失敗しない中古車の査定のやり方を解説

中古車査定まるわかり

中古車の色と査定価格の関係



中古車は色だけで査定価格がグンと良くなる|査定と色の関係

投稿日:2016年7月15日 更新日:

中古車の査定において、車の色で査定価格が変わるのをご存知ですか?

新車で買う時に後々の査定の時の再販価値を考えて車の色を選ぶ人もなかなかいないのではないかと思います。

やっぱり乗りたい色に乗るのが一番ですからね。

しかし、現実問題中古車市場には人気のある色とそうでない色があることを覚えておかなければなりません。

今回は中古車の査定において『車体色』による査定価格の差を中心に詳しく解説していきたいと思います。


スポンサーリンク

中古車査定で高く売れる色と査定価格の関係

中古車の査定では、車体色によって値段に差が出ることは先に説明した通りなのですが、車種によって人気のある色があるので、全ての車種でこの色が高いと言うことは断言はできません。

しかし、必ずプラスになる色はあります。

どの車種においても共通する色と査定価格の関係は下記の通りになります。

  • 黒系・白、パール系 → プラス査定で値段は上がる
  • シルバー系 → 加点減点なし(±0円)
  • その他の色 → マイナス査定で値段は下がる

中古車市場で査定価格にプラスされる車の色は、黒系・白系の2色です。

黒・白ともにソリッド(単色)やパール(きらきらのラメが入っている色)問わず価格は上がります。

車種によってプラス・マイナスの金額は変わってきますが、平均しても3万〜10万円程度はプラスとして加点されます。

シルバー系の色は、査定では加点も減点もありません。プラスマイナスゼロというわけですね。

その他の色については、マイナスで評価され、5万円〜10万円の減点となってしまいます。

パールホワイトや黒色が高い評価になる理由

パールホワイトをはじめとした白色系や黒色系は、無難な色で年齢を問わず誰もに好かれる色であるため、査定時は高評価となります。

中古車市場では、無難なものが万人受けします。

そして万人受けしないものはマイナス要素となって、減点対象となってしまいます。コテコテのドレスアップ車が一般的に万人受けしないことが物語っていると思います。

ドレスアップ車が査定であまり優遇されないことについては、『要注意!改造車の査定時の注意点|純正部品と査定価格の関係』で詳しく解説していますので参考にしてみてください。

老若男女問わずよく乗られて、かつ人気がある色が黒系と白系なんです。

買取業者によって色の加点・減点の基準は違うのか?

では、色による査定価格の加点や減点は買取業者によって値段の差があるのか?についてですが、基本的にはどの業者へ査定に出しても値段は変わりません。

中古車の査定基準は、JAAI(一般財団法人日本自動車査定協会)が統一して定めているため、ガリバーであってもユーポスであってもアップルでも査定の基準は同じです。

それぞれの業者によって流通の仕組みや販売ルートに違いがあるため、査定価格は変わってきますが、色による加点や減点の基準は統一されています。

査定価格が全く変わらない色はシルバー系

シルバー系はさらに無難な色で、査定価格はプラスにもマイナスにもなりません 。

洗車せずともそんなに汚れは目立たない、傷がついてもコンパウンドでガシガシ磨いても塗装も強いなどメリットだらけの色ですが、シルバー系は基本的に査定では良くも悪くも±0円になります。

ずばぬけて人気があるわけでもないが、人気がないわけでもない…という不思議な位置にいるのがこのシルバー系です。

やはり市場の需要で見てみると、黒・白系は老若男女問わず人気があるとすれば、このシルバー系はどちらかというと年配の方が好んで乗られるイメージが強いです。

たまに若者も乗っているところをみますが、私の知り合いも含めて車にはあまり興味のない方がシルバー系を選ぶような印象があります。

あまり車に詳しくない人が乗っているということから、場合によっては乗りっぱなしで乗られた車に当たってしまうこともあり得ます。

中古車を買う時は、黒・白系の車に比べて車のメンテナンスが行き届いているかも心配な点になってくるので、購入時は記録簿などの内容もチェックするようにしましょう。

車種によっては人気のない色の査定価格が高くなることもある

車種によりますが、人気のない色の査定価格が高い車もあります。

  • スポーツカーは原色系(赤色や黄色)
  • 女性に人気がある車種はパステルカラー系(水色や薄緑色)
  • その車種のイメージカラーだった色(紫色や青色)
クーペやオープンカーのような車種は、赤や黄色の原色系でも人気があるから、むしろプラスになることもあるぜ。
自称プロのキザオくん

黒・白系が高いのは変わりありませんが、走りをイメージした車は、基本的に黒・白系よりも原色系の方が高くなるということもあります。

これは、スポーツカー=赤のようなイメージが世間に浸透しているためですね。需要のある色は必然的に人気もありますし、値段も高くなります。

マーチや軽自動車など女性に人気がある車種になると、パステルカラー系の色は人気が高く、白・黒色系でなくても査定価格がプラスになることもあります。

また、新車が発売された時にその車のイメージカラーとしてCMで採用される色は、発売後1〜3年くらいは高く売れる傾向にあります。

ただ、5年以上時間が経ってくるとその価格は下降気味となっていきます。

基本的に色系などの黒・白以外の色は、時期的に値段がガラッと変わることが多いですね。

人気のない色を人気色に全塗装した場合の査定価格

購入後、別の色に塗り替えた場合はどうなるのか?

例えば、青色の車に乗っていてパールホワイトに全塗装して塗り替えた場合です。

塗装のレベルにもよって、査定時にプラスになることも稀にありますが、基本的には査定価格は上がりません。

場合によっては、上がるどころか査定価格は下がってしまうこともあります

純正色に合わせた色を塗っていても、メーカーの工場で塗られた塗装と車屋などの板金工場で塗られた塗装には決定的な違いがあり、塗装の質がまったく違います。

メーカーの工場で塗装する場合は、簡単に言えば黒なら黒の大きなプールみたい施設があって、そこに未塗装の車をドボンとつけて塗装されます。

反対に車屋で後から塗装する時は、パテと呼ばれる筆のようなものとスプレーで吹き付け塗装を行います。

塗装ののり方や浸透具合が明らかに違うことがわかりますよね。

全塗装ではボンネットの中やドアのつなぎ目など、細かいところまでは塗装することができないため、査定の際に黙っていても必ずバレてしまいます。

私も実際にメーカーへ見学へ行って見たことがありますが、ものすごい迫力でした。さすがに後から塗装した場合とは比べ物になりません。

全塗装された車は、塗装をはがしているため、もともとの塗装色と比べると塗膜も弱く、ザラザラするなど再販する上ではメリットはないのが現実です。

全塗装すると、30万〜50万円近い出費となり、その元を取ることは正直できないんです。

個人でドレスアップなどの用途で全塗装するなら話は別ですが、残念ながら普通に車を売る時は良い影響はありません。

人気のない色の中古車を少しでも高く売る方法

赤や青、黄色などの原色系のボディーカラーは黒や白と比べると人気がなく、査定価格も安くなりやすいとお話しました。

ただ、いろんな買取業者で査定することで、それぞれの業者の強みが出てくるので、あなたの車を欲しがる業者が見つかる可能性が出てきます。

普通に1つの業者へ査定を依頼しても、正直納得できる金額は提示してもらえません。

買取業者によっては、ミニバンの買取に強い、スポーツカーの買取に強いなど特徴があるので、いいところに当たれば、人気のない色だって高く売れることがあります。

3社くらいに依頼しておくと、それぞれの業者によって査定価格の提示もバラつきが出てきますし、この車種に強い、今商談中でこの色が欲しいといった業者と出会える確率も上がります。

一括査定サイトを利用すれば、一度の入力で複数の買取業者へ査定の依頼ができるのでおすすめです。

中古車一括査定サイトのランキングを見てみる

車を買う時の色選びで中古車の値段は大きく変わる

車を売る時と買う時では色の評価はガラッと変わってきます。

査定時に高くなる色は、黒色・白色系はプラスになりますが、逆に車を買う時は値段が高くなり、買いにくいんですよね。

特に中古車を買う時は、黒色・白色以外の色を選ぶと、同じグレードの同じような車でも10万円以上安く買うことができます。

プリウスの色による査定価格の違い

出典:中古車オークション相場情報GBM

少しでも安く中古車を買うには、色選びを考えるだけでも欲しい車を妥協する必要がなくなります。

【まとめ】中古車の色と査定価格への影響

中古車の再販価値が高い車の色は、基本的には黒・白系が高くなります。

高級セダンなど高い車になってくると、色の違いだけで10万円以上も査定価格に差が出ることもあります。

年式が古くても色による査定価格のプラスは少なからずあるので、査定の時のことを考えて人気色に乗るというのも1つの手だと私は思います。

新車でCMで使われている珍しい色は、後々値段が下がってしまうと知っておくだけでも色選びの選択肢は変わってきます。

ただ、車は長いこと乗るものなので、最終的には自分の好きな色の車に乗ることが一番です。

車は購入して5年~10年は共に過ごしていく一種のパートナーのようなものですからね。

車の色は後から変えることはできないので、中古車や新車への乗り換えの際は、慎重に選ぶようにしましょう。

関連コンテンツ一覧



すぐわかる一括査定のランキング

車の一括査定サイトを主要7社の中から、使いやすさと評判の良さからランキングにしました。

手っ取り早く上位3位までをご紹介。

一括査定サイトのや使い方や比較を知りたい方は、こちらの記事からご覧ください。

参考記事一括査定サイトの使い方と比較

かんたん車査定ガイド

特徴を流し読み

  • 入力欄はたった9個だけ
  • 依頼した時点で概算価格がわかる
  • 優良業者しか提携していない
  • 車種選択画面が広く使いやすい
  • 人気車種からも選べる

かんたん車査定ガイドは提携業者が49社と一番少ないですが、提携業者全てがJADRI(日本自動車流通研究会)に加盟している優良業者のみです。

対応の悪い業者はいないので、強引な営業を受けることはありません。

かんたん車査定ガイドの評判へ >

ズバット車買取比較

特徴を流し読み

  • 75万台から計算した概算価格
  • 6ヶ月先までの相場価格がわかる
  • 1分あれば依頼できるかんたんさ
  • カーソルを動かすことなく入力できる

カーソルをほぼ動かすことなく入力できる依頼フォームの使いやすさは他のサイトにはありません。

また、6ヶ月先までの概算価格を出してくれるサイトはズバットだけです。

ズバット車買取比較の評判へ >

カーセンサー

特徴を流し読み

  • 連絡方法や時間帯を指定できる
  • 大手じゃない業者が見つかりやすい
  • アピール入力欄で査定アップが見込める

カーセンサーは、依頼した時の連絡方法や時間帯をあらかじめ指定できます

メールで連絡をもらうことができる(裏技)のはカーセンサーだけです。

他サイトでは出てこない業者も見つかりやすいことも嬉しい点です。

入力欄に装備やオプションのアピール項目があるので、査定アップも期待できます!

カーセンサーの評判へ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
リョウヘイ

リョウヘイ

元自動車ディーラーの営業をしており、中古自動車査定士の有資格者です。元査定士ならではの業界の裏話を中心に中古車に関するお得情報とコラムを発信していきます。 詳しいプロフィール

-中古車査定の基礎

Copyright© 中古車査定まるわかり , 2018 All Rights Reserved.