専業主婦と子供にぴったりな車の乗り換えを考える




乗り換え

結婚して専業主婦になった時の車の乗り換えを考える

投稿日:2018年1月31日 更新日:

結婚して専業主婦になったら、時間も増えて家事を中心にいろいろとお金のことを考える機会も増えてきます。

専業主婦というと、働いていないから何か後ろめたいような気持ちになったりしませんか?

仕事をしていないから、普段仕事をして生活費を稼いでくれている旦那さんに申し訳ない気持ちになる人も多いはずです。

そんな中で、専業主婦なのに車乗っていると変な罪悪感を感じることもあるかと思いますが、現実問題そんなことはありません。

結婚したら出産、育児などその先どんどん大変になってきます。

結婚してからの車、専業主婦と車の乗り換えについて考えてみました。

スポンサーリンク

結婚して専業主婦で車2台持ちは贅沢なのか?

結婚すると、当たり前ですが2人になります。

住んでいる地域にもよりますが、旦那さんの車と奥さんが結婚前に車に乗っていれば2台になります。

東京などの都心部に嫁ぐ場合であれば、車は不要になることもありますが、ほとんどの場合は結婚前に乗っていた車は結婚後も乗りつづけますよね。

結婚して車2台になることが贅沢かと言われると、贅沢とは言えません。

結婚後に車を1台増車で買う場合は、贅沢と言えますが、もともと乗っていた車をそのまま乗っているだけなら決して贅沢ではないですよね。

都心部に住んでいて結婚で田舎へ嫁ぐことになった場合は、奥さん用に車をもう1台買うことも検討する必要があります。

私の住んでいる場所でもそうですが、電車の駅も遠く、バスもないような地域ではコンビニやスーパーまで車で必要になり、車は絶対必要です。

そういった場合は、車の購入も決して贅沢とは言えません。

車がなくても生活できる所に住んでいるのに、車を買い増しすることが贅沢になるのかと思います。

車がないと生活できない場合は、贅沢ではないです。だって生活できないわけですからね。

専業主婦で車なしか車あり生活かどっちだ?

専業主婦であれば基本的に家にいることが多いですが、車なしの生活か車ありの生活どちらがいいでしょうか?

いろいろと条件はありますが、1番は普段の生活で住んでいる場所の立地が大きく影響してきます。

毎日とは言わずとも買い物などで出かける時はある程度決まっていますよね。

  • スーパー、ドラッグストア
  • ホームセンター
  • 病院

専業主婦の私の妻に聞いてみたら、日々の買い物はだいたいこんな感じでした。

人によって買い物へ出る頻度は変わってきますが、スーパーやドラッグストアなどは特定の日に特売やセールをやっていることがあります。

1週間に1度の買い物でまとめて1週間分の食材を買う主婦が多いですが、安いものがある場合はその都度スーパーへ出向くということもあるみたいです。

ホームセンターはティッシュやトイレットペーパー、洗剤などの生活用品を中心に買いに行くことが多いですが、一度の買い物で荷物になることが多いので、週末に私と買い物へ行っています。

病院に関しては、体調が悪い時や定期的に通院する時など行く頻度はバラバラですが、病院の立地条件も関係してきます。

車がなくてもいい場合

  • 平日に車を使わない
  • 電車・バスなど公共交通機関がある
  • 近くにお店が多い

車がなくても生活ができる所に住んでいて、買い物も車なしで済ますことができる場合は、車はなくても問題ありません。

普段の買い物は毎日こまめに行くことができるのであれば、荷物も少なくてすみますし、徒歩や自転車でも大丈夫です。

まとめて買い物へ行く場合は、旦那さんについてきてもらうことでわざわざ車を持たなくても生活に支障は出ないですね。

車があった方がいい場合

  • とにかく田舎に住んでいる
  • 自転車圏内にお店がない
  • 小さい子供がいる
  • 旦那さんと買い物に行く時がない

反対に車があった方がいい場合は、何より自転車で行ける範囲で買い物ができないような所に住んでいる人です。

私のように家の近くにコンビニすらないような田舎だと、何か買い物へ行く時も車が必要になってきます。

週末や旦那さんの休みの日に1週間分の買い物を全てまとめて行ける場合は、最悪なくても何とかなりますが、不便ですよね。

小さい子供がいる場合は車は必須

あともう1つ絶対に必要となってくるのが、小さい子供がいる場合です。

5歳未満の子供がいる場合は、スーパーの買い物くらいなら休みの日で何とかできますが、子供はよく病気になります。

つまり、突発的に病院へ行く回数がかなり増えます。

小さい子供を連れて雨の中、病院まで行っていたのでは子供の症状もさらに悪化してしまうことも考えられます。

小さい子供がいる時だけでなく、妊娠中も同じことが言えます。

妊婦の時はできる限り安静にしていた方がいいですよね。

ただでさえ起き上がることや歩くことも普通の人と同じようにはいかないのが妊婦さんです。

そんな状態で買い物などで出かけさせるのは体調を悪化させてしまう可能性が高くなります。

子供がある程度親の手を離れる小学生くらいまでは、維持費が高いとは言っても車は持っておいた方がいいです。

専業主婦でも田舎住まいや妊娠中、小さい子供がいる場合は車はあった方がいい。

普通車2台の場合は軽自動車に変えることで維持費の節約

結婚してからは、生活費をはじめいろんな出費をやりくりする必要が出てきます。

子供がいなくて2人だけの場合は、それほど真剣に考えることもありませんが、将来のことを考えると無駄な出費を抑えてやりくりしておきたいところですよね。

でも、実際のところ子供が小学生くらいになるまではそれほど目立つ出費が増えることはありません。

子供が2人以上いて、保育園に入れている場合などは変わってきますが、それ以外であればそこまで無理してやりくりしなくても生活は問題ないことが多いです。

子供ができて、家計のやりくりを考える時に1番大きい出費になるのが、住宅ローンや家の家賃の出費です。

アパートの家賃と言っても、7万円近くはしますし、一軒家の住宅ローンでも7万円〜8万円ほどの出費はかかってきます。

その次に大きいウェイトを占めるのが、車の維持費です。

車の維持費と言っても、ローンを組んでいなくてもガソリン代、メンテナンス代、駐車場代など車は持っているだけでお金がかかってしまいます。

ヴィッツやフィットなど普通車に乗っている場合は、軽自動車に乗り換えることで年間の維持費もグッと節約することができます。

年間の維持費軽自動車普通車(1.5L未満)普通車(2L未満)
ガソリン代(月×12ヶ月)108000円126000円144000円
自動車保険18620円25040円45320円
メンテナンス代12000円14000円16000円
自動車税10800円34500円39500円
合計金額149420円199540円244820円
  • ガソリン代は軽自動車3000円、普通車1.5L未満は3500円、2L未満は4000円で計算。月3回給油した場合。
  • 自動車保険は30歳以上補償、ゴールド免許、18等級、年間走行距離9000kmくらいと仮定して計算。
  • 軽自動車はムーヴ、1.5L未満はヴィッツ、2L未満はウィッシュで計算。
  • メンテナンス代はオイル交換3回分とエレメント1回交換で概算計算。

こう見てみると、普通車と軽自動車の維持費の違いは大きいですね。

年間5万円と思いがちですが、タイヤ代や消耗品代も普通車の方が部品代としては高くなるので、さらに値段の差は出てきます。

排気量1.5L以上の普通車になると、その差は年間で10万円近くも開きが出てきます。

ローンを組んでいる場合は、さらにローン代がプラスされるので出費としては大きくなりますね。

ただ、維持費が高いので車を手放して生活費を減らそうと安易な考えでやりくりするのはよくありません。

車を持っているけど、使う機会が少ない時以外は無理して車を減らしたりすることは避けておくべきです。

車を手放したあとで、同じ車を買い直そうとしても売却した値段で同じ車は買えません。

売る時は安くても買う時は高くなるのが、車です。

やっぱり欲しいから買い直すとなったら、結果として出費がかさんでしまうので、生活費のやりくりを見直す時でも車を手放すのは慎重に考えましょう。

結婚、出産を機に乗り換えるのにおすすめな車種3選

結婚、出産を機会に乗り換える時に私がおすすめしたい車種は、軽のハイトワゴンです。

結婚してから数年先までの将来を考えると、1つの可能性として『出産』が考えられます。

 

そのため、結婚してから乗り換えする車には子供のことも視野に入れた車選びがポイントになってきます。

 

今回おすすめする車種は軽自動車ですが、背が高く、後部座席が両側スライドドア仕様になっているタイプの車で、どれも1人で乗るのも子供を乗せるのにも長く使うことができる車です。

ダイハツ、ホンダ、スズキで各メーカー別に人気の軽ハイトワゴンを紹介します。

 

ダイハツ タント

ダイハツタント2013年フルモデルチェンジ

タントの特徴は助手席側がピラーレスになっていることと、ドアの開口が90度まで開くことです。

子供を抱っこしながら車に乗せる時や後部座席に自転車や大きいおもちゃを乗せる時に便利です。

助手席のシートを倒せば、シートバックテーブルもついており、車内でご飯を食べさせる時にも重宝します。

助手席に大型のアシストグリップがついているので、おじいちゃんやおばあちゃんを乗せる時でも安心です。

タントの無料新車見積もりはこちら

カーセンサーでタントの中古車を探す

 

ホンダ N-BOX

N-BOX 2015年MC後(新型・現行モデル)

N-BOXは軽自動車でシェアNo.1に輝く実績ある車です。

内装の質感が高く、軽自動車とは思えないほどのクオリティになっています。

助手席がロングスライドする仕様があり、後部座席に子供を乗せて、そのまま車内から運転席へ移動することができます。

雨や悪天候の日、狭い駐車場での乗り降りには便利で、シートは固めの作りとなっており、タントやスペーシアと比べても乗用車クラスのシートと言えます。

長距離運転で疲れにくい車と言えばN-BOXをおすすめしたいほどです。

N-BOXの無料新車見積もりはこちら

カーセンサーでN-BOXの中古車を探す

 

スズキ スペーシア

スペーシア2015年一部改良

スペーシアの1番の強みは、シートのアレンジがかんたんなことです。

リアシートをワンタッチで倒してすぐにフラットな荷室を作ることができます。

トランクルームの高さも51cmと他の車よりも低めとなっており、自転車などの大きい荷物の積み込みもしやすい設計になっています。

子供が小さいうちのベビーカーの積み込みには助かる仕様です。

小さい子供がいると自然と荷物が増えますが、とっさに荷物が増えても安心です。

スペーシアの無料新車見積もりはこちら

カーセンサーでスペーシアの中古車を探す

 

ここで紹介した車は人気車種なので、どれも後々買い換えることになっても値段が高くつきやすいことが特徴です。

軽自動車は特に新車でなくても中古車でも普通車より需要があるので、査定価格も高くなります。

程度のいい中古車を選べば、購入時も安く買えて売却時も高く売ることができてかなりお得です。

結婚・専業主婦の車の乗り換え【まとめ】

結婚して専業主婦になったからと言って、車を手放す・乗らないという考えはあまりよくありません。

逆に結婚したからこそ車が必要になることもあります。

どんな家庭でも子供が生まれる可能性がありますし、小さい子供がいたら車はむしろあった方がいいのです。

結婚してから車を乗り換える時は、独身時代と比べて乗る期間も長くなるので、買ってから5年先までは見越した車選びをする必要があります。

軽のハイトワゴンであれば、維持費も抑えられ、子育て中でも使い勝手が良いので結婚後の乗り換えには最適です。

車の乗り換えが新車だけではなく、中古車や新古車に変えるだけでも購入費はずいぶんと安く抑えることができるので、結婚後の乗り換えの1つの目安としてみてください。

売却のみで車を手放す場合は、無料の一括査定サイトを使うと普通にディーラーや買取業者1社だけで査定するよりも高く売れるのでぜひ利用してみてください。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




関連コンテンツ一覧



【すぐわかる】一括査定どこがいいかランキング!

ネット査定サイトを主要7社の中から、使いやすさと評判からランキングにしました。

手っ取り早く上位3位までを紹介します。

全7社の特徴を詳しく比較したい方は、『5項目で比較|おすすめ中古車一括査定サイトのランキング』を参考にしてください。

ズバット車買取比較

  • 比較サイト専門のウェブクルーが運営
  • 依頼フォームが自動で移るから入力が楽
  • 概算価格がすぐにわかる

ズバット車買取比較は一括査定サイトの中でも唯一フリーダイヤルの電話によるサポート窓口が設置されています。

万が一、買取業者とトラブルがあったときでもサポート窓口へ連絡することで、円滑に対応してもらえる点は他サイトにはない強みです。

全国75万台以上のデータから計算した6ヶ月後の目安金額も教えてくれるので、値段がつくかどうかを知りたいけど、車検がまだ残ってて今すぐ売りたくなくてもおよその目安価格がわかります。

愛車の確実な相場価格を知りたい方で、手放すまでまだ時間がある方が気軽に依頼できるサイトです。

ユーカーパック

  • 個人情報が買取業者に漏れない
  • 買取業者からの営業電話はない
  • 提携業者は最大で2000社もある

ユーカーパックは唯一オークション形式を採用しており、出張査定か提携しているガソリンスタンドへ持ち込んで一度査定すれば、あとはオークションに出されて入札されるのを待つシステムになっています。

何回も買取業者の査定を受ける必要がなく、電話はユーカーパックとのやりとりのみです。

買取業者と直接連絡を取ることがないので、個人情報が漏れません。

入札まで少し時間がかかりますが、営業電話等が一切ない点では一番安全なサイトです。

急ぎで売る予定がなく、連絡も少なく済ませたい方にはユーカーパックはおすすめです。

かんたん車査定ガイド

  • 最短45秒で依頼可能
  • 提携業者はJADRI(日本自動車流通研究会)に加盟している優良企業のみ
  • 依頼したらその場で概算価格がすぐわかる

かんたん車査定ガイドは提携業者が50社と一番少ないですが、提携業者全てがJADRI(日本自動車流通研究会)に加盟している優良業者のみとなっています。

入力項目が少なく、たった45秒で依頼ができてしまうという点や車種検索でも人気車種から選ぶことができたり、車種一覧タブを開くと、4行に広げて表示してくれたりと使いやすさに配慮されています。

一括査定サイトの中でも提携業者の質は一番高いサイトなので、初めて一括査定を利用する方や一括査定が怪しいと感じる方におすすめしたいサイトです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
リョウヘイ

リョウヘイ

元自動車ディーラーの営業をしており、中古自動車査定士の有資格者です。元査定士ならではの業界の裏話を中心に中古車に関するお得情報とコラムを発信していきます。 詳しいプロフィール

-乗り換え

Copyright© 中古車査定まるわかり , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.