値段がつかない中古車はない




査定の基礎

古い車の買取の方法|値段がつかない車でも廃車と言われても売れる!

投稿日:2016年7月26日 更新日:

10年落ちだったり、10万km走っていたり、状態が悪い中古車は売れないって思っていませんか?

世間一般に言われるようなポンコツ車かもしれませんが、必ずしも売れないと言うことはありません。

私も昔はそんな車はずっと値段がつかないと思っていました。

でも実際に査定すると、意外に値段がつくことが多いんです。

事実、一括査定に出して査定ゼロだった10年落ちで9万kmを超えるモコをガリバーへ査定に出したら、7万円の査定価格を提示してもらえました。

古い車は下取り査定だと金額がつかないことが多い

値段がつかないと言われるのは、実際のところディーラー下取りで査定した場合が一番多いです。

 

それもそのはずで、ディーラーは基本的に車を売ることに重きを置いているんで、ガリバーなどの買取業者と比べると査定価格は安くなるんです。

ディーラーは新車の販売に関しては、メーカーと直接的なパイプがありますが、中古車を売買する販売ネットワークは実はそれほど広くありません。

 

また、査定の方法についてもディーラー下取りはあまりプラス査定で評価されることがなく、一方の買取業者はオプションなどディーラーにはない加点項目が多いことも値段が違う大きな理由です。

 

中古車は特に時間が経つにつれて査定価格が下がっていくので、買い取った中古車はすぐに転売する必要があります。

販売をメインでやっているディーラーが手間をかけてまで、売れにくい車の買取をするかと言えば、答えはNoです。

 

そのため、わざわざ無理して買い取ることをしないのがディーラーの特徴と言えます。

下取りで値段がつかない古い車でも買取業者ならつくこともある

では、ディーラー下取りで値段がつかないと言われた車は売れないのかと言うと、そうでもありません。

下取りでは買い取ってもらえないだけで、買取業者の買取なら予想外に値段をつけてもらえる可能性は高いんです。

 

どんな古くても距離を乗っていても、値段がつかないことはあまりありません。

まずは査定してみることが重要です。

 

ディーラーの下取りと車買取業者での買取では、10万円単位で査定価格が変わることもよくあります。

万が一ディーラーで値段がつかないと言われた場合は、車買取業者へ査定を依頼することで0円だった中古車でも10万円に化ける可能性は十分にあります。

自分が欲しくない車=査定がつきにくい

一般的に値段がつかない車は、誰もが欲しくない車と言い換えることができます。

あなたが中古車を検討中で探している時のことを想像してみてください。

 

このような状態の車は欲しいとは思わないですよね。

  1. 高年式(10年落ち以上の車)
  2. 多走行(10万km以上走っている)
  3. 事故をした現状の車

 

誰もが敬遠してしまう状態の車は、基本的に値段がつきにくいと考えるのが当然です。

ただ、こんな売れそうにない状態の中古車でも需要がないわけではありません。

  • 車屋の代車
  • 乗り継ぎ時だけに乗る車
  • 海外での売却

 

車屋さんが車検や点検などの時に使う代車や乗り継ぎするまでの短い間だけ使う時など、意外に需要はあるんです。

 

中でも、海外での売却は私たちが想像する以上に値段がつきやすくよく売れます。

 

海外では10年落ちで20万km以上走った車でも日本では考えられないような値段で取引されています。

海外で日本の古い車を見かけることが多いですが、実はパッと見古い車でも海外へ行けば高級車扱いされることもあります。

査定を依頼する場所で『値段』は激変する

中古車の買取は、査定を依頼する場所によって値段が大きく変わることが普通です。

それもそのはずで、全ての業者は販売先も違えば、顧客層も違うためです。

はじめにも説明しましたが、ディーラーは下取りで儲けることはなく、あくまで新車の販売を中心に考えています。

そのため、買取台数のノルマもないので、査定価格は安めとなる傾向にあります。

 

買取業者の中でもお店によって、査定価格は変わってきます。

 

ミニバン専門業者であれば、セダンよりもミニバンの方が高く買い取ってもらえますし、ハイブリッドカー専門の買取業者であればハイブリッドカーの買取が高くなります。

 

中古車の買取価格が高くつく順はおよそ下記の通り。

 

  1. 個人売買(ヤフオク等)
  2. 買取専門業者
  3. ディーラー

 

個人売買は他者を全く仲介しないため、仲介の手数料が一切かかりません。

 

手数料がないので、そのぶん車自体の値段は高くなりますが、名義変更などのあらゆる手続きを全部自分でする必要があるので、よほど車の知識がない人でないと難しいです。

 

売却時にトラブルが多いのも個人売買の特徴です。

現実的に考えると、2つ目の買取専門業者が一番高く売れるということになります。

買取業者への査定依頼は必須

ディーラーで値段がつかない車の査定価格を上げる1番の近道は、車買取業者へ査定を依頼することです。

ただ、買取業者全てが査定価格が高くなるかと言うと、実はそうでもありません。

買取業者によっては、わざと安めの査定価格を最初に提示してきて、私たちの出方を見る業者もいます。

 

1社だけだと価格が妥当なものなのかの判断もつきにくく、競合がないので安い査定価格で納得してしまうと損してしまいます。

 

提示された査定価格が本当に妥当なものなのかを知るために、一括査定は便利なサービスと言えます。

一括査定で依頼と比較を時短する

一括査定の依頼時のメリット

ネットでできる一括査定のいいところは、『時短』にあります。

 

例えば、3つの買取業者に査定を依頼したとします。

普通であれば、3つの業者へ電話したり、ネット上から査定の依頼をしますよね。

毎回車の情報や連絡先をはじめとした個人情報を入力するのって結構めんどくさくないです?

 

はい、めんどくさいです。

 

でも、一括査定なら1回入力すればその情報が一度に3つの業者へ飛んでくれます。

つまり、査定の依頼は1回だけで済むんです。

 

3社へ依頼するのであれば、依頼時間だけでも20分以上は時短することができちゃいます。

さらに、査定をし終わったら自動的に3つの買取業者から査定価格の連絡が入ります。

あとは高い業者へ連絡して査定価格の交渉をするだけです。

 

査定価格の比較もお店を3つ回る必要もなく、これまた自宅で待っているだけでいいので待ち時間に家の用事を片付ける余裕もあります。

 

一括査定サイトも最近人気が出て来ており、種類が増えてきました。

 

ただ、一括査定サイトでよくある悩みとしてあげられるのが、『一度にたくさんかかってくる電話』です。

 

依頼したらほぼすぐにかかってくるので、電話が嫌で一括査定は使いたくないという人もいるはず。

普通に考えれば、依頼した業者の数だけ電話連絡があるのはごく普通のことなんです。

 

しかし、電話がかかってこない一括査定サイトもいくつかあります。

 

電話がかかってこない一括査定について『中古車一括査定で電話が苦手な人におすすめできるサイト』にまとめたので、電話が心配な方はこちらを参考にしてください。

一括査定を使っても値段がつかない古い車の買取方法

私が実際に経験したのですが、一括査定を使っても値段がつかなかったことがあります。

 

よくネットで調べていても、一括査定なら高く売れた!って書いていますが、一括査定を使えば必ずしも高く売れるとは限りません

一括査定は便利なサービスですが、あくまで一度にたくさんの買取業者へ査定を依頼できるだけです。

 

一括査定で依頼して値段がつかなかった時に私が実際にやって効果があった売却法を紹介します。

一括査定でもダメな時

  • 乗り換え先の業者で査定する
  • ガリバーで査定を依頼する

ガリバーで依頼?一括査定で依頼してるけどって思いますよね?

ちょっとカラクリがあるので、あとで詳しく解説しますね。

乗り換え予定がある場合

一括査定で査定拒否、値段がつかないと言われてしまったら、まずは乗り換えを検討しているお店で査定をするようにしましょう。

新車であれば新車ディーラー、中古車であれば中古車販売店で査定をすれば、値段がつかずに0円と言われた車でも気持ちの値段は必ずつけてくれます。

 

私も以前10年落ち、10万kmの軽自動車を査定した時、一括査定ではまったく値段をつけてもらえなかったのに中古車販売店へ行った時は4万円の値段をつけてもらえました。

 

その理由は、購入時の値引きです。

 

ディーラーなどは見積書を見ると、下取り値引きと記載して下取り額を本体値引き額に入れることが多いです。

 

でも、後々の交渉では下取りは下取りと割り切って交渉すると、さらに高値をつけてもらえる可能性があります。

ガリバーへの査定依頼『一括査定』経由は×

ガリバーの中古車買取サービス

買取業者の中でもガリバーは中古車の販売ネットワークが広く、いろんなエリアにパイプを持っているため、査定価格が高くつきやすい業者です。

 

ただ、ここで注意したいのは一括査定経由で依頼しないということ。

 

一括査定ですでにガリバーに査定を依頼していても、一括査定から依頼した場合とガリバーだけに直接依頼した場合では依頼のシステムが違ってきます。

 

一括査定経由で依頼すると、大きいエリアの代表受付センターへ連絡が入ります。

私は滋賀県に住んでいるので、私の場合は大阪にある関西の受付センターへ一括して連絡が入ることになります。

 

以前に私が一括査定経由でガリバーへ査定を依頼した時は京都のガリバーが出張査定に来てくれました。

もっと近くにガリバーの店舗があるのになぜって感じで不思議に思っていました。

 

ただ、別の機会にガリバーへ直接依頼すると、住んでいるところの近くのガリバーが来てくれました。

ガリバー経由で査定を依頼すると、近くのガリバーを選んでくれるというわけですね。

 

近所の店舗の方が小回りが効きやすく、すぐに売れると言った時の対応が早いので、査定価格もがんばってくれることが多いんです。

中古車販売店は今日や明日に車を渡してくれるお客さんはありがたいので、とにかく値段をがんばってくれます。

 

近くの店舗であれば、すぐに引き取りに来ることができますし、商談を重ねるのも楽ですが、離れた店舗だとすぐに来ることもできませんし、営業マンとしては優先順位も下がってしまうわけです。

 

実際、私も他の業者ではまったく値段がつかなった10年落ち9万kmのモコをガリバーへ直接依頼した結果、10万円の金額で買い取ってもらうことができました。

一括査定でも値段がつかないような時はぜひ試してみてください。

 

→ガリバーで査定を依頼する

→ガリバーの買取の評判を見る

『最後の砦』廃車でも値段がつく業者がある

無料の廃車専門買取業者

廃車レベルの車を買取してくれる業者があります。

その名も『廃車専門買取』。

廃車になった車だけでなく、事故車・故障車・不動車から水没車まで動かない車まで何でも買取してくれる専門の業者なんです。

 

それだけでなく、ディーラーや買取業者で値段がつかなかった車でも相談ができます。

 

廃車にかかる手続き費用もかからないので、ディーラーでも買取業者でも値段がつかなかった時はぜひ試してください。

かなりの確率で値段をつけてもらえます。

 

車の情報を入力して、問い合わせると見積もり連絡をもらえて、状態に応じた査定価格を提示してくれます。

 

廃車でかかる費用

参考までに廃車にする時にかかる費用や業者の対応について調べてみました。

 ディーラー買取業者解体業者
対応してくれるか対応可ほぼ不可対応可
処理費用値引きに含まれるスクラップ代をもらえる
手続き費用0円約1万円

ディーラーで下取りとして査定して引き取ってもらう場合は、手続き費用などは基本ディーラーで負担してくれることが多いです。

本来はお金がかかりますが、特別に引き取りますという言い方で査定された中古車の価格はもちろんゼロとして扱われるでしょう。

 

下取りでは金額がつかないことが多いので、あまりおすすめはできません。

 

買取業者では廃車の手続きをしてくれる業者はほとんどありません。

 

買取業者は市販できるレベルの中古車を中心に扱っているので、不動車や廃車レベルの車は基本的に査定拒否されることが多いので、廃車の場合は選択肢から外れます。

 

最後に解体業者へ依頼した場合。

解体業者に持ち込むと、業者によってはスクラップ(鉄くずとして再生利用)で取り扱ってもらえる場合もあり、逆にスクラップ代としてお金をもらえることもあります。

 

車種によって異なりますが、通常は10000円〜20000円くらいがスクラップの相場です。

 

ただ、解体業者は『解体』なので、値段はついても鉄くずに対するお金のみで、愛着のある車を手放すのには私はおすすめはできません。

一昔前までは値段がつかない車はだいたいスクラップとして処理されていましたが、最近はスクラップで処理されることは少なくなってきました。 

 

そう言った意味でも、どんな車でも買取対象となる廃車専門買取はありがたいサービスと言えます。

どんな車でも買取可能な買取業者へ→

古い車の買取【まとめ】

査定がつかない車の特徴や値段のつけ方を紹介してきましたが、どんな車であってもどこかに欲しいと思う人は必ずいます。

あなたがこれは無理だろうと思っていても、そんな車を欲しがる人がいることも事実です。

 

たった一人でもその需要にマッチすれば、あなたの車は売れることになり、ただで解体へ出そうとしていた車がお金になるわけです。

まして、何社かの買取業者へ依頼する一括査定サービスを使えばその中でも1番高い業者へ売ることができます。

 

無一文と思っていた車が4万でもお金になれば嬉しいですよね。

ここで、もう一度査定がつかない車の査定の依頼方法についておさらいしてみます。

 

下へ行くほど値段がつかない場合です。まずは1から順に確認してみてください。

値段がつかない車の優先順位

  1. 買取業者で依頼→一括査定を利用
  2. 乗り換え予定の業者で査定→下取りで値引きをプラス
  3. ガリバーへ直接依頼→ガリバーのサイト
  4. 廃車専門業者へ依頼→廃車・不動車の買取

査定0円と言われても諦めるのはもったいないですよ。

動く・走る・止まるの3拍子が揃ってれば車としての基本性能は満たしていると考えておいて問題ありません。

古いしどうしようとびくびくしながら、査定を依頼しようかどうしようかためらっていても何も変わりません。

古くても堂々として査定を依頼すればいいのです。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




関連コンテンツ一覧



【すぐわかる】一括査定どこがいいかランキング!

ネット査定サイトを主要7社の中から、使いやすさと評判からランキングにしました。

手っ取り早く上位3位までを紹介します。

全7社の特徴を詳しく比較したい方は、『5項目で比較|おすすめ中古車一括査定サイトのランキング』を参考にしてください。

かんたん車査定ガイド

  • 最短45秒で依頼可能
  • 提携業者はJADRI(日本自動車流通研究会)に加盟している優良企業のみ
  • 依頼したらその場で概算価格がすぐわかる

かんたん車査定ガイドは提携業者が50社と一番少ないですが、提携業者全てがJADRI(日本自動車流通研究会)に加盟している優良業者のみとなっています。

入力項目が少なく、たった45秒で依頼ができてしまうという点や車種検索でも人気車種から選ぶことができたり、車種一覧タブを開くと、4行に広げて表示してくれたりと使いやすい。

一括査定サイトの中でも提携業者の質は一番高いサイトなので、初めて一括査定を利用する方や一括査定が怪しいと感じる方におすすめしたいサイトです。

ズバット車買取比較

  • たった1分で依頼が可能
  • 依頼したらその場で概算価格がわかる
  • 万が一の時は電話サポートあり

一括査定サイトの中で唯一、電話窓口があるサイト。

カーソルをほぼ動かすことなく入力できる依頼フォームの使いやすさはNo.1で1分もかからずに査定の依頼ができます。

6ヶ月後までの概算価格を出してくれるサイトはズバットだけです。

ユーカーパック

  • 個人情報が買取業者に漏れない
  • 買取業者からの営業電話はない
  • 提携業者は最大で2000社もある

ユーカーパックは唯一オークション形式を採用しており、出張査定か提携しているガソリンスタンドへ持ち込んで一度査定すれば、あとはオークションに出されて入札されるのを待つシステムになっています。

何回も買取業者の査定を受ける必要がなく、電話はユーカーパックとのやりとりのみ。

買取業者と直接連絡を取ることがないので、個人情報が漏れません。

入札まで少し時間がかかりますが、営業電話等が一切ない点では一番安全なサイトで、急ぎで売る予定がなく、連絡も少なく済ませたい方にはユーカーパックはおすすめです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
リョウヘイ

リョウヘイ

元自動車ディーラーの営業をしており、中古自動車査定士の有資格者です。元査定士ならではの業界の裏話を中心に中古車に関するお得情報とコラムを発信していきます。 詳しいプロフィール

-査定の基礎

Copyright© 中古車査定まるわかり , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.