高速を乗り続けた軽自動車の評価

乗り換え

高速を走り続けた軽自動車の評価は下がるのかを実例付きで検証

投稿日:2016年8月6日 更新日:

軽自動車は他の車種に比べると、査定価格も高くつきやすく売りやすい車種と言われています。

実際、結構古くてこれ売れるんかいなって思うような軽自動車でも意外な値段で売れたりするんです、ほんと。

最近の軽自動車はまた性能が良くなってきてて、ちょい乗りだけじゃなくてスピード出してもそれなりに走ってくれるので高速走行なんかもわりとスイスイなわけです。

でも高速走りまくった軽自動車って結構へたってそうなイメージ持ちますよね。

私の知人が高速走行し続けた軽自動車を先日売却したので、査定価格や車の評価に変化があったのかなどを実例を交えて紹介したいと思います。

高速道路で軽自動車を乗るにはターボ車がおすすめ

当たり前ですが、軽自動車で高速を走るのって結構大変です。回転数がギュイーンって上がるので体感速度も速くなってしんどいものです。

そこでターボ車のパワーが高速走行には最適です。『とにかく楽』です。

まずちょっとターボ車のことについて超簡単に触れておきます。

ターボ車は、普通のエンジンに比べて燃料を効率良く燃やすことができる仕組みのことで、何よりも『高出力』が売りです。

ターボチャージャー(turbocharger)は、排気の流れを利用してコンプレッサ(圧縮機)を駆動して内燃機関が吸入する空気の密度を高くする過給機である。

引用:Wikipedia

ターボについて調べてみるとこんな記述が。

難しくて何書いてるかよくわかりませんよね。簡単に言うと、取り込む空気をぎゅっと圧縮することによって出力される馬力を高めているということです。

通常のホースの水圧

ホースの水を出している

水圧を強くした時

ホースの水圧を強くしている

わかりやすい例を1つ。ホースで水を出す時、普通に出すのと先をぎゅっと押さえると出てくる水が強くなりますよね。

ノンターボ(N/A)とターボの違いは簡単に言うと、水の出てくる力(トルク)を圧縮をかけることにより、強くしているということです。

高速走行となると、最低でも100キロ近い速度で走らないといけないため、軽自動車の通常のエンジンではしんどいわけです。

のむさん
車業界ド素人のむさん
高速でやけに速い軽自動車に出会うのはターボなのか!
ターボ車は高回転の走行に強いから高速には最適ってわけね。
キザオ
自称プロのキザオくん

普通の軽自動車であれば、70キロを超えてきたくらいから、キィーンと高いエンジン音が聞こえてきて、走っているのもしんどく感じてきます。

しかし、ターボ車になれば、普通の軽自動車と比べて同じ速度でも走行にゆとりがあるので、高速走行には向いていると言えます。

ターボ車のオイル交換やメンテナンス、寿命のことについては『軽自動車のターボのオイル交換や寿命を伸ばす方法をまとめてみた』で詳しく解説しています。

中古車でもターボの軽自動車は根強い人気がある

軽自動車の中古車情報を見ていても、ターボの軽自動車ってどっちかと言うと少ないんですよ。

えっ少ないの?!

そうなんですね、市場に出回っている在庫数が少ない=売れる ってことなんです。

中古車の在庫は基本的に回転寿司ほど速くなくても、それなりにコロコロ変わります。

オークションやグーネットなどの中古車情報とか街の中古車雑誌に乗る前に売れてしまったり、売却先がある程度決まっていることが多いので、あまり情報としては外に出ないんッス。

他の車種についても言えることで、良く売れる車はあまり中古車情報で見かけることはないのかもしれませんね。

では、実際に高速走行ばかりしていた私の知人の軽自動車が売れた時の状況について詳しく見ていきましょう。

高速を乗り続けた軽自動車を売却した知人の事例

私の知人は整体師で毎日のように県外へ施術しに行っており、基本的に高速道路で通勤している感じの人です。

そんなに高速乗るなら普通車の方がいいのでは?って思うんですが、こだわりがあるらしく軽自動車を乗っていました。

彼が乗っていた車の情報はこんな感じです。

乗っていた車と使用用途

  • 【車種】スズキ ワゴンR スティングレー ターボ
  • 【詳細】2012年式 黒 Tターボ
  • 【年間走行距離】30000~35000キロ
  • 【売却時の走行距離】93000km
  • 【主な使用用途】 車で遠距離を走ることが多く、週に3日は高速走行をしている(1回に走る距離は100キロ超)

このような状態で3年間乗り続けたそうですが、10万km目前になってきたということもあって、乗り換えることにしたそうです。

ワゴンRスティングレーの中古車相場情報

データ引用元:中古車オークション情報GBM

同じような中古車相場情報をオークションサイトから引用してきました。走行距離は少し少なめの車しか出てこなかったので、走行距離を増やして計算するとたぶん相場は40万円くらいになります。

中古車オークションの相場が40万円ということなので、査定価格は20万〜30万円の間くらいいけば万歳って感じになりますね。

で、実際どのくらいで売れたのかです。

生粋の楽天会員だったので、私から楽天オートをすすめたところ、楽天オートで査定しました。3社に査定を依頼し、結果、32万円で売ることができたそうです。

関連記事一括査定で得する?楽天オートを紹介するページ

この車で見ると、かなり高い金額で売却できたと言うことがわかりますね。1番安買った買取業者との値段差は10万円もあったみたいです。

一括査定おそるべし。

普通に走行距離が多いだけじゃなく、高速を乗りまくった軽自動車でも売れると言うことですね。ちょっと具体的に分析してみます。

【考察①】軽自動車は条件が悪くても高く売れやすい

知人のワゴンRの例でもありましたが、軽自動車は普通車に比べて、中古車として売却する時の査定価格が高くつきやすく、売れやすい車種になります。

需要が多いことから、走行距離が多くても年式が古くても査定価格はつきやすいのです。

今軽自動車に乗っておられる方はもちろん、これから軽自動車を考えようとしている方も長く乗ってもある程度元がとれやすい軽自動車はおすすめです。

軽自動車は中古車としての価値があり査定では高く売れやすい』では軽自動車が査定で高く売れやすい理由について詳しく解説しています。

【考察②】ターボ車でもノンターボ車でもメンテナンス次第

同じ走行距離の中古車でも乗り方やメンテナンス次第では、査定価格の落ちを防ぐことができます。

知人は高速ばかり乗っていましたが、定期的に点検を受けたり、オイル交換などの日常メンテナンスはしっかりしていました。

例えばこれをオイル交換などをサボってそのまま走り続けていたら、きっと結果は変わっていたと思います。

特に高速走行などエンジンが高回転までまわるような乗り方をする場合は、オイルの消費も多くなり、最悪焼き付いてしまったりしてしまいます。

査定時にアイドリングの調子がおかしかったり、変な音がしたりすると確実に値段は下がってしまいます。

多走行車の場合は査定士のチェックも普通より厳しくなるので、注意が必要ですね。

高速走行していたからと言って査定の評価は変わらない

知人の軽自動車の例でもわかる通り、高速走行ばかりしていたからと言って査定価格や評価が下がってしまうと言うことはありません。

実際のところ、査定の評価は年式とそれに見合った走行距離でされることがほとんどで、評価基準も走行距離が中心となっています。

  • 年式が古い=走行距離が少ない
  • 年式が新しい=走行距離が多い

一見すると、上の方が中古車としての評価は高くなると思いますよね?

でも意外にも下の年式が新しいけど、走行距離が多い車の方が中古車としては売れやすいんです。

走行距離が多いと言うことは、それなりに故障や部品の交換も終わってることが多いですからね。特に需要がある軽自動車の場合はなおさらと言えます。

 

高速走行をしても耐久性のある軽自動車のランキング

高速走行にも耐えられる耐久性の高い軽自動車を参考までにランキングにしてみました。

中古車市場でも人気の高い車種を中心にピックアップしたので、査定でも優遇される可能性アップです。

高速に強い=普通に乗っていても長く乗れるってイメージですね。新型車が出たら随時更新していきます。

メーカー別に調べてみました。

【1位】スズキ アルトワークス

スズキ アルトワークス

スズキアルトワークス

【アルトワークスのおすすめポイント】

1998年に1度この世界から姿を消しましたが、17年ぶりに販売が再開されました。

今回17年ぶりにスズキが復活させ、中古車としても新車としても人気が高い車種です。

ホンダS660よりも車体が160kgも軽く、スピードも速いと評価されています。4ドアであることも普段使いにはポイントが高いですね。

先程紹介した知人も高速道路で追い越しが楽々できるところがすごいと大絶賛していました。

【2位】ダイハツ タント

ダイハツ タント

ダイハツ タント

【タントのおすすめポイント】

 子育て世代に人気の両側スライドドアや室内高にもゆとりのある設計だけではなく、ターボ車の設定もあるので、キビキビと走ってくれます。

高さがあるので、運転時の視界もとりやすく、視野が必要な高速道路での走行にもおすすめな車種です。

【3位】ホンダ N-ONE

ホンダ N-ONE

N-ONE中古車2015年マイナーチェンジ後

 

【N-ONEのおすすめポイント】

N-ONEはセンタータンクのレイアウトを採用しており、コンパクトな外観ながら室内空間にゆとりを持たせています。

ターボ車は、低回転域から強くまわり、中回転域でも安定するホンダならではの高回転に強いエンジンとなっています。

軽自動車は女性向けのデザインが多い中でN-ONEは男性受けもあるユニセックス仕様の軽自動車であると言えます。

【4位】ダイハツ キャスト

ダイハツ キャスト

ダイハツ キャストスポーツ

【キャストのおすすめポイント】

キャストはクロスオーバー、エレガント、スポーツの3つのグレード設定を持っていることが特徴です。

中でもスポーツモデルは専用サスペンションや軽自動車には珍しいパドルシフト付きのMOMO製革巻きハンドルなどの専用装備がついています。

他にも運転席シートリフターがつくなど、走りを補助する装備が満載な車です。

【5位】ホンダ S660

ホンダ S660

ホンダs660

【S660のおすすめポイント】

一見スポーツカーのように見えてしまいますが、常用としても全然使えます。

高速走行に必要な機敏さと安定性を持った2ドアクーペです。それほど乗っている人もいないので、かぶることもなくていいですよ。

ただ値段が高いのがネックで、他のターボ車と比べると値段は割高で中古車としてもそれほど値落ちがないのが特徴です。

車のカタログを見ていると、あなたの乗っている車種の査定価格が気になりませんか?

今乗っている車がいくらくらいの値段がつくんだろうって思っていても、いざ査定するのが面倒になって依頼できない人も多いと思います。

そこで、私が主要メーカーの中古車の買取相場をグレード・年式別にまとめてみたので、ぜひチェックしてみてください。

メーカー・ジャンル別の中古車買取相場一覧ページ

【まとめ】高速走行と軽自動車の評価

軽自動車は中古車としても人気があるため、全体的に査定の評価は高くつくことがわかってもらえたのではないかと思います。

車検の時に代車で借りる軽自動車がポンコツなこと多いですよね?

あれってあんなに古い車でもサービスカーや代車として再販することもできるってことなんです。

高速を乗り続けていてもしっかりメンテナンスさえしていれば、査定の評価が下がることはまずありません。

より良い軽自動車ライフを!最後まで読んでいただきありがとうございましたっ!

 

車を高く売る方法の見出し

新車でも中古車でも乗り換える時は少しでも高く売って、頭金に変えたいですよね。

そのためにも今乗っている車を査定する時は、最低でも2~3社くらいの買取業者へ査定を依頼するようにしましょう

そうすることで、あなたの車の妥当な査定価格が自然とわかります。1社だけの査定だとプロでもその査定価格が適正な金額か見抜くことは難しいものです。

がむしゃらにもっと値段上げてくださいと営業マンに言っても、正直なかなか相手にしてもらえず流されてしまいます。目標金額を事前に決めるためにも相場価格の把握は必須というわけです。

何社も買取業者をまわって査定をしてもらうのは正直体力的にも時間的にも効率が悪いものです。そこで、簡単に複数の買取業者へ査定を依頼できるのが、今はやりの一括査定です。

一括査定サイトも結構な数があってどれを選んだらいいのかわからない人が多いと思ったので、中でも有名な6社の違いを比較・ランキングを作成してみました。

一括査定サイトの比較・ランキング

一括査定サイトの違いを比較

一括査定サイトの比較

一括査定サイトどこがいいの?

一括査定サイトのランキング

買取業者の口コミ・評判

アドセンス記事下2個

スポンサーリンク




アドセンス記事下2個

スポンサーリンク




  • この記事を書いた人
  • 最新記事
リョウヘイ

リョウヘイ

元自動車ディーラーの営業をしており、中古自動車査定士の有資格者です。元査定士ならではの業界の裏話を中心に中古車に関するお得情報とコラムを発信していきます。
詳しいプロフィール

-乗り換え

Copyright© 中古車査定まるわかり , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.