査定の基礎

中古車査定の下取りと買取の違いを8項目で比較|実例で検証

投稿日:2016年8月1日 更新日:

中古車を査定するのには、主に『下取り』と『買取』の2つがあります。

どっちの方法でも車を売ることはできますが、それぞれにいいところ悪いところがあるんです。

結論から言うと、高く売りたいなら『買取』を選びましょう。

下取りと買取の違いをわかりやすく比較し、基本を理解した上で、両者の比較、それぞれのメリット・デメリットを解説していきます。

実際に過去に私がディーラーとガリバー両方で査定した時の実例も交えてお話していきます。

まず中古車査定の【下取りと買取】の違いを知る

下取りと買取には大きな違いがあります。

それは、乗り換えることに重きを置くか、売ることに重きをおくか です。

これから車を乗り換えようと考えている人であれば、まっさきに思い浮かぶのは次の車のことでしょう。新車を買うにせよ中古車を買うにせよ同じことです。

しかし、買うことと売ることを一緒に考えてしまうのは実はよくありません。

どうせ売るなら高く売りたいですよね。

下取り=ディーラーで買取

ディーラー下取りについての図解

下取りとは、主に新車ディーラーで車を検討している時にそのディーラーで車を引き取ってもらい、その車の金額を購入金額に充てるやり方です。

中古車の買取価格を出すことがメインではなく、次の車を買うことがメインとなってしまい、詳しい買取価格がよくわからないまま商談が進んでいってしまうことが多いです。

査定価格の金額については軽く流されてしまい、次の車の話ばかりしてしまうので買う側としても気付きにくくなってしまいます。

通常の流れであれば、ディーラーで査定してもらい、その査定価格から新車の値引きを合わせた『下取り値引き』として値引きされることがほとんどだと思います。

下取り値引きの場合、新車の値引きと中古車の査定金額の境界線をぼかされることが多く、買取でいくらついているのかわかりにいことが難点です。

買取=買取専門業者で買取

買取についての図解

買取は、ガリバーやカーチスなど買取専門の業者へ中古車の査定を依頼し、買取の話を進めていきます。

下取りと違う点は、車を売ることがメインとなってくるところです。

終始車を売ることを中心に話が進むので、買取価格の交渉もしやすいです。また、買取業者は新車ディーラーとは違い、買取を専門に行っているので、中古車の販売ネットワークが強いです。

つまり、買取価格も高めになることが多いんです。

では、どちらがお得かについて解説していきましょう。

ディーラー下取りと買取業者の違いを比較

ディーラー下取りと買取業者で査定する際の違いを8つの項目から比較してみました。

比較した項目は下記の8つです。

  1. 査定にかかる時間
  2. 査定の方法
  3. 査定価格
  4. 相見積もりができるか
  5. 乗り換え提案はできるか
  6. 車検は受けられるか
  7. 事故時の対応
  8. 代車の手配が可能か
  ディーラー下取り 中古車買取業者
査定時間

約20分

約20分

査定の方法

×

来店する必要あり

出張査定が可能

査定価格

×

安い

高い

相見積もり

×

別の店をまわる必要あり

ネットで依頼可

乗り換え提案

新車・中古車共に可

×

中古車のみ

車検対応

自社工場あり

業者による

事故対応

引き上げ・修理可能

×

基本やらない

代車の手配

借りられる

×

代車の手配はない

下取りと買取のそれぞれのメリット・デメリット

比較表を見てもわかる通り、下取りはいろんな場面で対応してもらえて、売却から乗り換えまでを考えているなら手間がかかりません。

買取は査定までのプロセスが簡単で、新車の提案こそできませんが、ネットから依頼できたり自宅まで査定に来てくれます。

下取りのメリット・デメリット

ディーラー下取りの1番のメリットは、『乗り換え提案をしてくれる』ことです。

下取りは売るよりは買うイメージの方が強いです。

やっぱり迷って車検に通そうかと思っても自社工場があるため、その場で車検の依頼もできますし、事故や急な故障時も対応が早いことが特徴です。

ただ、下取りはディーラーでの査定価格が低く、ディーラー自体も下取り車を買い取ることが目的ではないので、基本となる提示価格が低くなりがちです。

また、別の業者で相見積もりを取ろうと思うと、自分の足でお店まで足を運んで査定してもらう必要があります。

買取のメリット・デメリット

買取は事故対応や修理などの窓口はないところがほとんどで、中古車の買取に特化している業者が中心です。

下取りと違い、買うより売るイメージが強いのが買取です。

販売より買取に力を入れているので、買取価格の提示は高めになります。

中古車の流通量を見ても、ディーラーと比べるとオートオークションを中心に広い販売ネットワークを持っているので圧倒的に買取業者の方が勝っています。

一括査定をはじめ、ネットで査定を依頼でき、基本的に自宅まで査定に来てもらえることや相見積もりも自宅でできるところがいいですね。

ディーラー下取りと買取の使い分け方

下取りにも買取にもそれぞれメリットやデメリットはありますが、利用する人の環境によってもどっちがいいかは変わってきます。

それぞれの特徴をもとに下取りが向いている人と買取業者の査定が向いている人を分類してみました。

ディーラー下取りが向いている人

ディーラー下取りが向いている人は、ズバリ面倒くさがりの人です。

査定から売却、乗り換えまで全てのことを面倒見てもらえるのはディーラーならではの強みです。

乗り換えを考えていて、やっぱり車検にってこともできますし、新車を検討していてやっぱり中古車にしようと言うこともできます。

選択肢が色々あっても、ディーラーとしていろんなことをやっているので、どう転んでもだいたい対応してもらえることが1番の利点だと言えます。

買取価格自体はそれほど高くならないものの、あまりいろいろと動き回ったり連絡するのが嫌だと言う方はディーラー下取りがおすすめです。

買取業者の査定が向いている人

買取業者の査定が向いている人は、少しでも中古車を高く売りたい人です。

中古車の買取を主な事業内容としていることもあり、買取業者は査定価格が高くつきやすいです。

また一括査定のようにネットで査定の依頼ができ、一度に複数の業者に相見積もりを取ることも簡単で、自宅まで出張査定に来てくれるところもありがたいです。

査定価格の比較が簡単にできるので、提示された査定価格が妥当なものなのかも素人でもわかります。

一括査定を使って買取業者の相見積もりを取れるサイトはこちらにランキング形式でまとめていますので、検討中の方は参考にしてください。

関連記事元査定士が選ぶ!中古車一括査定サイトのランキング

事故の時は専門業者へ依頼

万が一、事故を起こしてしまって保険会社に全損と言われてしまった場合は、事故車の買取専門業者に丸投げしましょう。

ディーラー下取りや普通の買取業者の査定では、まず値段がつかないような状態のボコボコの車でも実は値段はつくことが多いんです。

さらに詳しく実は事故車・修復歴車でも売れる?事故車買取の特徴と評判

中古車を高く売るなら『売る』と『買う』を分ける

少し前にも触れましたが、中古車の査定では、売ることと買うことを分けて考えることが大切です。

下取りは買うついでに査定する手段で、買取は売る事だけが目的となります。

多少手間はかかりますが、売るところは買取業者にして、買うところはディーラーとそれぞれ専門の強いところを活かしてあげましょう。

どうしても下取りにしたいんだという方は、参考に買取業者で査定だけしておくことをおすすめします。

提示価格の違いを見てからでも遅くはないですしね。場合によっては、10万以上金額が変わってくることもあるので、査定の際は気をつけるようにしましょう。

ディーラー下取りと買取を両方試した実際の価格差を実例で紹介

以前に私がズバット車買取比較という一括査定サイトを通して、査定の依頼をした時の実例を見ながら、下取りと買取の差を見てみます。

依頼した車種情報

  • 車種:プリウスα
  • 査定日:2016年2月(2年落ち)
  • 車体色:パールホワイト
  • 年式:2014年式
  • グレード:1.8 Sチューンブラック
  • 走行距離:38000km
  • 車検残1年 修復歴なし
  • 点検記録簿あり
  • オプション装備:9インチHDDナビ
 言い出し値最終の提示価格電話の回数商談回数
ディーラー
(トヨタ)
160万円170万円4回3回
ガリバー165万円180万円5回1回
ビッグモーター170万円170万円1回0回
カーチス168万円185万円9回2回
カーリンク170万円175万円3回1回

表の一番上以外は全て買取業者へ査定を依頼しているわけですが、言い出し値から最終の提示価格までディーラー下取りは他の業者と比べても値段は安くなっていることがわかります。

新車を購入するのであれば、この値引きにプラスして新車分の値引きを加える『下取り値引き』で調整してくれる事もありますが、純粋な下取りの値段だけで見ると安いんです。

【まとめ】下取りと買取を試して車を売却した私が思うこと

下取りと買取どっちも試した私が思うに、車を高く売りたいなら間違いなく買取業者での査定がおすすめです。

ディーラーで査定すると、いろいろと話も長引いてなかなかお店から帰してもらえない事が多々あります。

小さい子連れで行くと、正直かなり間が持たず大変です。

他の業者へ行って査定してもらおうにも、1つ行けば下手したら半日くらい経ってしまっているなんて事もよくある話です。

買取業者の査定は、ネットから査定の依頼ができ、1回の依頼で2社以上の買取業者に依頼する事もできます。

これが俗に言う一括査定ってやつですね。

無料でできるし、自分は動く必要もないし、査定は家に来てくれるわで結構お得なんです、実は。ネットでは怪しいなんて言われたりしてますが汗

目的別に一括査定サイトのおすすめを『目的で選ぶ一括査定サイトの比較』で紹介していますので、参考にしてください。

車を高く売る方法の見出し

新車でも中古車でも乗り換える時は少しでも高く売って、頭金に変えたいですよね。

そのためにも今乗っている車を査定する時は、最低でも2~3社くらいの買取業者へ査定を依頼するようにしましょう

そうすることで、あなたの車の妥当な査定価格が自然とわかります。1社だけの査定だとプロでもその査定価格が適正な金額か見抜くことは難しいものです。

がむしゃらにもっと値段上げてくださいと営業マンに言っても、正直なかなか相手にしてもらえず流されてしまいます。目標金額を事前に決めるためにも相場価格の把握は必須というわけです。

何社も買取業者をまわって査定をしてもらうのは正直体力的にも時間的にも効率が悪いものです。そこで、簡単に複数の買取業者へ査定を依頼できるのが、今はやりの一括査定です。

一括査定サイトも結構な数があってどれを選んだらいいのかわからない人が多いと思ったので、中でも有名な6社の違いを比較・ランキングを作成してみました。

一括査定サイトの比較・ランキング

一括査定サイトの違いを比較

一括査定サイトの比較

一括査定サイトどこがいいの?

一括査定サイトのランキング

買取業者の口コミ・評判

アドセンス記事下2個

スポンサーリンク




アドセンス記事下2個

スポンサーリンク




  • この記事を書いた人
  • 最新記事
リョウヘイ

リョウヘイ

元自動車ディーラーの営業をしており、中古自動車査定士の有資格者です。元査定士ならではの業界の裏話を中心に中古車に関するお得情報とコラムを発信していきます。
詳しいプロフィール

-査定の基礎

Copyright© 中古車査定まるわかり , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.