古車の方が圧倒的に有利です。

 

中古車が誰かが乗ったあとだし、変な乗り癖がついているかもしれない…

普段新車を乗り継いでいる人ならこう思うかもしれませんが、そんなことはありません。

状態のいい車を探せば、中古車はかなり安く買えてお得に乗ることができます。

 

新車と中古車どっちも乗ってきた僕が考える車の選び方は、こちらの記事でも解説していますのでご覧ください。

関連記事
新車か中古車かは乗る期間で選ぶ|長年中古車を乗り継いできた僕が解説

車の乗り換えを考える時に必ず悩むのが、新車にすべきか中古車にすべきかということではないでしょうか。 僕は中古車の方が好きなので、好んで中古車を乗り続けていますが、人によっては新車の方がいい場合もありま ...

続きを見る

 

乗り換えするなら、頭金が大切!

中古車の乗り換えは相見積もりをとって高い値段の業者へ売ろう

車の乗り換えには頭金は必要不可欠

車の乗り換えを考えるときに、一番大切なのは頭金がどれくらいあるかです。

頭金として用意できる金額は人それぞれ違ってきますし、欲しい車によってもその金額は変わってきます。

しかし、あればあるほど乗り換えが楽になるのが頭金です。

頭金を増やす考え方や増やすコツを知っているのと知らないのでは変わってきます。

また、車を売るときの値段交渉もちょっとしたコツを知っているだけで、よりスムーズに営業マンに嫌な顔をされずに進めることができるようになります。

より詳しくは、こちらの記事で解説していますのでご覧ください。

 

通勤時間で選ぶおすすめの車種をパターン別にまとめました

通勤時間で選ぶおすすめの車種

通勤時間で選ぶおすすめの車種

通勤にかかる時間によっておすすめの車種は変わるので、通勤時間を下記の3パターンに分けてそれぞれにベストな車種を選びました。

中古車データは、カービュー中古車相場の情報を引用して掲載しています。

  • 通勤時間が15分以内
  • 通勤時間が15分〜30分程度
  • 通勤時間1時間以上

車探しはスマホからでもかんたん無料見積もりができるので、ディーラーや車屋さんへ行くのが面倒な方はここからお試しください。

おすすめ車種の下にはディーラーに行かなくてもネットから無料で新車の見積もりができるサイトへリンクしています。

\全て無料!今すぐ試してみる/

中古車も自分で探さなくても、ガリバーの担当者が無料で市場に出回る前の非公開車両の中から中古車探しをしてくれる便利なサービスを紹介していますのでぜひお試しください。

\こっちも無料!今すぐ試してみる/

通勤時間15分以内におすすめの車

通勤距離が近く、ちょい乗りになる場合は燃費のことも考えて軽自動車が最強のパートナーになります。

  • 年間の維持費が安い
  • チョイ乗りでも燃費がいい
  • 相場が安い

【値段で選ぶなら】 スズキ ワゴンR

チョイ乗り通勤におすすめなスズキワゴンR

燃費(現行)新車価格中古車相場中古車平均走行距離
26.8km/L1,078,920円60.5万円54,906km

ワゴンRは、スズキの看板商品とも言える軽自動車で発売から20年以上たった今でもまだ現役のロングセラーモデル。

中古車市場でも値段がそんなに高くないのが売りで、ターボ車の流通量が多くなっています。

 

中古車市場の在庫量も豊富で相場価格が安めなので、年式を落とせば通勤用のセカンドカーとして買うことも現実的です。

値段が安い流行りのハイト型ワゴンで、後部座席も広く使い勝手も良く男性女性関係なく人気が高い理由もうなずけますね。

 

【耐久性で選ぶなら】 スズキ アルト

チョイ乗り通勤におすすめのスズキアルト

チョイ乗り通勤におすすめのスズキアルト

燃費(現行)新車価格中古車相場中古車平均走行距離
37.0km/L894,240円58.7万円31,561km

ワゴンRと比べると、 会社の営業車で使用されることも多く、個人で乗っているよりは営業車で見かけることが多いかもしれません。

内装も必要最小限のレベルですが、会社が使う=耐久性が強く長持ちするということ。

 

アルトのすごいところは、ガソリン車の軽自動車の中でも燃費の良さがNo.1で、乗り方次第ではハイブリッド車を凌ぐ低燃費と なっています

さらに意外に中古車在庫の平均走行距離が全体的に少ないので、中古車で検討しているならいい車が見つかる可能性も高いです。

 

【居住性で選ぶなら】 ダイハツ ムーヴ

チョイ乗り通勤におすすめのダイハツムーヴ

チョイ乗り通勤におすすめのダイハツムーヴ

燃費(現行)新車価格中古車相場中古車平均走行距離
31.0km/L1,112,400円59.2万円57,784km

ダイハツの軽自動車で時代を超えて人気が落ちないメイン車種がムーヴ。

乗用メインで設計されているので、アルトやワゴンRと比べると装備面は豪華です

最近はスライドドア付きの軽自動車の人気が高くなっていることもあり、ハッチドアのムーヴは人気が下がりつつあります。

 

つまり、中古車として検討するならお買い得に買える車です。

カスタムグレードはまだ相場価格も高いため、通勤用と割り切るならノーマルグレードに絞り込むと値段を抑えることができます。

 

通勤時間30分以内におすすめの車

片道30分くらいかかるなら、軽自動車ではシートの作りや走行性能面でちょっと辛くなってきます。

この場合の通勤距離だと、車に乗っている時間も長いので、疲れないことを優先して考えておきたいところ。

 

ある程度長い間乗っていても疲れにくい普通車を選びましょう。

普通車と言ってもステップワゴンのようなミニバンではなく、維持費と乗り心地のバランスがとれたコンパクトカーがおすすめです。

  • シートが座りやすい
  • 安全性が高い
  • 休日でも使える

【信頼性で選ぶなら】 トヨタ ヴィッツ

中距離通勤に使いやすいトヨタヴィッツ

中距離通勤に使いやすいトヨタヴィッツ

燃費(現行1.3L)新車価格中古車相場中古車平均走行距離
25.0km/L1,481,760円71.1万円45,362km

ヴィッツはトヨタが誇る王道コンパクトカーで、排気量も1500cc以下で点低燃費が売りなので、維持費を抑えて乗ることができます。

一見女性向けのデザインに見えますが、室内の作りは落ち着いたデザインなので男性でも問題なく乗れる点はありがたいポイント。

 

営業車としても良く使われることから、その耐久性は問題なしで10年乗っていても全然まだまだ乗っている方もいます

カラーバリエーションが多いので、中古車を狙うなら白や黒など人気カラーを外すと、より安く買うことができます。

 

【購入費を抑えるなら】 マツダ デミオ

中距離通勤にも便利なマツダデミオ

中距離通勤にも便利なマツダデミオ

燃費(現行ガソリン)新車価格中古車相場中古車平均走行距離
24.6km/L1,393,200円87.9万円36,625km

マツダのコンパクトカーと言えば、デミオと言われるくらい有名なマツダの看板カーがデミオ。

中古車の市場価格を見ると高いイメージを持ちがちですが、実は高年式の中古車の在庫が多いので、裏を返せばかなり安い値段で流通しています。

 

トヨタや日産などと比べてもお得に買えることは意外に知られていません。

マツダ車はトヨタ車などに比べると値落ちが早いため、同じ年式でも妥協せずに買えます。

 

ブランド志向の強い方には向いていませんが、車としての性能を重視するなら一番お得に買える車と言っても過言ではありません。

 

【デザインで選ぶなら】 日産 ノート

中距離通勤にも便利な日産ノート

中距離通勤にも便利な日産ノート

燃費(現行)新車価格中古車相場中古車平均走行距離
23.4km/L1,393,200円91.9万円33,634km

ノートは日産の代表的なコンパクトカーで、女性向けイメージのマーチと違いユニセックスで乗れる車です。

ヴィッツなど他メーカーのコンパクトカーと比べると、欧州車っぽいデザインでおしゃれなイメージが人気

 

中古車の在庫も多く、グレードを変えるだけでも値段を落とすことができる選択肢の多さはメリットと言えます。

荷室も広めに作られており、通勤だけでなく休日にお出かけで使っても全然問題ありません。

 

通勤時間1時間以上の長距離・高速通勤におすすめの車

通勤が片道1時間を超える距離だったり、高速を使って通勤する場合は一番優先すべきは燃費の良さです。

走る距離が増える分、出費が痛いのがガソリン代。

 

低燃費に乗れる車は、やはりハイブリッドカーが最強の相棒になります。

 

  • とにかく燃費がいい
  • 高速にも乗れる加速性能

【燃費重視】 トヨタ アクア

長距離通勤にベストなトヨタアクア

長距離通勤にベストなトヨタアクア

燃費(現行)新車価格中古車相場中古車平均走行距離
34.4km/L1,785,240円118.1万円35,530km

トヨタのハイブリッドカーの中でもNo.1の燃費を誇るアクアはリッターあたり34kmの低燃費エコカーです。

それでいて、普通車の排気量を積んでいるので長距離運転でもストレスはありません。

 

ハイブリッドカーの中でもサイズも小さく、取り回ししやすい点もありがたい点。

室内も程よい広さで、とっさに後部座席にすぐ手が届くサイズ感は使いやすい車です。

 

【居住性重視】 ホンダ フリード

長距離通勤に使いやすいホンダフリード

長距離通勤に使いやすいホンダフリード

燃費(現行)新車価格中古車相場中古車平均走行距離
27.2km/L2,256,000円110.0万円53,637km

※新車データはハイブリッド車で記載しています。

 

フリードは7人乗りのコンパクトミニバンで、ガソリン車とハイブリッド車の設定があります。

ファミリーカーとして人気がある車で、通勤はもちろん、休日のお出かけメインでも使える万能な車です。

 

中古車でもまだ人気が高いため、購入費用はかかりますが、通勤にもお出かけにも使えるのはこの車ならではの強み。

4人家族までなら広々使えて、さらに維持費も安く抑えられる家計の救世主的存在の車です。

 

【走行性能重視】 トヨタ プリウス

トヨタプリウス

燃費(現行)新車価格中古車相場中古車平均走行距離
40.8km/L2,429,018円130.0万円52,800km

日本のハイブリッドカーの先駆者がトヨタのプリウス。

ベースはセダンですが、燃費と走行性能が高いことが特徴で、高速に乗ってもビュンビュン加速してくれるすごい車。

 

元祖ハイブリッドカーと言うだけあって、燃費はハイブリッドカーの中でもダントツのリッター40kmを超える超低燃費な車です。

ヴィッツと同じく、会社の営業車として使われることが多く、耐久性もお墨付きです。

中古車なら年式を落とせば、だいぶん値段も下がってきてお得に買えるようになってきました。

 

通勤だけの車として割り切るなら、セカンドカーとして使うという選択肢もアリ

通勤用の車をセカンドカーにする

通勤用の車をセカンドカーにする

軽自動車は最近でだとフィットなどのコンパクトカーとあまり変わらないくらい購入時の値段が高くなってきています。

N-BOXなどになると、軽自動車なのにフルカスタムすると200万円近くになることもあるほど高価な車種になることも。

 

しかし、軽自動車は中古車の流通台数も多く、値落ちこそ少ないものの中古車で買った方がお得に買えます。

 

軽自動車への乗り換えを検討されている方やセカンドカーとして軽自動車を通勤用に買い増ししようかと考えている方は、中古車での購入は意外と盲点。

セカンドカーとして割り切って通勤だけに使う車として考えるなら、軽自動車の中古車は値段も安く、おすすめです。

>>予算を決めてセカンドカー探しを依頼する

 

中古車選びはコツがいるのでプロに任せるのがおすすめ

中古車選びは難しいのでプロに任せるのがおすすめ

中古車選びは難しいのでプロに任せるのがおすすめ

中古車はどこを見てどんな状態の車を選べばいいかわからない人がほとんどで、よほど車に詳しい人でないとパッと見で中古車の善し悪しを判断することはできません。

数年間車の査定士として車業界にいた私ですら、恥ずかしながらじっくり見ないとわかりません。

 

まして、車に詳しくない方ならさらに目の前に中古車があっても、その車が本当にいい車なのかどうかの判断は難しいはず。

そんな方でもいい状態の中古車を見つけるためには、やはりプロに依頼することが一番の近道。

ガリバーなど業者に直接行って聞くのが一番早いですし、確実です。

 

しかし、業者に行くとこの人買ってくれるのかなと営業マンにつかまってなかなか帰れなくなることがよくあります。

ズバットの車販売なら、中古車販売最大手のガリバーと提携しており、ガリバーへ行かなくても担当者が流通在庫として出回る前の状態の非公開車両を無料で探してくれます。

 

ズバット車販売なら欲しい中古車を簡単に探せる

 

ざっくりの希望だけ書いてあとは待つだけで、中古車のプロがややこしい中古車探しを無料でしてくれます。

 

直接車屋さんに話を聞いて探したい方には不向きなサービスですが、車屋に行くのが面倒な人にはおすすめです。

ズバット車販売の公式サイトを見る

ズバット車販売の評判を見る

 

まとめ

車通勤は移動時間も仕事のうちです。

長距離の通勤なら、仕事終わりに車でまたストレスを抱えたくはないですよね。

車は買ってから維持費もかかってくる生き物。

限られた通勤手当を節約できるか浪費するかも乗る車によって変わってきます。

買い替えした方が意外と毎日にかかる費用は安く抑えられるという場合もあるので、一度今の車でかかっているコストを調べてみるのもアリかもしれません。

スポンサーリンク




少しでも車を高く売るなら、値段を比べましょう

 

時間をかけずにスマホから数分で2社以上の業者に査定の依頼ができるのは、一括査定だけです。

全一括査定サイトの比較・ランキングをまとめましたので手早く違いを知りたい方は下記からどうぞ。

>>一括査定サイトのランキングへ

 

古くても距離を走っていても車に値段がつかないことはありません。

査定がつかない車をタダで引き取ってもらったりしていませんか?

値段がつく可能性があるので無料引き取りに出す前にこちらをご覧ください。

古い車でも売り方次第で高く売れる

 

関連コンテンツ一覧



すぐわかる一括査定のランキング

車の一括査定サイトを主要7社の中から、使いやすさと評判の良さからランキングにしました。

手っ取り早く上位3位までをご紹介。

一括査定サイトのや使い方や比較を知りたい方は、こちらの記事からご覧ください。

参考記事一括査定サイトの使い方と比較

カーセンサー

特徴を流し読み

  • 連絡方法や時間帯を指定できる
  • 大手じゃない業者が見つかりやすい
  • アピール入力欄で査定アップが見込める

カーセンサーは、依頼した時の連絡方法や時間帯をあらかじめ指定できます

メールで連絡をもらうことができる(裏技)のはカーセンサーだけです。

他サイトでは出てこない業者も見つかりやすいことも嬉しい点です。

入力欄に装備やオプションのアピール項目があるので、査定アップも期待できます!

カーセンサーの評判へ >

ズバット車買取比較

特徴を流し読み

  • 75万台から計算した概算価格
  • 6ヶ月先までの相場価格がわかる
  • 1分あれば依頼できるかんたんさ
  • カーソルを動かすことなく入力できる

カーソルをほぼ動かすことなく入力できる依頼フォームの使いやすさは他のサイトにはありません。

また、6ヶ月先までの概算価格を出してくれるサイトはズバットだけです。

ズバット車買取比較の評判へ >

かんたん車査定ガイド

特徴を流し読み

  • 入力欄はたった9個だけ
  • 依頼した時点で概算価格がわかる
  • 優良業者しか提携していない
  • 車種選択画面が広く使いやすい
  • 人気車種からも選べる

かんたん車査定ガイドは提携業者が49社と一番少ないですが、提携業者全てがJADRI(日本自動車流通研究会)に加盟している優良業者のみです。

対応の悪い業者はいないので、強引な営業を受けることはありません。

かんたん車査定ガイドの評判へ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
リョウヘイ

リョウヘイ

元自動車ディーラーの営業をしており、中古自動車査定士の有資格者です。元査定士ならではの業界の裏話を中心に中古車に関するお得情報とコラムを発信していきます。 詳しいプロフィール

-車の乗り換え
-

Copyright© 中古車査定まるわかり , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.