車買取で失敗しないためのお役立ち情報

中古車査定まるわかり

高齢者が乗り降りしやすいクルマ選びのポイントを考える



高齢者でも乗り降りしやすい車の選び方とおすすめの車種

投稿日:2018年1月28日 更新日:

高齢者にとって車の乗り降りは私たちが思う以上に重労働です。

足や腰が痛いお年寄りは、立ったり座ったりする当たり前の動きをするだけでも負担になります。

できることなら、乗せてあげる車もお年寄りに優しい車を選びたいものです。

 

私にも80代後半のおばあちゃんがいますが、最近は車に乗せてあげるのにもかなり気を遣います。

今まで普通に乗れていたのに、年を重ねるごとに足腰が弱くなってきて動くのが辛いと言っていました。

 

この記事では、実際に私のおばあちゃんの体験をもとにお年寄りでも乗り降りしやすい車の選び方とおすすめの車種をサイズ別にご紹介します。

おすすめ車種をすぐ見たい方は、こちらへ。


スポンサーリンク

お年寄りは車の乗り降りが負担になる

お年寄りに一番負担が大きいのは車の乗り降り

お年寄りに一番負担が大きいのは車の乗り降り

おばあちゃんやおじいちゃんは立ったり座ったりすることが苦痛に感じる人が多いです。

車の乗り降りはそんな高齢者の方には敷居が高く、少しの移動でも辛く感じるものです。

 

私のおばあちゃんも見た目は元気そうに見えるのですが、実際動くのは一苦労です。

ちょっとスーパーに買い物へ行くだけでも、車に乗り込むのに時間がかかってしまいます。

 

車のシートに乗るためには、足を上げることと腰を曲げる必要がありますよね。

バリアフリーの施設などを見ているとわかる通り、高齢者は特に立ち上がる時やしゃがみこむ時に何かにつかまると少し楽に動くことができます。

 

管理人
でも、車は高齢者目線では設計されてない。。

 

高齢者の車の乗り降りを支えるグッズもあるので、車選びの前に試してみてください。

関連記事
高齢者の車の乗り降りを助けるおすすめグッズ
高齢者が車の乗り降りする時にあると嬉しいグッズ

高齢者が車に乗り降りするのは僕たちが思っている以上に大変です。 乗り降りしやすい車選びも大切ですが、車だけではまだ不十分な場面もあります。 乗り降りを支えるグッズがあれば、車に乗る負担も減らせると考え ...

続きを見る

 

単純に高齢者だからと言って、この車がいいという訳でもなくて、おばあちゃんやおじいちゃんの状態によって考える必要があります。

腰が痛いのか、足が痛いのかによって車の形状のおすすめは変わってきます。

 

足が悪いお年寄りの場合の車の選び方

足が痛いお年寄りの車選びのコツ

主に足が悪いお年寄りの特徴は、足を高く上げることが難しく膝を曲げることが辛いの2つです。

歩くことは普通にできても、階段の登り降りなど膝を曲げて足を高く上げる時に痛みが出やすくなります。

足が悪いお年寄りを乗せる車の必須条件として考えたいポイントは2つ。

 

  • 乗り降り口の高さが低い車
  • シートの高さ・座面が低い車

 

何より重視したいのは、車の乗り降り時に足を高く上げる必要がないことです。

乗り降りするところが低く、ステップがついていると安心です。

シートの高さについては、スポーツカーのようによほど低い位置でなければ、沈み込むこともないので問題はありません。

 

腰が悪いお年寄りの場合の車の選び方

腰が痛いお年寄り向けの車選びのコツ

腰に痛みを持っているお年寄りの場合は、座ったり立ったりすることが辛く、腰を曲げる動作が負担です。

立ったり座ったりする時に座面の高さが低すぎると、腰に負担がのしかかります。

シートの作りと座面の高さを中心に選びましょう。

 

  • シートがフラットすぎない車
  • 座面が低すぎない車

 

低床フロアで乗り降りがしやすいことは大前提です。

さらに、シートが平たいフラットなタイプの車よりも、腰の周りをサポートするような作りになっている車の方が乗りやすいです。

 

乗り降りしやすい車選びのポイント

高齢者向けの車選びのポイントは?

高齢者向けの車選びのポイントは?

高齢者でも普段の生活で苦痛に感じている部位によって、車選びのポイントは変わります。

お年寄りを乗せる車にあると嬉しい装備や条件は6つです。

全てなくても問題ありませんが、あればあるほどお年寄りには優しい車と言えます。

 

  1. 低床フロアでステップが低い
  2. シート位置が低すぎない
  3. 乗り降り口が広い
  4. 室内高が高い
  5. 乗り降り時につかめる取っ手がある
  6. 電動スライドドアがついている

 

あとでご紹介するおすすめ車種もこれらの条件を満たした車をベースに選んでいます。

 

低床フロアで乗り降りする時のステップ位置が低い車

おばあちゃんやおじいちゃんを4WDのSUV系に乗せるのは言うまでもなく、乗りにくいですよね。

どんな元気なおばあちゃん、おじいちゃんであっても乗り降り口が低いことは何よりも正義です。

 

私たちでも乗り降り時のステップの位置が低い方が乗り降りがしやすいと感じるものです。

それが、高齢者ならなおさらです。

ただ、乗り降り口が低いだけでもダメです。

 

スポーツカーは基本低床で乗り降りの高さはかなり低いですが、高齢者にとっては乗り降りがかなり辛いですよね。

それが次に説明する『シートの高さ』です。

 

シートの座面が高く、腰が沈まない車

どれだけ低床フロアの車でも、車に乗り込んだ時にシートの位置が低いと沈み込んでしまいます。

座面が沈み込むと、腰への負担が強くなってしまいます。

若い人でもスポーツカーの乗り降りはしにくいと感じたことがあるのではないでしょうか?

 

スポーツカーなどのクーペは低床フロアになっているのに、なぜ乗り降りがしにくいか?

その理由は、シートの位置が低く作られているためです。

 

シート位置自体がかなり低いと、乗り込んでからもグッと沈み込んでしまいます。

 

管理人
座ったり立ったりするのは、高齢者にはかなりキツい動きです。

 

特に腰の弱いおばあちゃんやおじいちゃんの場合は、シート位置の高さは一番重要なポイントになってきます。

 

車の乗り降り時にドアを開けた時に広い車

ドアを開けた時に広い車が乗りやすい

ドアを開けた時に広い車が乗りやすい

ドアを開けた時の広さが狭いと、乗り降りする時に腰を曲げる必要があります。

お年寄りには、ドアを開けた時に広々した空間がとれる車が適しています。

 

私の車はステーションワゴンですが、おばあちゃんは乗り降りする時にかがみこまないと乗れません。

そのため、毎回乗り降りするのが辛いと言っていました。

乗り降りするのが辛いと言っていたので、今は別の車で行くようにしています。

 

乗り口の狭い車種

  • セダン
  • ステーションワゴン
  • 古い年式の軽自動車
  • スポーツカー

 

管理人
意外にステーションワゴンも乗り口が狭く、お年寄りには乗り降りがしにくい車です。

 

また、昔の軽自動車は最近の車に比べて車高が低めに作られています。

年式の古い軽自動車も、お年寄りにとっては乗り降りがしづらいので注意が必要です。

 

車に乗り込む時に腰曲げしなくてもいい室内が高い車

おばあちゃんやおじいちゃんが乗り降りしやすい条件は、乗り降り口のステップの高さだけではありません。

車内に乗り込んでからの室内の高さも気にしておきたいポイントです。

 

室内高が高い車はしゃがむ必要がないので、お年寄りには負担が少なくなります。

 

乗り込む時や乗った後、座るまでの動作全てが高齢者の方にとっては重労働です。

室内の高さがあると車に乗った後も腰曲げの回数が減るので、負担はずいぶんと減らしてあげることができます。

ちなみにうちのおばあちゃんが乗りにくいと感じた私の車の室内高は1mくらいしかありませんでした。

 

管理人
お年寄りの平均身長150cmくらいとすると、室内高130cmあれば楽に乗れます。

 

アルファードなどの大型ミニバンになってくると、室内高は1.6mもありますが、そこまでなくてもいいかなと言う感じもしますね。

 

アシストグリップがある車

ダイハツタントの助手席後ろの取っ手

乗り降り時につかめるアシストグリップ

お年寄りが乗る車には、後部座席へ乗り込む時につかめる取っ手(アシストグリップ)があると便利です。

ステップを上がった時の体の支えにもなる足の負担を大きく減らしてくれる嬉しい装備です。

 

管理人
車についてない場合は、『車の乗り降り時にあると嬉しいグッズ』で代用できます。

 

車って不思議と乗った後につかまったりできる手すりやフックのようなものがついていない車種が多いです。

座っている時には天井あたりに持っておく手すりどんな車でもついています。

 

でも、わざわざ車に乗る時にあの場所のフックに手をかけることはないですよね。

そういった意味でも乗り降りする場所に取っ手があると、高齢者にはかなり喜ばれます。

 

電動スライドドアが付いている車

高齢者にとって車のドアの開け閉めは私たちが思っている以上に大変です。

よっこいしょと声を出してドアを閉めている光景を見たことはありませんか?

 

声を出してすると言うことは、何か勢い付けてしているということです。

決して楽にできているというわけではないんですね。

 

普段、私たちがしていることもおばあちゃんやおじいちゃんにすると、負担になっていることも考えられます。

そこで、高齢者に優しい装備の1つが電動スライドドアです。

 

ドアの開け閉めがワンタッチでできるので、お年寄りが自分で開け閉めする必要がなく楽です。

 



車を安く乗り換えるには?

高齢者の車選びの前に知っておきたいこと

車を安く乗り換えるためには?

購入費用を抑えるために中古車にしたとしても、車は高い買い物です。

車種や状態にもよりますが、最低100万円以上の出費は覚悟しておく必要があります。

 

車を安く乗り換えるための2つの条件

  • 今乗っている車の値段を上げる
  • 欲しい車の条件を広げる

乗り換える車のことは気にするけど、今乗っている車のことを忘れがちな人がよくいます。

次の車の値引きよりも、今乗っている車の値段を上げる方が簡単です。

 

より詳しくは、『車を安く乗り換える方法』で解説していますので読んでみてください。

関連車を安く乗り換えるにはどうすればいいか?

 

高齢者に優しい乗り降りがしやすいおすすめ車種5選

高齢者に優しく乗り降りがしやすいおすすめの車種

高齢者に優しく乗り降りがしやすいおすすめの車種

先にお話した内容の条件をクリアするお年寄り向けのおすすめ車種を車のサイズ別にまとめました。

中古車データは、カービューの中古車相場データを引用しています。

中古車情報は カーセンサー へリンクしていますので、全国の中古車在庫を調べることができます。

問い合わせも無料でできるので、気になる車があれば早めに問い合わせてみてください。

 

  • 軽自動車
  • 軽1BOX
  • コンパクトカー
  • ミニバン

 

査定するほどではないけど、今乗っている車の値段だけを知りたい方は DMM AUTO がおすすめです。

スマホで写真を撮って送るだけで、愛車の値段をオンライン上で査定してくれます。

 

管理人
営業マンと会う必要がないから、値段が合わないならキャンセルもできる。

 

 

【軽自動車】ドア開口が広くてアシストグリップもあるタント

ダイハツタント2013年フルモデルチェンジ

燃費(現行)新車価格中古車相場中古車平均走行距離
28.0km/L1,355,400円81.9万円51,345km

ダイハツのタントは、軽ハイトワゴンの人気車種です。

タントは、ドアの開口間口がめちゃくちゃ広いんです。

 

管理人
スライドドアに取っ手付きで乗り降りが楽です。

 

我が家もタントに乗り換えましたが、以来おばあちゃんを乗せても前の車ほどクレームもなくなり、車に乗ってくれることが増えました笑

 

ダイハツタントのドア開口部の広さと室内空間

ドアが90度の角度まで開くことと合わせて、助手席側のピラーと呼ばれる柱部分がないので、ドアを開けた時の広さはダントツに広いです。

取っ手があるのもおすすめですが、乗り込んだ時の室内高も136cmある点も乗り降りしやすいです。

 

 

【軽1BOX】乗り降り専用ステップがあるエブリィワゴン

エブリイワゴン2015年フルモデルチェンジ

燃費(現行)新車価格中古車相場中古車平均走行距離
16.2km/L1,425,600円85.0万円62,041km

スズキのエブリィワゴンは、軽の1BOXタイプで室内空間も広く、普通でも使い勝手はいい車です。

後部座席の乗り降り口までの地上高は、39cmと普通車と比べると少し高めです。

それでも、軽の1BOXの中では1番低床フロアとなっています。

 

管理人
取っ手もあって、グレードによって電動でステップが出てくるのがすごい。

 

スズキエブリィワゴンの後部座席の電動オートステップ

これは他の車にはない独特の機能で、PZターボスペシャルというグレード限定の装備になります。

後部座席のスライドドアを開けると、ドアの開閉に連動して電動でステップが出てくる仕様になっています。

 

電動オートステップを使えば、地上からの最低高はたった22cmしかなく、他の車にはないくらい低床となります。

22cmというと、PCスピーカーくらいの高さになるのでかなり乗り降りがしやすいですね。

 

 

【コンパクトカー】電動スライドドア装備で乗り降りがしやすいポルテ

ポルテ2012年フルモデルチェンジ

燃費(現行)新車価格中古車相場中古車平均走行距離
22.2km/L1,828,440円59.6万円54,076km

ポルテは運転席側はハッチドア、助手席側はスライドドアの珍しい車です。

最低地上高が30cmで乗り降り口が低く、膝が痛いお年寄りを乗せるなら特におすすめの車です。

 

管理人
福祉車両にも使われているから、信頼は高い車ですね。

 

ウェルキャブを選ばなくても、ノーマル車でもシート位置も低くないので十分に使い勝手の良い車です。

ただ、1500ccのわりにボディサイズが大きいので、走りは少し重めの印象なのが少し残念なところです。

 

ポルテの後部座席への乗り降りのしやすさの秘訣は低床フロアとアシストグリップ

助手席部分のピラー(柱)がない設計なので、ドアを開けた開口部の広さがダントツでかなりゆったりと乗り込むことができます。

また、地面から30cmしかないので、膝を大きく曲げる必要もなく乗り降りはしやすくなっています。

アシストグリップと呼ばれるフックもあるので、さらに乗り降りがしやすい設計となっています。

中古車市場の値落ちが大きいので、新車よりも中古車の方が状態のいい車で安く買える可能性があります。

 

 

【コンパクトカー】大型アシストグリップ&後席用ステップランプ搭載のタンク

お年寄りも乗り降りしやすいタンク

お年寄りも乗り降りしやすいタンク

燃費(現行)新車価格中古車相場中古車平均走行距離
24.6km/L1,463,400円

タンクは両側電動スライドドア装備で、乗り降りのしやすさにいろいろ工夫がされています。

乗り込み時のステップの高さは、36cmと低床でお年寄りにも乗り降りしやすい高さになっています。

 

管理人
アシストグリップが大人用と子供用の2種類ついていて便利。

 

後部座席には夜に足元を照らすランプがある

タンクは夜に足元が暗くても、後部座席のステップ上にランプがついているので安心です。

XとSは助手席側のみですが、その他のグレードは左右のドアの足元に標準でついています。

タンクはまだ発売されて間もなく中古車の流通データがないので、情報が追加され次第、追記していきます。

 

 

【ミニバン】一番低床で乗り降り位置が低いオデッセイ

低床フロアでお年寄りも乗り降りしやすいオデッセイ

燃費(現行)新車価格中古車相場中古車平均走行距離
13.6km/L3,066,400円101.4万円72,349km

オデッセイはホンダお得意の低床フロア設計で、ミニバンクラスでは一番低床フロアとなっています。

乗り降り時のステップまでの高さはポルテと同じ30cmしかないので、足の不自由なお年寄りでも乗り降りがしやすい車です。

 

両側電動スライドドアでドアの開け閉めも力がいりません。

また、大型のアシストグリップもついているので、乗り降りする時に支えにもなってくれます。

 

管理人
中古車は距離の多い車が多めです。

 

 

【ミニバン】維持費も抑えつつ妥協はしたくないならノア

トヨタノアの新車情報

 

燃費(現行)新車価格中古車相場中古車平均走行距離
16.0km/L2,466,720円125.0万円64,160km

ノアは2000ccで維持費も安く抑えながら、電動スライドドア・低床で乗り降りもしやすいミニバンです。

室内高が140cmと高いため、お年寄りならほぼ腰を曲げずに車内に乗り込むことができます。

また、シートの座面も低くないので、立つ・座るの動作も負担が少なく済みます。

 

オデッセイほどではありませんが、ステップまでの高さも36cmと低床設計で、乗り降りもしやすくなっています。

 

管理人
タンクと同じく、アシストグリップが2種類ついているので子供でも使えます。

 

 

車椅子やパーキンソン病の方はウェルキャブが便利

車椅子や重度障害のお年寄りにはウェルキャブを選ぶ

車椅子や重度障害のお年寄りにはウェルキャブを選ぶ

高齢者と一言で言っても、元気で加齢による体力低下の老人もいれば、重度障害で車椅子での生活を余儀なくされる老人もおられます。

 

加齢による体力低下の場合は、上記におすすめした車種の使用で問題はありません。

ただ、重度障害で立てない・歩けない方はウェルキャブと呼ばれる福祉車両を選ぶのも1つの選択肢です。

 

パーキンソン病とは?

重度障害の代表例として、パーキンソン病があります。

パーキンソン病の方は歩く速度が遅くなったり歩幅が狭くなり、自分でバランスを取ることができないことがあります。

 

手足が震えることがあったり、関節が固まってしまうこともあります。

そのため、どれだけ低床でグリップがついていても自分で支えられません。

 

そう言った場合でも、ウェルキャブならシートが迎えにきてくれて自分で動く必要がないので、シート前まで支えてあげるだけで乗り降りを車に任せることができます。

 

ウェルキャブの特徴やメリット

福祉車両のイメージをつかみやすくするために、先ほどご紹介したポルテのウェルキャブ仕様の紹介動画をご覧ください。

ウェルキャブは普通のグレードを買うよりも値段が高いですが、購入時は税制面で優遇されるので普通の車よりもお得に買うことができます

 

現時点でウェルキャブが優遇される代表的な項目をまとめました。

車両購入時だけでも優遇される点は多いですが、車の維持に関しても優遇されるところがウェルキャブのメリットです。

 

  • 消費税が非課税になる
  • 自動車取得税が減免される
  • 自動車税が減免される
  • 自動車購入資金の貸付制度がある

 

管理人
駐車禁止エリアに停車できたり、駐車場や高速の割引も受けられます。

 

詳しくはトヨタのサイトをご覧ください。

ウェルキャブの税金・助成制度一覧

 

最近では、ウェルキャブの中古車も出回るようになってきているので、新車と比べると安い予算で選べる車種も増えてきています。

 

 

高齢者が乗り降りしやすい車【まとめ】

お年寄りは私たちが考えている以上に車の乗り降りでストレスを感じる方が多いです。

知らず知らずのうちにお年寄りに辛い想いをさせてしまっているのかもしれません。

 

車の乗り換え検討中で、おじいちゃんおばあちゃんを一緒に乗せてあげる機会があるなら、高齢者に優しい車を選ぶのも私たちができる1つの優しさです。

 

 

関連コンテンツ一覧



すぐわかる一括査定のランキング

車の一括査定サイトを主要7社の中から、使いやすさと評判の良さからランキングにしました。

手っ取り早く上位3位までをご紹介。

一括査定サイトのや使い方や比較を知りたい方は、こちらの記事からご覧ください。

参考記事一括査定サイトの使い方と比較

かんたん車査定ガイド

特徴を流し読み

  • 入力欄はたった9個だけ
  • 依頼した時点で概算価格がわかる
  • 優良業者しか提携していない
  • 車種選択画面が広く使いやすい
  • 人気車種からも選べる

かんたん車査定ガイドは提携業者が49社と一番少ないですが、提携業者全てがJADRI(日本自動車流通研究会)に加盟している優良業者のみです。

対応の悪い業者はいないので、強引な営業を受けることはありません。

かんたん車査定ガイドの評判へ >

ズバット車買取比較

特徴を流し読み

  • 75万台から計算した概算価格
  • 6ヶ月先までの相場価格がわかる
  • 1分あれば依頼できるかんたんさ
  • カーソルを動かすことなく入力できる

カーソルをほぼ動かすことなく入力できる依頼フォームの使いやすさは他のサイトにはありません。

また、6ヶ月先までの概算価格を出してくれるサイトはズバットだけです。

ズバット車買取比較の評判へ >

カーセンサー

特徴を流し読み

  • 連絡方法や時間帯を指定できる
  • 大手じゃない業者が見つかりやすい
  • アピール入力欄で査定アップが見込める

カーセンサーは、依頼した時の連絡方法や時間帯をあらかじめ指定できます

メールで連絡をもらうことができる(裏技)のはカーセンサーだけです。

他サイトでは出てこない業者も見つかりやすいことも嬉しい点です。

入力欄に装備やオプションのアピール項目があるので、査定アップも期待できます!

カーセンサーの評判へ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
リョウヘイ

リョウヘイ

元自動車ディーラーの営業をしており、中古自動車査定士の有資格者です。元査定士ならではの業界の裏話を中心に中古車に関するお得情報とコラムを発信していきます。 詳しいプロフィール

-車の買い替え

Copyright© 中古車査定まるわかり , 2018 All Rights Reserved.