4人家族におすすめの車選び




乗り換え

4人家族におすすめのファミリーカー|使い方で考える長く乗れる車選びのコツ

投稿日:2017年8月6日 更新日:

僕の家庭は保育園に通う子供が2人いて、妻と4人の生活ですが、長男は来年小学校にあがります。

家は結婚した時に戸建てを建てたので、そろそろ固定資産税の減税が終わる時期でこれから出費が増えてくるのをビクビクしています。

 

家のローンや家賃の次に大きい出費となってくるのが車です。

僕も少し前に妻の軽自動車をモコからタントへ乗り換えましたが、子供が小さい4人家族にとってスライドドアの存在はかなり大きく毎日助かっています。

 

この記事では、小さい子供を持つ4人家族のパパに向けて子育て中の車選びのコツや利用シーンに合わせたおすすめの車種を中心に解説します。

実際に4人家族で毎日奮闘中の管理人が、少しでも長く乗れて、経済的な車選びのお手伝いをします。

子育て中の車の買い替えで意識しておきたい4つのポイント

子育て中の車選びのポイントを解説

子育て中の車選びのポイントを解説

子供2人+夫婦の子育て中の4人家族におすすめしたい車の条件はざっくりとこんな感じです。

  • 子供が小さいなら広すぎない車
  • スライドドアつきの車
  • 室内高が高い車

子供が2人の4人家族なら、おじいちゃんおばあちゃんを連れてよくお出かけする家庭以外は7人乗り以上のミニバンはそれほど使う機会はありません。

 

小さいうちはチャイルドシートに乗るから、広すぎない車の方が便利

子供が未就学児で小さいうちは、基本的にチャイルドシートの装着が義務付けられていて、法律では6歳までの子供はチャイルドシートに乗らなければいけません。

 

チャイルドシートに乗るので、車は軽自動車であってもミニバンであってもそれほど大きな差はないと僕は思っています。

 

軽トラックやよほど昔の軽自動車でない限りは、後部座席にチャイルドシートを2個つけることはできるので、チャイルドシートがつく車であれば車種は特に何でもいいんです。

ミニバンのように車内の空間が広い車に乗っていたとしても、本来のウォークスルーなどの機能は使うことって正直あまりないですよね。

有り余る広さを持て余してしまうようでは、その広さがもったいないです。

 

また、子供がまだ小さい時はお茶をこぼしたり、運転中でも関係なくおやつを欲しがったり、急にグズったりすることもあります。

 

管理人
そんな時でも小さい車ならすぐに手が届きやすく、とっさのトラブルでも対処することができます。

 

ミニバンに乗っていて2列目に子供を乗せていたら、とっさのトラブルが起きたらどうしようもなく焦ってしまいますし、バイパスや国道を走っていたらそう簡単に停まることもできません。

子供がぐずったままで走り続けているのも不安な気持ちで運転も危なくなってしまいがちです。

 

軽自動車やコンパクトカーなら車内はだいたい手が届く範囲なので、特に手がかかる年齢の子供がいる家庭ではむしろミニバンよりも軽自動車の方が使いやすい車と言えます。

狭い所でドアの開け閉めが簡単なスライドドアの車が子育てには最強の車

タントに乗るようになって思ったのは、子育て時にあって一番嬉しい装備はスライドドアだということ。

普通のハッチドアだと狭い駐車場での子供の乗り降りに気を遣いますし、何より隣の車にドアをぶつけないかヒヤヒヤしてしまいます。

 

自分で乗り降りできない年齢の小さい子供であれば、乗り降り時は親が手伝うためまだマシですが、自分で乗り降りできるくらいになってくると大変です。

勢いよくドアを開けて降りようとしたら…  考えただけでも怖いですよね。

 

小さい子供でそこまで気を遣える子もいないので、乗り降りの時は私たち親が注意しておきたい気持ちはありますが、自分でやりたい自我が芽生えた子供は嫌がることもあります。

 

管理人
スライドドアがあれば、狭い駐車場でも隣の車にぶつかる心配もないので安心です

 

ただ、2歳未満の子供や赤ちゃんの場合は抱っこしないといけないので、まだ自分で歩けないお子さんならパワースライドドアは親の負担を減らすこともできておすすめです。

 

子供がドアを開け閉めするようになると、スライドドアは必須。抱っこする年齢ならパワースライドドアがあると便利。

室内高の高い車は、雨の日に車内で着替え・チャイルドシートのベルト締めがしやすい

室内の高さも子育て中の車選びでは注意して見ておきたいポイントです。

サッと乗ってすぐにドアを閉められる年になるまでは、チャイルドシートに乗せてあげてベルトを締めて、、と結構乗り降りに時間がかかってしまいます。

 

雨の日はドアを開けっ放しでチャイルドシートのことをやっていると、自分も車内もビショビショになってしまいます!

 

そこで、屋根の高い車ならいったん車の中に子供と入ってドアを閉めて、雨を気にせずゆっくりとチャイルドシートに乗せてあげることができます。

N-BOXの助手席ロングスライド仕様なら、そのまま運転席に移ることもできてかなり便利です。

 

屋根が高い車だと雨の日の乗り降りでストレスを感じることもなく、気持ちも楽になれる。

一番高い購入費用を安く抑える

子供が2人いて、幼稚園や保育園に通い出すと徐々に生活費が増えてきて、日頃の生活費をいかに抑えるかがポイントになってきます。

家で離乳食を食べている時とは違い、オムツをはじめ食費や養育費が右肩上がりに増えてきます。

 

車のお金が家計に占める比率は、住宅ローンや家賃の出費の次に多いことから、子育て世代には痛い出費になってきます。

 

車は維持費も大切ですが、購入時の費用が一番高くなります。

最近人気のフリードやシエンタなどでも、新車で買うと250万円近い値段になってしまってかなりの出費を覚悟しなければなりません。

 

新車ではなく中古車を探せば、車の購入費用を抑えることができるようになります。

 

ただ、中古車探しで一番苦労するのが、車種は決まっても細かいグレードや違いがわからない点です。

車に興味がなかったり、知識がない人にとって中古車を探すのはハードルが高く大変です。

 

そんな方でも、ガリバーなら自分で探すことはもちろん、ガリバーの担当者に中古車探しを無料でお願いすることもできるので安心です。

中古車検索画面から『探してもらう』をタップすれば無料でネットにはまだ掲載されていない中古車情報からも探してもらえます。

 

管理人
グレードなどがはっきりわからなくてもガリバーの担当者が相談に乗ってくれるので、詳しくない方でも大丈夫。

 

営業や勧誘の電話がかかってくることはなく、いい車が見つかったらその都度連絡をもらうことができるので一度登録しておくと、チャンスを逃すこともありません。

>>ガリバーの公式サイトへ

車の乗り換え時には頭金作りも大切です

車の乗り換え時は頭金作りが大切

車の乗り換え時は頭金作りが大切

車の乗り換えは決して安い買い物ではないので、少しでも頭金を入れられた方がいいに決まってます。

頭金が足りなくて乗り換えられないってことも、少しの工夫で変えることができます。

 

今あなたが車に乗っているなら、使える方法をご紹介します。

僕はこのやり方でタントの乗り換えで10万円の頭金を増やすことに成功しました!

 

節約以外で10万円の頭金を増やす方法があります。

一括査定の誘導バナー

乗り換え用の頭金として、普通なら今あるお金にプラス10万円の頭金を用意するのはすぐには難しいですが、下取りに出す車の値段を10万円上げることはそれほど難しくはありません。

車は査定に出す業者によって提示される値段が変わってきて、査定を依頼する場所で値段が違ってきます。

 

車買取業者はいかに安く買うかを常に考えているので、1社だけに買取の依頼をしてもマックス高い値段を提示してもらうことはできません。

それなら違う業者に何社か査定してもらえば、高い値段を提示してくれる業者と出会えるんです。

最低でも2社以上の業者へ査定を依頼しておけば、万が一安い値段を提示されていてもそのウソに気づくことができます。

\1分もかからずスマホからでも依頼可能!/

 

かんたん車査定ガイドは、優良業者だけと提携している安心の無料一括査定サービスです。

利用者の買取事例ではディーラーの下取り価格と比べて平均16万円高くなったというデータも発表されているので、乗り換えの頭金がもう少しほしいという方はぜひ一度試してみてください。

\実際に試したけど、電話は最初の1回だけだったので安心♪/

かんたん車査定ガイドを試してみる

他のサイトとの比較を見る

あまり遠出しない4人家族におすすめの車種は軽自動車

遠出しないなら軽自動車は使いやすい

遠出しないなら軽自動車は使いやすい

休日にそれほど遠くまでお出かけすることがない場合は、別にそんな大きい車ではなくても問題ありません。

むしろ、維持費のことも考えるなら軽自動車がベストな選択肢です。

軽自動車と言っても、最近はかなり室内も広く屋根も高い車が出てきているので使い勝手は普通車以上になってきています。

 

軽自動車の中でもスライドドアがついているハイト型ワゴンタイプの車を選べば、必要十分です。

  • 室内が広い
  • 後部座席が広くて屋根も高い
  • スライドドアつきの車

この基準で特におすすめしたいのが、品質もバッチリのダイハツ タントとホンダ N-BOXです。

中古車データについては、カービュー中古車相場のデータを引用しています。

両側スライドドア装備で人気のタント

ダイハツタント2013年フルモデルチェンジ

燃費(現行)新車価格中古車相場中古車平均走行距離
28.0km/L1,355,400円81.9万円51,345km

タントはダイハツの軽ハイトワゴンで人気も売上もNo.1の軽自動車。

助手席側のピラーがないピラーレス設計となっており、助手席ドアを開けると障害物もなく乗り降りがしやすいです。

 

前のドアが90度の角度まで開くのでベビーカーや自転車など大きい荷物も積むことができます。

後部座席もスライドでき、かなりゆとりがあるので、乗り降りもしやすく、子供が前の席を蹴ったりすることもできないのでおすすめです。

シートが高級!長距離乗りでも疲れにくいN-BOX

N-BOX 2015年MC後(新型・現行モデル)

燃費(現行)新車価格中古車相場中古車平均走行距離
27.0km/L1,385,640円123.4万円25,880km

N-BOXはタントと並ぶ軽ハイトワゴンの主力車種で軽自動車のシェアNo.1です。

シートの作りも硬めでしっかりしており、軽自動車とは思えないほどのクオリティです。

ちょい乗りから長距離ドライブまで問題なくこなせる軽のフラッグシップモデルと言っても過言ではありません。

 

助手席がロングスライドするグレードもあり、後部座席からそのまま運転席に移動することもでき、シートアレンジが多彩な車です。

中古車市場では低走行車が多いため、相場価格は高めですが年式を落として探せば安い中古車を見つけることもできます。

たまに両親も乗せて外出するならコンパクトミニバンが使いやすい

祖父母を乗せるならコンパクトミニバンが便利

祖父母を乗せるならコンパクトミニバンが便利

普段から4人で移動することが多いならそれほど必要性はありませんが、たまにおじいちゃんやおばあちゃんを乗せてお出かけする場合はコンパクトミニバンが便利です。

ミニバンと言っても1500cc未満でコンパクトカーベースになるため、年間の維持費も最大限に安く抑えることができ、燃費もリッター20kmくらい走る車ばかりです。

 

  • 自動車税は年間34500円でおさまる
  • 室内も高くゆったりできる
  • いざという時は3列シートにできる

 

この基準で選んだおすすめの車は、トヨタのシエンタとホンダのフリードです。

男性・女性問わずに人気が高いのはホンダのフリードで、中古車でも値落ちが少なく長く乗っても高く売れやすいところがいいところです。

カラーバリエーションの多い個性的なシエンタ

トヨタ シエンタ2015年モデル

燃費(現行)新車価格中古車相場中古車平均走行距離
20.6km/L1,689,709円109.5万円43,547km

シエンタは1.5Lのガソリンとハイブリッドモデルがラインナップされており、コンパクトながら3列シートの設定となっています。

燃費もガソリン車で15.4~20.2km/L、ハイブリッド車なら27.2km/Lとかなりの低燃費となっています。

 

3列目シートを床下に格納でき、トランクスペースを広くとれるところもおすすめです。

3列目シートは大人が乗るには狭いですが、フルフラットに格納できるので5人乗って荷物が多くても余裕で積めるのでちょっとした遠出でも使い勝手が良い車です。

3列目シートの広さがウリのフリード

長距離通勤に最適なホンダフリード

燃費(現行)新車価格中古車相場中古車平均走行距離
19.0km/L1,880,000円110.1万円53,576km

5ナンバーサイズながら7人乗りのミニバンと言えばフリードです。

シエンタと比べて3列目シートが大きめなので、大人でも乗れなくはないので、祖父母を乗せてお出かけする4人家族には最適な車です。

大きすぎず小さすぎずちょうどいいサイズ感が売りなのがフリードです。

 

5人乗ってもトランクスペースもそれなりに広く、ベビーカーなどの大きい荷物でも楽々積めて、アウトドア用途にも使えます。

子供が年長さんの場合は、数年先を見越して広いミニバンを選んでおくとベター

数年後先の将来を見越した車選び

数年後先の将来を見越した車選び

お子さんが年長さんになっているなら、数年先を考えて7人乗り以上のミニバンを選んでおくのもアリです。

小学校に入ったらスポ少したり、友達家族と一緒にお出かけする機会も増えますし、おじいちゃんおばあちゃんと一緒にお出かけすることも多くなります。

 

やんちゃな年頃になってくると、室内は広ければ広いほど助かるものです。

ミニバンなら後部座席にモニターをつけて移動中にDVDやテレビを見させることもできますし、何かと使い勝手がいいので便利です。

 

  • 室内が広くて屋根も高い
  • 維持費が安い5ナンバー
  • 長距離旅行にも使える

これらの基準を全て満たす車の中でも特におすすめしたいのが、ヴォクシー・セレナ・ステップワゴンの3兄弟です。

見た目のデザインもかっこいいヴォクシー

トヨタ ヴォクシー2014年フルモデルチェンジ後

燃費(現行)新車価格中古車相場中古車平均走行距離
16.0km/L2,466,720円137.1万円62,642km

ヴォクシーは若いパパからおじさんにまで幅広く人気が高い定番ミニバンです。

兄弟車のノアよりも顔つきがシャープで力強いイメージが特にパパには人気の理由です。

 

普通は高級ミニバンでないとついていないですが、ヴォクシーは運転席横に大型のセンターコンソールボックスがついています

コンソールボックスにはコンセントもあるのでスマホなどいろんな者の充電までできて便利。

収納系は他のミニバンよりも多く使い勝手をよく考えて設計された車です。

中古車は距離を乗った車が多めの傾向になっているので、低走行車を探すと少し相場より値段は上がってしまいます。

シートアレンジが多彩なセレナ

日産セレナ 2013年MC後

燃費(現行)新車価格中古車相場中古車平均走行距離
15.0km/L2,435,400円134.5万円56,335km

セレナはママのことをよく考えて作られたミニバンでセレナ独自の機能がたくさんあります

バックドアが窓ガラスより上だけと全部開く2パターンの開閉ができたり、ガソリン給油時にキャップを外さなくてもそのままで給油できるキャップレス給油口を採用。

 

2列目だけでなく3列目にもシート後ろにテーブルがあり、テーブル下にはUSB端子をつけることもできるので、スマホやiPadなどを座ったままで充電することもできます。

2列目シートが横にスライドして、3列目への移動がしやすいのもセレナ独自の機能です。

低排気量でもターボでサクサク走るステップワゴン

ホンダ ステップワゴン 2015年4月FMC後(新型・現行モデル)

燃費(現行)新車価格中古車相場中古車平均走行距離
17.0km/L2,455,920円126.4万円63,835km

ステップワゴンはご紹介したミニバンの中でも一番低床フロアになっていて、小さい子供やおじいちゃんおばあちゃんでも乗り降りしやすい工夫がされています。

床が低いのは乗り降りしやすいだけでなく、トランクスペースに荷物を積みやすいのもメリットです。

 

また、ステップワゴンだけが1500ccでターボつきなので、ミニバンなのに税金は34500円と維持費は安く抑えることができます

排気量は小さくてもターボがついているため、2000ccのミニバンに走行性能が劣ることもありません。

未使用車や中古車を選ぶと家計の助けになる

未使用車や中古車を選んで家計を助ける

未使用車や中古車を選んで家計を助ける

車にかかる出費は買うとき、買ってからの維持費など結構なお金がかかってきます。

中でも一番家計を圧迫するのが、車を買う時のお金なのは間違いありません。100万、200万とお金が必要になってきます。

 

子供が2人いると、3年とか短い期間で車をホイホイ乗り換えることは現実的には厳しいです。

新車のメリットは、やはり次に乗り換える時の再販価値が高いことで、下取りに出す時に査定価格が高くつきやすいところです。

 

しかし、5年・7年くらい乗ると考えたら、さすがに新車でも価値は落ちてしまいます。

そこで、未使用車や中古車を選ぶと、それだけで購入時の費用を10万円以上安く抑えることができます。

 

車種が決まっていても、どのグレードにしたらいいかわからない方はガリバーの中古車探しサービスを使えば、車種だけでも担当者が相談に乗ってくれて便利です。

無料で利用できますので、試してみてください。

普段使いからアウトドアやキャンプにも使える万能な車を選ぶ

アウトドアやキャンプに使える車選び

アウトドアやキャンプに使える車選び

子供が小さいうちはあまり関係ありませんが、小学生くらいになってくると家族でアウトドアやキャンプに出かけたりすることもありますよね。

そんな時でも使える車を選んでおけば、長く乗ることができます。

 

結婚して子供がいると、独身時代みたいに次から次へと車を乗り換えることは難しくなるので、最低でも5年先くらいは見越した車選びをする必要があります。

僕のまわりの友達家族は、小学生くらいになってキャンプが好きになったという子がたくさんいます。

 

なので、もしかしたら行くことになるかもしれない?ので、今は必要なくても先を考えて少し大きめサイズの車を検討するというのもありだと思ってます。

旅行や遠出が少ない場合は、乗り換えせずにレンタカーを使うという選択肢もある

乗り換えせずにレンタカーを使うのもアリ

乗り換えせずにレンタカーを使うのもアリ

年に1、2回くらいしか7人乗りを使わないのにミニバンを検討するのはちょっともったいないかもしれません。

毎月のガソリン代や車検の時の税金関係でミニバンは重量も重いので、予想外に諸費用で値段が高くなってしまいます。

4人家族でも軽自動車で大丈夫と言いましたが、旅行とか行く時どうすんのよ?って声が聞こえてきそうですが、大丈夫です。

 

そんな時はレンタカーを使えばいいんです。

うちも4人家族で、5人乗りのステーションワゴンに乗っていますが、祖父母と旅行へ行ったり、遠出する機会って正直年に1回あるかないかくらいなので、その時だけはレンタカーを借りて出かけるようにしています。

 

レンタカーで有名なオリックスレンタカーの料金を見てみると、

車種レンタル料金(1日)乗車定員
ウィッシュ11,880円6名
セレナ20,520円8名
オデッセイ20,520円7名
ヴェルファイア27,000円8名
ハイエースグランドキャビン27,000円10名
BMW X331,320円5名

参考:オリックスレンタカー

1日遠出して高級ミニバンを借りてもせいぜい3万円もいかないんです。

年に10回くらいレンタカーを利用するとなってくると、30万円近くの出費となるのでさすがに買い替えを検討した方がいいですが、年に1〜2回しか旅行や大人数での遠出がないのであれば、1年間にレンタカー代は5万円程度でおさまります。

 

年間5万円くらいのレンタカー代の代わりに、200万円以上出してミニバンを買うのもどうかなって話になってきますよね。

私は実際1年に2回くらいのペースでレンタカーを利用してますが、毎回違う車に乗れて将来の車選びの参考になるのもレンタカーの醍醐味です。

 

次に欲しい車の試乗がてらレンタルすることができ、一石二鳥です。

>>安いレンタカー会社を探す

まとめ

子供が2人いると経済的にも少しきつくなってくるので、車選びも慎重になります。

子供をいろんなところへ連れていってあげるためにも車は必要不可欠なので、できるだけ安く買って長く乗りたいものです。

車の購入時は値引きのことばかり考えすぎて、ついつい今乗っている車の値段をおろそかにしがちですが、一番値段を上げられるのは実は車の下取り価格です。

 

あなたが今、ディーラーで査定して売却しようと思っているならそれはもったいないので、車買取専門の業者へ査定をしてもらいましょう。

少なくとも10万円近くの値段は変わってきます。

さらに、他の業者とも相見積もりをすればそれ以上に高い値段で売却することも可能です。

無料で依頼できるので、この機会にぜひ一括査定を試してみてください。

スポンサーリンク




少しでも車を高く売るなら、値段を比べましょう

一括査定は高く売れて便利

時間をかけずにスマホから数分で2社以上の業者に査定の依頼ができるのは、一括査定だけです。

全一括査定サイトの比較・ランキングをまとめましたので手早く違いを知りたい方は下記からどうぞ。

>>一括査定サイトのランキングへ

 

古くても距離を走っていても車に値段がつかないことはありません。

査定がつかない車をタダで引き取ってもらったりしていませんか?

値段がつく可能性があるので無料引き取りに出す前にこちらをご覧ください。

古い車でも売り方次第で高く売れる

 

関連コンテンツ一覧



【すぐわかる】一括査定どこがいいかランキング!

ネット査定サイトを主要7社の中から、使いやすさと評判からランキングにしました。

手っ取り早く上位3位までを紹介します。

全7社の特徴を詳しく比較したい方は、『5項目で比較|おすすめ中古車一括査定サイトのランキング』を参考にしてください。

かんたん車査定ガイド

  • 最短45秒で依頼可能
  • 提携業者はJADRI(日本自動車流通研究会)に加盟している優良企業のみ
  • 依頼したらその場で概算価格がすぐわかる

かんたん車査定ガイドは提携業者が50社と一番少ないですが、提携業者全てがJADRI(日本自動車流通研究会)に加盟している優良業者のみとなっています。

入力項目が少なく、たった45秒で依頼ができてしまうという点や車種検索でも人気車種から選ぶことができたり、車種一覧タブを開くと、4行に広げて表示してくれたりと使いやすい。

一括査定サイトの中でも提携業者の質は一番高いサイトなので、初めて一括査定を利用する方や一括査定が怪しいと感じる方におすすめしたいサイトです。

ズバット車買取比較

  • たった1分で依頼が可能
  • 依頼したらその場で概算価格がわかる
  • 万が一の時は電話サポートあり

一括査定サイトの中で唯一、電話窓口があるサイト。

カーソルをほぼ動かすことなく入力できる依頼フォームの使いやすさはNo.1で1分もかからずに査定の依頼ができます。

6ヶ月後までの概算価格を出してくれるサイトはズバットだけです。

ユーカーパック

  • 個人情報が買取業者に漏れない
  • 買取業者からの営業電話はない
  • 提携業者は最大で2000社もある

ユーカーパックは唯一オークション形式を採用しており、出張査定か提携しているガソリンスタンドへ持ち込んで一度査定すれば、あとはオークションに出されて入札されるのを待つシステムになっています。

何回も買取業者の査定を受ける必要がなく、電話はユーカーパックとのやりとりのみ。

買取業者と直接連絡を取ることがないので、個人情報が漏れません。

入札まで少し時間がかかりますが、営業電話等が一切ない点では一番安全なサイトで、急ぎで売る予定がなく、連絡も少なく済ませたい方にはユーカーパックはおすすめです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
リョウヘイ

リョウヘイ

元自動車ディーラーの営業をしており、中古自動車査定士の有資格者です。元査定士ならではの業界の裏話を中心に中古車に関するお得情報とコラムを発信していきます。 詳しいプロフィール

-乗り換え

Copyright© 中古車査定まるわかり , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.