中古車の色と査定価格の関係

査定の基礎

中古車は色によって査定価格が変わることを知っておこう

投稿日:2016年7月15日 更新日:

中古車の査定において、車の色で査定価格が変わるのをご存知ですか?

新車で買う時に後々の査定の時の再販価値を考えて車の色を選ぶ人もなかなかいないのではないかと思います。

やっぱり乗りたい色に乗るのが一番ですからね。

しかし、現実問題中古車市場には人気のある色とそうでない色があることを覚えておかなければなりません。

今回は中古車の査定において『車体色』による査定価格の差について詳しく解説していきたいと思います。

買取で人気のあるボディーカラーと色による加点・減点の関係

中古車の査定では、車体色によって値段に差が出ることは先に説明した通りなのですが、車種によって人気のある色があるので、全ての車種でこの色が高いと言うことは断言はできません。

しかし、必ずプラスになる色はあります。どの車種においても共通する色と査定価格の関係は下記の通りになります。

  • 黒系・白、パール系 → プラス査定で値段は上がる
  • シルバー系 → 加点減点なし(±0円)
  • その他の色 → マイナス査定で値段は下がる

中古車市場で査定価格にプラスされる車の色は、黒系・白系の2色です。黒・白ともにソリッド(単色ツヤ無し真っ黒)やパール(きらきらのラメが入っている色)問わず価格は上がります。

黒と白がなぜ人気があるのか?

それは、無難な色で年齢を問わず誰もに好かれる色だからです。

中古車市場では、無難なものが万人受けします。そして万人受けしないものはマイナス要素となって、減点対象となってしまいます。コテコテのドレスアップ車が一般的に万人受けしないことが物語っていると思います。

ドレスアップ車が査定であまり優遇されないことについては、『改造車の査定価格は安い?その理由と高く売るコツ』で詳しく解説していますので参考にしてみてください。

老若男女問わずよく乗られる色が黒系と白系なんですね。

買取業者によって色の加点・減点の基準は違うのか?

では、色による査定価格の加点や減点は買取業者によって値段の差があるのか?についてですが、基本的にはどの業者へ査定に出しても値段は変わりません。

中古車の査定基準は、JAAI(一般財団法人日本自動車査定協会)が統一して定めているため、ガリバーであってもユーポスであってもアップルでも査定の基準は同じです。

それぞれの業者によって流通の仕組みや販売ルートに違いがあるため、査定価格は変わってきますが、色による加点や減点の基準は統一されています。

シルバー系の中古車の特徴

シルバー系は、さらに無難な色です。洗車せずともそんなに汚れは目立たない、傷がついてもコンパウンドでガシガシ磨いても塗装も強いなどメリットだらけの色ですが、シルバー系は基本的に査定では良くも悪くも±0円になります。

ずばぬけて人気があるわけでもないが、人気がないわけでもない…という不思議な位置にいるのがこのシルバー系です。

やはり市場の需要で見てみると、黒・白系は老若男女問わず人気があるとすれば、このシルバー系はどちらかというと年配の方が好んで乗られるイメージが強いです。

たまに若者も乗っているところをみますが、私の知り合いも含めて車にはあまり興味のない方がシルバー系を選ぶような印象があります。

あまり車に詳しくない人が乗っているということから、場合によっては乗りっぱなしで乗られた車に当たってしまうこともあり得ます。

中古車を買う時は、黒・白系の車に比べて車のメンテナンスが行き届いているかも心配な点になってくるので、購入時は記録簿などの内容もチェックするようにしましょう。

中古車売却時に査定価格が下がる車の色もある

では逆に売却時に査定価格が安くなってしまう車の色って何色系かご存知ですか?

答えは簡単で、世間一般の人が好んで乗らない色です。赤・黄・青など原色系の色は人気が出にくく、マイナス要素となってしまうことが多いです。

中古車の査定の基準上、黒・白・シルバー系以外の色は基本的にマイナス査定となります。

これは査定協会で決められているため、どの車種でも同じです。3万円~5万円ほどマイナス査定となることがだいたいの相場です。

新車が発売された時にその車のイメージカラーとしてCMで採用される色は、発売後1年くらいは高く売れる傾向にありますが、2年・3年と時間が経つにつれてその価格は下降気味となっていきます。(よくあるのは紫とか青とかですね)

基本的に原色系のビビッドカラーは査定時にマイナスとなることが多いです。

車種によっては人気のないボディーカラーの査定価格が高くなることもある

車種によりますが、原色系のビビッドカラーが高くなる車もあります。

クーペやオープンカーのような車種は、赤や黄色の原色系でも人気があるから、むしろプラスになることもあるぜ。
キザオ
自称プロのキザオくん

黒・白系が高いのは変わりありませんが、走りをイメージした車は、基本的に黒・白系よりも原色系の方が高くなるということもあります。

これは、スポーツカー=赤のようなイメージが世間に浸透しているためですね。需要のある色は必然的に人気もありますし、値段も高くなります。

人気のある色は事故で修理をする場合の金額も高くなるの?

中古車を全塗装している風景

のむさん
車業界ド素人のむさん
黒やパールホワイト系の人気色の車は、事故などで修理をする時に修理金額が高くなるの?

私が昔、ディーラーで営業マンをしていた時にこのような質問を何度かいただいたことがありますが、結論、修理金額は色によって変わりません。

ほとんどの車屋は板金塗装をする設備があり、各メーカーの主要なボディーカラーの塗料などは揃えているため、パールだからと言って修理で塗装する費用に差が出てくるということはありません。

事故で急に入庫してくる車に『この色は塗料がないので、修理できません!』なんて言われることまずないですよね。

塗装費用で値段に差が出るのは、メーカーの新車の塗装工程のみです。

パールホワイトは新車購入時、どのメーカーでもだいたい3万円プラスの値段となっていますが、あれは塗料が3層以上になっており、他の車体色と比べて塗る工程が多く、塗装が分厚いため値段が高くなるのです。

一度塗装された車には、塗料が浸透しているので、全部色をはがして再塗装しない限りは塗装価格は基本的にはどの色でも同じなんです。

全塗装した場合の査定価格は上がらないので注意が必要

ここで疑問がわいた人もいるのではないかと思います。

購入後、別の色に塗り替えた場合はどうなるのか?

答えは簡単で、査定価格は上がりません。上がるどころかむしろ塗装の状態によっては査定価格は下がります

純正色に合わせた色を塗っていても、メーカーの工場で塗られた塗装と車屋などの板金工場で塗られた塗装には決定的な違いがあり、塗装の質がまったく違います。

メーカーの工場で塗装する場合は、簡単に言えば黒なら黒の大きなプールみたい施設があって、そこに未塗装の車をドボンとつけて塗装されます。反対に車屋で後から塗装する時は、パテと呼ばれる筆のようなものとスプレーで吹き付け塗装を行います。

塗装ののり方や浸透具合が明らかに違うことがわかりますよね。

私も実際にメーカーへ見学へ行って見たことがありますが、ものすごい迫力でした。さすがに後から塗装した場合とは比べ物になりません。

全塗装された車は、塗装をはがしているため、もともとの塗装色と比べると塗膜も弱く、ザラザラするなど再販する上ではメリットはないのが現実です。

個人でドレスアップなどの用途で全塗装するなら話は別ですが、残念ながら普通に車を売る時は良い影響はありません。

人気のない色の中古車を高く売る方法は、『一括査定サイトで比較』が簡単

赤や青、黄色などの原色系のボディーカラーは黒や白と比べると人気がなく、査定価格も安くなりやすいとお話しました。

ただ、いろんな買取業者で査定することで、それぞれの業者の強みが出てくるので、あなたの車を欲しがる業者が見つかる可能性が出てきます。

普通に1つの業者へ査定を依頼しても、正直納得できる金額は提示してもらえません。

3社くらいに依頼しておくと、それぞれの業者によって査定価格の提示もバラつきが出てきますし、この車種に強い、今商談中でこの色が欲しいといった業者と出会える確率も上がります。

一括査定サイトを利用すれば、一度の入力で複数の買取業者へ査定の依頼ができるのでおすすめです。

とは言え、一括査定サイトもたくさんあるので、『元査定士が選ぶ!中古車一括査定サイトのランキング』でそれぞれのサイトの特徴や強みを紹介しています。一度チェックしてみて下さいね。

【まとめ】中古車の色と査定価格への影響

中古車の再販価値(リセールバリューとも言います)が高い車の色は、基本的には黒・白系が高くなります。

ただ、黒・白系が高くなるからと言って車を買う時にその色に決めつけてしまうのも勿体ないです。中古車として査定する時に色で減額される金額はせいぜい3万~5万円程度です。

へこみや傷などと比べると、たいした減額ではありませんよね。

私個人の意見ですが、やはり自分の好きな色の車に乗ることが一番大切だと思います。

車は購入して5年~10年は共に過ごしていく一種のパートナーのようなものですからね。車の色は後から変えることはできないので、中古車や新車への乗り換えの際は、慎重に選ぶようにしましょう。

車を高く売る方法の見出し

新車でも中古車でも乗り換える時は少しでも高く売って、頭金に変えたいですよね。

そのためにも今乗っている車を査定する時は、最低でも2~3社くらいの買取業者へ査定を依頼するようにしましょう

そうすることで、あなたの車の妥当な査定価格が自然とわかります。1社だけの査定だとプロでもその査定価格が適正な金額か見抜くことは難しいものです。

がむしゃらにもっと値段上げてくださいと営業マンに言っても、正直なかなか相手にしてもらえず流されてしまいます。目標金額を事前に決めるためにも相場価格の把握は必須というわけです。

何社も買取業者をまわって査定をしてもらうのは正直体力的にも時間的にも効率が悪いものです。そこで、簡単に複数の買取業者へ査定を依頼できるのが、今はやりの一括査定です。

一括査定サイトも結構な数があってどれを選んだらいいのかわからない人が多いと思ったので、中でも有名な6社の違いを比較・ランキングを作成してみました。

一括査定サイトの比較・ランキング

一括査定サイトの違いを比較

一括査定サイトの比較

一括査定サイトどこがいいの?

一括査定サイトのランキング

買取業者の口コミ・評判

アドセンス記事下2個

スポンサーリンク




アドセンス記事下2個

スポンサーリンク




  • この記事を書いた人
  • 最新記事
リョウヘイ

リョウヘイ

元自動車ディーラーの営業をしており、中古自動車査定士の有資格者です。元査定士ならではの業界の裏話を中心に中古車に関するお得情報とコラムを発信していきます。
詳しいプロフィール

-査定の基礎

Copyright© 中古車査定まるわかり , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.