中古車の走行距離の査定評価と減点について




車の査定で走行距離の減点基準は厳しい!|どうせ下がるなら多少乗っていた方が逆にお得!

投稿日:2016年7月12日 更新日:

車の査定をするときに値段が大きく変わるポイントとして、走行距離がよく取り上げられています。

確かに走行距離が多ければ、その分査定価格から減点されてしまいます。

しかし、ちゃんと調べてみると走行距離の減点基準はかなり厳しいことがわかりました。

 

中古車は5年を超えたら、年間平均8000km以上なら減点になってしまいます。

それなら、走行距離の減点を気にせず普通に乗っていてもそれほど大きく損をすることはないですよね。

 

この記事では、中古車の査定で走行距離の減点基準や目安となる距離をまとめました。

走行距離の多い車を乗っているあなたもお得に売る方法を解説していますので、ご覧になってください。

スポンサーリンク
 

走行距離が年1万キロより少ないと下取りはアップするけど、気にしない

走行距離はあまり気にしない

査定で走行距離はあまり気にしない

一般的に車の年式に見合った走行距離は、車種によって変わってくるためはっきりとは決まっていませんが、目安としては年間1万kmが標準的な走行距離です。

 

査定価格を算出する時も、おおよその車種は年間1万kmをベースにして加点減点されるように基準価格が設定されています

 

あくまで目安にはなりますが、年間走行距離が5000km未満であれば基本的には査定価格はプラスになりますし、2万kmを超えていれば査定価格はマイナスとなります。

ただ、あとで解説しますが、年式が古くなってくると走行距離の減額基準が厳しくなってくるので、それほど距離のことを心配する必要はありません。

車の査定時に走行距離で減額される基準

車の査定で走行距離によって減額される基準

車の査定で走行距離によって減額される基準

中古車査定協会(JAAI)が定める走行距離の加減点基準をベタなコンパクトカーのクラスで調査しました。

走行距離は10万kmまでで調査しています。

  • 対象車種:コンパクトカー
  • 代表車種:ヴィッツ、キューブ、フィット、デミオなど

 

黄色の枠付けされている箇所が走行距離による加減点がない距離になります。

単位は千円で、35なら35,000円という感じで見てください。

1年落ち〜4年落ちの中古車の加減点の目安

 1年2年3年4年
1万km +35+60+80
2万km-35 +25+50
3万km-80-25 +15
4万km-135-70-25 
5万km-190-125-65-25
6万km-225-180-105-65
7万km-260-215-140-100

4年落ちまでは1年に1万kmが加点減点がゼロの状態となります。きれいに1年ごとに比例してますね。

逆に走行距離が標準距離より少なくても、それほど加点されないのが年式の新しい車に見られる特徴と言えます。

では次に、5年目から10年目にかけての走行距離の加減点を見ていきます。

5年落ち〜10年落ちの中古車の加減点の目安

 5年6年7年8年9年10年
1万km+85+85+70+60+55+55
2万km+60+70+70+60+55+55
3万km+30+35+45+50+55+55
4万km  +10+25+35+35
5万km     +10
6万km-40-20-10   
7万km-70-45-30-20-20 

年式が5年以上経ってくると、加減点なしのゼロの期間が少し幅広くなっていますね。

それだけそのあたりの中古車が売れやすいとも言えます。

5年目はまだ年間1万kmならプラスマイナスゼロですが、6年目以降になってくると、年間1万kmペースで走っていると逆にマイナスになっています。

走行距離が少ないことによる加点額はそれほど変化はありませんね。

中古車の査定で値段がつきやすい走行距離を平均で計算してみた

中古車の査定で値段がつきやすい走行距離

中古車の査定で値段がつきやすい走行距離

先ほどの表から、走行距離で減点される目安の距離だけを年式ごとにまとめてみました。

減点なしになる走行距離と減点される距離を年式ごとに見てみましょう。

車の年式減点なし減点される距離
1年〜5年落ち年間1万kmまで年間1万km以上
6年落ち年間6600〜8300km年間8300km以上
7年落ち年間7100km〜8600km年間8600km以上
8年落ち年間6250km〜8750km年間8750km以上
9年落ち年間5600km〜6700km年間7800km以上
10年落ち年間6000km〜7000km年間7000km以上

 

管理人
意外と基準がシビアですね。6年落ち以上は年1万kmでもマイナス査定になってしまいます。

 

年式が古くなればなるほど、走行距離の減点が多くなるのかと思いきや、9年落ちから基準は下がって緩くなっていることがわかります。

ほとんどの人が年間1万kmくらい乗るので、どうせ減額になるなら走行距離はそれほど気にしなくても問題ないですね。

走行距離が10万キロなど多い車の方が信頼されやすい

走行距離が10万km以上の車でも売れる

走行距離が10万km以上の車でも売れる

走行距離が多い車はどうしても敬遠されがちですが、実は良い点もあります。

10万km走っていると、もう値段がつかないのかと考えてしまいますが、全然値段はつきます。

また、距離を走っている車の方が極端に少ない車よりも業者から信頼されやすくなります。

走行距離が多い=部品交換が済んでいるため

車は大きい消耗品なので、走れば走るほど部品の交換が必要となってきます。

そのため、走行距離が多い車は距離を走っており、消耗品としての部品交換回数が多いので必然的に故障も多く経験しているということになります

 

管理人
部品を交換している方が車の状態はいいということですね。

 

車は10年間の間に必ず壊れる箇所が出てきます。タイミングベルト等、他にもいろいろな箇所がある程度走ると部品が劣化し、交換時期となります。

つまり、修理や故障の回数が多いので、変えなければいけない部品をすでに交換しているため、逆にコンディションのいい車ということになるのですね。

 

逆に車庫で保管されているような年式のわりに走行距離の少ない車は、走行距離も少なく傷や状態も良いので高くなると思いがちですが、極端に走っていない車も査定の時には評価されることが多く、マイナス査定を受けることもあります。

走行距離が極端に少ない車は逆に怪しいイメージを持たれる

走行距離が少ないからいいわけでもない

走行距離が少ないからいいわけでもない

反対に年式のわりに走行距離が極端に少ない車は、査定上では高くなりますが、営業マンからするとイメージはよくありません。

8年前の車で走行距離が2万キロしか走っていない場合、年式のわりに走っていないので、故障を起こしてしまう可能性があると判断され、逆に評価が下がる可能性もあるわけです。

 

  • ガレージ保管の車
  • 近い通勤でしか使っていない車

このような車は、距離も少なくなるので買い取る業者によっては値段がそれほど高くならない可能性もあります。

走行距離が多いと修理や保険代も高くなってくる

ただ、走行距離が多くなると、部品も劣化してくるので修理する機会が増えてきます。

それに加えて、走行距離が増えると自動車保険の値段も高くなります。

ソニー損保などダイレクト型の自動車保険だと、走行距離で保険料が結構変わってきます。

年間走行距離保険金額9000kmとの差額
~3000km¥23,970-5,890
~5000km¥25,760-4,100
~7000km¥27,310-2,550
~9000km
(標準走行距離)
¥29,860±0
~11000km¥31,480+1,620
~16000km¥37,320+7,460
16001km~¥39,330+9,470

年間走行距離が5000km未満になると、自動車保険の金額もぐっと安くなっていることがわかります。

また一般的に多い走行距離とされる2万kmになってくると、毎年自動車保険だけでも1万円近く高くなるということもわかります。

 

管理人
車の走行距離が年間9000kmに満たないのであれば、ダイレクト型の自動車保険に変更した方が、自動車保険の金額も節約することができます。

 

正しい中古車の自動車保険の選び方と節約方法』の記事で詳しく解説していますので、自動車保険で節約したい方はご覧になってみてください。

多走行の車はガリバーが高く買い取ってくれやすい

多走行の車でも売れる

多走行の車でも売れる

走行距離が10万kmを超えている車に乗っているあなたに朗報です。

多走行の車は普通の買取業者だと査定を敬遠されて、査定拒否されることもありますが、そんな場合はガリバーを利用してみましょう。

 

ガリバーは、状態のいい車だけでなく古くて距離の走った車でも積極的に買取してくれる業者です。

 

僕も10年落ちで9万km以上走った車をガリバーで値段をつけて買い取ってもらった経験があります。

海外では日本車は人気が高く多走行でも売れる!

ガリバーの特徴として、海外にグループ会社をたくさん持っており、海外への転売に強いことが挙げられます。

日本では売れない車でも海外では僕たちが考えられないほど高い値段で取引されています。

 

海外では日本車の人気は高く、その耐久性の高さに根強い人気があります。

海外で特に売れやすい人気の車

  1. カローラ系
  2. アコード
  3. デミオ
  4. ハイエース・タウンエース系

 

ここに紹介した車種は一例ですが、ザ・日本車ってイメージの車は人気が高いです。

海外では20万キロ以上距離を走っているような多走行車でも実際に売れています。

 

特に東南アジア系の諸国では、日本車は普通によく走っており、人気もあります。

海外に販路を持っているガリバーなら、古くても距離を走っていても売れる可能性は十分にあるということです。

多走行の車を高く売るコツ

走行距離の多い車をちょっとでも高く売るためには、最低限下記の3つだけをやっておくと効果的です。

  1. フロアマットを掃除機がけ
  2. ダッシュボード・インパネ部を水拭き
  3. ドアトリムを軽く水拭き

 

共通して言えることは『車内の掃除』です。はい、めんどくさ〜いって思わないでください笑

この3つに共通して言えることは、査定士が内装をチェックする時に目につきやすいところということです

 

運転席周りからチェックするので、その時に目に入りやすい場所がこの3つなんです。細かく言えば、後部座席もがっつり掃除しておくといいですが、面倒ですよね。

だから最低限この3つです。

 

ただ、できる人は全てやっておいた方がいいですよ。

車内の汚れの70%は基本的に『たまった埃』です。

埃は特別なケミカルなんか使わなくても、水拭きすればある程度取れます。内装の減点は地味にでかいので、ここをやっておくだけで下手したら数万円の減額は防ぐことができます。

まとめ

走行距離による査定価格の変化について見てきましたが、年式がたっていると減額の基準が厳しいことがわかりました。

つまり、走行距離は距離が少なくても減額されることが多いので、それほど気にする必要はないということです。

事実、走行距離が多い車でも普通に買取してもらうことは可能です。

 

買取業者によっては独自の査定基準を設けているところもあり、走行距離が多くても減額が少ないところもあるので、査定してもらう時はいくつか業者をあたっておくと間違いありません。

かんたんに複数の業者へ査定依頼ができる一括査定が便利なので、査定の際はぜひ試してみてください。

スポンサーリンク




少しでも車を高く売るなら、値段を比べましょう

 

時間をかけずにスマホから数分で2社以上の業者に査定の依頼ができるのは、一括査定だけです。

全一括査定サイトの比較・ランキングをまとめましたので手早く違いを知りたい方は下記からどうぞ。

>>一括査定サイトのランキングへ

 

古くても距離を走っていても車に値段がつかないことはありません。

査定がつかない車をタダで引き取ってもらったりしていませんか?

値段がつく可能性があるので無料引き取りに出す前にこちらをご覧ください。

古い車でも売り方次第で高く売れる

 

関連コンテンツ一覧



すぐわかる一括査定のランキング

車の一括査定サイトを主要7社の中から、使いやすさと評判の良さからランキングにしました。

手っ取り早く上位3位までをご紹介。

一括査定サイトのや使い方や比較を知りたい方は、こちらの記事からご覧ください。

参考記事一括査定サイトの使い方と比較

カーセンサー

特徴を流し読み

  • 連絡方法や時間帯を指定できる
  • 大手じゃない業者が見つかりやすい
  • アピール入力欄で査定アップが見込める

カーセンサーは、依頼した時の連絡方法や時間帯をあらかじめ指定できます

メールで連絡をもらうことができる(裏技)のはカーセンサーだけです。

他サイトでは出てこない業者も見つかりやすいことも嬉しい点です。

入力欄に装備やオプションのアピール項目があるので、査定アップも期待できます!

カーセンサーの評判へ >

ズバット車買取比較

特徴を流し読み

  • 75万台から計算した概算価格
  • 6ヶ月先までの相場価格がわかる
  • 1分あれば依頼できるかんたんさ
  • カーソルを動かすことなく入力できる

カーソルをほぼ動かすことなく入力できる依頼フォームの使いやすさは他のサイトにはありません。

また、6ヶ月先までの概算価格を出してくれるサイトはズバットだけです。

ズバット車買取比較の評判へ >

かんたん車査定ガイド

特徴を流し読み

  • 入力欄はたった9個だけ
  • 依頼した時点で概算価格がわかる
  • 優良業者しか提携していない
  • 車種選択画面が広く使いやすい
  • 人気車種からも選べる

かんたん車査定ガイドは提携業者が49社と一番少ないですが、提携業者全てがJADRI(日本自動車流通研究会)に加盟している優良業者のみです。

対応の悪い業者はいないので、強引な営業を受けることはありません。

かんたん車査定ガイドの評判へ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
リョウヘイ

リョウヘイ

元自動車ディーラーの営業をしており、中古自動車査定士の有資格者です。元査定士ならではの業界の裏話を中心に中古車に関するお得情報とコラムを発信していきます。 詳しいプロフィール

-中古車査定の基礎

Copyright© 中古車査定まるわかり , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.