傷だらけの古い車

https://usedcar-column.net

査定の基礎

中古車を査定する前に傷や故障はあえて直さない方がいい理由

投稿日:2016年9月5日 更新日:

中古車を査定する時に車についた傷はどうすればいいか?という質問はよくありますが、皆さんは査定前に傷直していますか?

コンパウンドを買ってきて、がんばって磨きをかけても査定の時に変化があるかというと実は関係ありません。

キズを直したからと言って査定価格が高くなるというわけではないんです。ほとんどの場合は、傷や故障は査定価格には影響がありません。

今回は、中古車の査定前に傷や故障を直さない方がいい理由について説明していきます。

お気に入りの車にキズや故障…どうする?

中古車についたキズ

せっかく大事に乗ってきたお気に入りの車にキズがついてしまったり、故障がわかった時、ショックですよね。

修理代のことももちろん心配ですが、後々売る時に値段が下がってしまう…など悩みの種が増えてしまいます。

故障に関して言うと、走行に支障をきたすレベルのものであれば、修理をする必要があります。売る時までに乗っていて事故にあってしまったりしては意味がないです。安全に走れることが第一です。

キズに関しては、基本的にはそのままにしておいた方が得策です。

後で詳しくお話しますが、中古車の査定ではキズの減額はそれほど大きいウェイトを占めていないので、多少のキズであれば減額にならないこともあるためです。

 

何㎞走っていても中古車のキズは仕方ないが、5cm以上のものは査定では減額となる

中古車なので、1000㎞でも2万kmでも走っていればキズは自然と増えていきます。

新車の時と違って、車の塗装面も徐々に環境によって劣化してくるため、車庫で保管していない限りはキズが増えることは仕方ないものです。

いくら手洗いで洗車をしていても、小さい洗車傷はついてしまうものです。

ただ、洗車もやり方を間違えると洗車傷を必要以上に増やしてしまう可能性があるので、洗車でよくあるミスを『中古車の洗車傷の大敵!洗車にタオルを使ってはいけない4つの理由』でまとめましたので、これオレ?って当てはまった方は一度読んでみて下さいね。

では、具体的にどの程度のキズが査定価格に影響するのかを解説しましょう。

査定の時に減点される項目として、査定協会が定める減点対象の傷は、直径5cm以上のもので爪にひっかかる程度の傷と決められています。

つまり、洗車でつくような洗車傷などの小さいキズはついていても、中古車特有の経年変化(月日が経って自然と劣化すること)と見なされると言えます。

中古車の小さいキズや故障は査定価格に影響はない

先程、キズと査定価格の影響について解説した通り、小さい傷や故障は査定価格に直結する減点対象にならないということをまず覚えておきましょう。

査定士としてディーラーで働いていた時も私はほとんどキズの減点はしたことがないほどです。

日頃私たちが気になるようなレベルの傷よりもひどい傷でない限りは、傷の減点対象にはならないということです。

『直径5cm以上で爪にひっかかるキズ』って実は結構見た目でわかるくらいのキズになります。実際自分の車で探してもらうとわかりやすいですが、やっちまったなーレベルのキズがだいたいこれに該当します。

いくらがんばって時間をかけて直しても、査定価格に変わりがないのであれば、やっても単なる自己満足で終わってしまいます。

普通であれば、傷を直す=査定価格を上げたいということなので、わざわざ傷を直す必要はありません。

まして、これから車を売ろうと考えているのですから、傷や故障を直して査定アップ!に力を入れるよりは、次の車探しや買取価格をアップさせるためのテクニックや交渉術の勉強をした方が得策です。

査定価格とは関係なく、ただ自分がきれい好きでどうしても気になるから直すんだという人は直すべきですが、コンパウンドで磨いて仕上げして、軽く塗装の上にコーティングをかけてという補修作業を自分でしようと思うと、それなりの知識と作業時間が必要となります。

キーレスや普段使う部品が壊れてしまった場合は?

一例ですが、最初からついているキーレスが壊れてしまった場合は、どうすればいいでしょうか?という質問を以前にいただいたことがあります。

結論から言うと、わざわざ直す必要はありません

キーレスはスペアキーもありますし、長年乗ってきた車なので経年劣化として判断され、査定額が大幅に減額されることはありません。

エンジン部分や車が走る上での機関系のトラブルや故障となってくると話は別ですが、小さい故障であれば査定前に焦って直したりする必要はありません。

中古車の基準価格は年式をベースとして決められており、いくらきれいに乗っていても、5年たっている車であればそれなりに基準価格も下げた設定をされているので、キーレス程度の減額はされません。

半年や1年くらいしか乗っていない車で、キーレスが壊れてしまったという場合は多少の減額も考えられますが、実際に自分でディーラーへ行って修理や交換をする金額よりかは査定で減額する金額の方が少なくなることがほとんどです。

買取業者をはじめ、車屋さんは部品取りと言って、車のパーツや部品をバラで発注することがほとんどで、完成品として発注することはないため、修理価格も私たちが頼む金額よりも安く抑えることができます。

【キズの修理デメリット①】中古車を査定する前にキズの修復で無駄なお金がかかる

傷を直そうと思うと、補修グッズが必要となってきます。

極細のコンパウンド、細めのコンパウンド、粗目のコンパウンド、仕上げ用クロス、つや出し剤、コーティング剤などある程度きれいに直そうと思うと、数千円の出費がかかってきます。

しかも、一度グッズを買ったとしても基本的に滅多と使う機会がないため、車庫の中に眠ってしまうだけとなり、その後の使い勝手も正直あまりありません。

少しでも査定価格を上げるためと思って、傷を直すことが逆に補修剤にお金がかかってしまっていては本末転倒です。

そういった意味でも査定前の傷の補修はあまりおすすめではありません。

【キズの修理デメリット②】査定前の大事な中古車なのに傷がひどくなる可能性がある

塗装色が黒色や濃色系の車の場合は、塗装色が弱いため、コンパウンドの使い方を誤ると塗装の色が薄くなったりぼけてしまうということが起こります。

塗装色がぼけてしまうと、その一部分だけの色味が薄くなり、ツヤもなくなってしまいます。

コンパウンドの塗装ぼけ

Photo Credit:みんカラ

この写真は極端な例ですが、塗装が剥がれてしまい車の生地が見えてしまっています。

本来の減点対象が『傷』によるものであっても、塗装色がぼけてしまうと、『板金・塗装』になってしまい、減点の金額も3倍以上にふくれあがってしまいます。

初心者がコンパウンドを使うと、こすりすぎや力の入れ具合でこのような状態になってしまうことが多いです。

塗装がぼけてしまうと、お店に出さないと直すことができないので、事前知識として知っておきましょう。

新車購入時ならHondaの安心保証プランでキズの修理も整備範囲に

日常乗っている範囲でつくようなキズは仕方ありませんが、飛び石や誰かにいたずらをされた場合など、腹立たしいですが、どうすることもできません。

もしあなたがホンダの新車を検討しているなら、自動車保険とセットで加入できる『自動車保険安心保証プラン』はおすすめです。

自動車保険と名がつきますが、車両保険を使うまでもないようなレベルのキズの補修を無料で受けることができる気の利いたサービスとなっています。

ホンダの安心保証プラン

加入費用や詳細については、ネット上には載っていないのでホンダのディーラーで詳しく聞けるので興味のある方は最寄りのホンダディーラーで聞いてみて下さいね。

車検か乗り換えを迷っているなら、カーセンサーのサイトがおすすめ

カーセンサーの車買取ページ

カーセンサーの車買取

カーセンサーの車検比較ページ

カーセンサーの車検比較

車検か乗り換えどっちがいいかを迷っている方は、いろいろある査定サイトの中でもカーセンサーの一括査定がおすすめです。

カーセンサーの一括査定なら、車買取も車検申し込みも1つのサイト内でどちらも完結できてしまいます。

車検をするなら、車検の業者を探して比較することができ、乗り換えを検討している方なら一括査定もできるので一石二鳥ですね。

カーセンサーは他のネット査定サイトの中でも提携業者が500社を超えており、ダントツNo.1なので普段あまり聞かないような隠れた優良業者を見つけられることもあるのでおすすめです。

カーセンサーの無料査定・車検比較はこちらをクリック

中古車査定前の傷や故障まとめ 【傷や故障は直す必要ナシ】

中古車査定で傷の減点は、一番小さいものであれば5千円程度のものです。たった5千円であれば、傷消し用に補修剤一式を買う値段と変わりません。

むしろ、同じだけのお金をかけて傷を直そうとして、逆に傷を広げてしまっていてはマイナスとなってしまいます。

中古車の傷の補修は専門知識も必要となってくるので、わざわざリスクをおかしてまで傷を直す必要はありません。

また、爪にひっかからないようなレベルの傷は、経年劣化などの理由からついていて当たり前と判断され、減点対象となることはないので、査定前に悩んだりする必要はありません。

車を高く売る方法の見出し

新車でも中古車でも乗り換える時は少しでも高く売って、頭金に変えたいですよね。

そのためにも今乗っている車を査定する時は、最低でも2~3社くらいの買取業者へ査定を依頼するようにしましょう

そうすることで、あなたの車の妥当な査定価格が自然とわかります。1社だけの査定だとプロでもその査定価格が適正な金額か見抜くことは難しいものです。

がむしゃらにもっと値段上げてくださいと営業マンに言っても、正直なかなか相手にしてもらえず流されてしまいます。目標金額を事前に決めるためにも相場価格の把握は必須というわけです。

何社も買取業者をまわって査定をしてもらうのは正直体力的にも時間的にも効率が悪いものです。そこで、簡単に複数の買取業者へ査定を依頼できるのが、今はやりの一括査定です。

一括査定サイトも結構な数があってどれを選んだらいいのかわからない人が多いと思ったので、中でも有名な6社の違いを比較・ランキングを作成してみました。

一括査定サイトの比較・ランキング

一括査定サイトの違いを比較

一括査定サイトの比較

一括査定サイトどこがいいの?

一括査定サイトのランキング

買取業者の口コミ・評判

アドセンス記事下2個

スポンサーリンク




アドセンス記事下2個

スポンサーリンク




  • この記事を書いた人
  • 最新記事
リョウヘイ

リョウヘイ

元自動車ディーラーの営業をしており、中古自動車査定士の有資格者です。元査定士ならではの業界の裏話を中心に中古車に関するお得情報とコラムを発信していきます。
詳しいプロフィール

-査定の基礎

Copyright© 中古車査定まるわかり , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.