車買取で失敗しないためのお役立ち情報

中古車査定まるわかり




要注意!改造車の査定時の注意点|純正部品と査定価格の関係

投稿日:2016年7月21日 更新日:

車を買ったら、自分の好きなようにカスタムしたりして改造してみたくなりますよね。

ノーマルのままで乗ることが後の査定のことを考えると一番良いのですが、私のようなカスタム好きには無理です。(笑)

改造することは個性があっていいことだと思うのですが、基本的に自己満足の世界なんです。

アルミホイールに25万、社外エアロに18万、車高調に12万、マフラーに6万・・・

などなど挙げていくときりはないのですが、車の改造には1つの部品が結構高くなりがちで、かなりの金額をつぎこんでしまうことが多いです。

実際に改造車は中古車査定では、ノーマル車と比べると査定価格は安くなります。その理由も合わせて改造車と査定の関係を解説します。


スポンサーリンク

中古車査定における純正部品の価値

純正部品=新車で買う時にはじめからついているものです。

ドレスアップや改造していた方限定のお話になりますが、個性を出すためにカスタムして車を乗っていた人は、純正部品がちゃんと残っているかを確認しておいた方がいいのです。

中古車査定の時に純正部品がないのは、場合によってはマイナス査定になります。

場合によってはと言うのは、社外品で改造しまくった車ですね。

インチアップしたアルミホイールをつけて、車高調でローダウン、社外エアロをつけてハンドルを変えて・・などなど、挙げればキリはないですが、ドレスアップ車を査定に出すときは実は純正に戻す方が値段が上がりやすいんです。

エアロやホイール等の査定価格のプラスの基準はほぼ純正品での値段になっていることが多いぜ。
自称プロのキザオくん
なる場合もあるけど、よほど高いものをつけてる場合は外して別で売った方がいいな。
自称プロのキザオくん

カスタム箇所が多い人ほど、純正部品があるかどうかはちゃんと探しておくようにしましょう。

純正部品が査定で高い理由

ここでは1番わかりやすくてメジャーなエアロパーツについて解説します。

みなさん純正エアロってよく聞く名前だと思いますが、社外品のエアロと比べると、まぁ値段が高いんです。

パッと見もそんなインパクトはなく、個性を出したい人には不向きかもしれません。

ドレスアップ車好きは、あまり買うことがないかもしれません。(私も過去にドレスアップ車に乗っていました)

しかし、純正エアロが万人に人気があるのはその作り込みにあります。

一般的に社外エアロは主に素材がFRPといって、加工しやすく補修がしやすい素材を使っていることが多いですが、純正エアロは劣化や破損しにくいABS樹脂やウレタンという素材をメインで使っていることが多いです。

簡単に言うと、社外エアロは割れやすく壊れやすい。ただ、見た目のインパクトはあります。

一方、純正エアロは壊れにくく頑丈。見た目のインパクトには欠けるが、メーカー品なので、フィッティングは完璧です。

売れる=万人にうける

これがどの業界でも鉄則で、純正部品はこの基準をうまくクリアしてるわけですね。

ドレスアッパーには悲しいですが、いくら自分が好きでいいと思って売り出しても、興味をもってくれないと売れないんです。



改造車は中古車査定ではプラス査定にはならない

改造車は中古車の査定では、プラス査定どころかマイナス査定となってしまうことがほとんどです。

あなたのしていた改造を求めている人がうまく見つかれば、結果としてプラス査定にはなり得ますが、何十万・何百万人の中からその要望を持っている人を探し出すことは至難の業です。

改造費100万というアピールをしても、通常の業者での買取はなかなかいい価格を提示してもらえることはありません。

ただ、改造車でも純正品で改造している場合はプラス査定になることもあります

改造車がマイナス査定となってしまうパターン

一方で改造車がマイナス査定になってしまうこともあります。

改造車は普通では外さない箇所のビスやネジなどを外すことがあります。

例えば、エアロパーツでバンパータイプのものに交換したとします。

この時、バンパーを外すのに数カ所ネジを外しますが、査定士からするとネジの外した跡がもしかすると修理した跡ではないか?と怪しまれてしまいます。

事故歴や修復歴として怪しまれてしまい、査定士によっては事故歴ありと間違った査定をされる危険もあります。

修復歴車と判断されてしまうかどうかの基準については、『中古車の査定価格が大きく変わる事故車と修復歴車の違いとは?』で詳しく解説しています。

改造車を通常の買取業者で査定してもらう時は、査定前に事前申告しておくとこのようなミスは防げます。

ノーマル車の買取相場と比べると、どれくらい下がる?

先程も書きましたが、改造しているからと言って100%査定価格が下がるというわけではありません。

度が過ぎた改造車は査定価格が安くなってしまうだけなんです。

度が過ぎたってどれくらい?

  • フェンダーのツメを折っている
  • 踏切をまっすぐ走れないくらい車高が低い
  • マフラーが変わっている
  • 全てのパーツが社外品製のもの

ざっくり挙げたのでまだまだ他にもありますが、一例として挙げるとこんな感じです。

要は結構ガチでカスタムしてる車ってことですね。たぶん普通の方はここまでしないと思います。

もちろん車種によって査定価格は変わってくるので、断言はできませんが、私の経験上だいたいの目安としてノーマル車と比べると、10万~15万円近くは査定価格は安くなります

査定上、減点があるというわけではなく、中古車の流通市場の相場価格を踏まえて査定価格を算出する時に値段が低めになってしまうんです。

そのため後述する専門業者が見つかれば、うまく高く売ることができるようになります。

【高く売る方法①】純正戻しで高く売る

改造車でなくしてしまい、純正(=元の状態)に戻してしまうことです。

いわゆる買った状態ですね。

パソコンでも売るときは必ず初期化してから売ります。パソコンの場合は、初期化が義務付けられていることの方が多いですが。

エアロパーツやアルミホイールなど、改造パーツを元に戻してから売ると、改造車の状態より査定価格は上がります

ただ、車高調など脱着を業者に頼むと工賃をとられる場合もあるので、工賃がかかりすぎる場合は次に解説する専門業者へ査定を依頼しましょう。

【高く売る方法②】カスタム車を販売しているお店へ売る

改造車の査定で高く売るためには、できる限り改造車に理解のある買取業者を選ぶことが一番重要です。

新車ディーラーやガリバーなどの一般的なお店では、改造車は敬遠されがちなので、改造車を販売していたり取り扱っている専門業者で査定してもらうと査定価格は高くなりやすいです。

車の改造を主にやっているドレスアップの専門業者があります。

基本的に個人経営のお店が多く、チェーン店として大々的に展開しているお店はそうないと思います。

専門業者であれば、通常の買取業者とは違い、改造車の販売ルートを持っていることも多いので、値段も高くつきやすいです。

また、お店にもよりますがパーツを単体で買取してくれる業者もあるので、エアサスやアルミホイールなど高価な部品を売りたい時に重宝します。

改造車の査定時の問題点|専門のお店の情報が少ない

一般的な買取業者と比べると、カスタム車専門のお店は少なく、お住いの地域によってはないということもあります。

ネット査定で依頼しても正直なかなかピックアップされることが少ないので、ネット査定の利用時も住所を入れても依頼先に出てこないことが多いです。

もしあなたが一括査定サイトを使って改造車の査定を検討中なら、カーセンサーかグー買取の利用をおすすめします。

2つとも中古車情報誌で有名なサイトなので、提携している業者の数も他の一括査定サイトと比べるとかなり多く、一括査定の依頼時も自分で査定先を検索して依頼することができます。

※カーセンサーは依頼画面の下へ行くと、地図から業者を探すことができます。

ノーマル車と違って、改造車は査定価格の変動や値下がりの影響を受けやすいので、査定を依頼する業者は多い方がいいです。

ノーマル車であれば2社くらいでも問題はありませんが、改造車なら普通の業者2社・専門業者2社くらい依頼できると査定価格のばらつきを見ることができるのでおすすめです。

カーセンサーなら500社以上の提携業者と提携していますし、マニアックな業者も見つかりやすいです。

グー買取は自分で依頼先へ個別に依頼することができるのでカーセンサーで見つからなかった場合は利用してみてもいいですね。

改造車と中古車査定の関係【まとめ】

改造車は自己満足だけでなく、買取時にもいろいろと厄介な問題と隣り合わせとなってしまうことがあります。

少し改造しているよくらいであれば、純正に戻してしまって、買取を依頼する方がいいですが、もしコテコテに改造してしまっているなら、カスタム車の専門業者へ依頼する方が効率は良いですね。

改造車の査定でバンパーやドアパネルなどを交換している場合は、誤解を招かないように事前申告することが大切です。

車高を下げるためにリアフェンダーの内部のツメを折るカスタムがあります(フェンダーのツメ折り)が、これを通常の買取業者で査定すると、査定額は大幅に下がってしまうので注意が必要です。

フェンダーのツメ折りをノーマル状態に戻すにはフェンダー交換や板金などかなり大がかりな作業をする必要があり、場合によっては事故車として扱われてしまいます。

改造車は万人に受けるわけではないので、売りに出す時にはいろいろと手間がかかってしまいます。

改造車を査定する場合は、ノーマル車とは依頼する場所を変えるなど一工夫することで通常より高く売れるようになるので、業者探しが大切です。

関連コンテンツ一覧



すぐわかる一括査定のランキング

車の一括査定サイトを主要7社の中から、使いやすさと評判の良さからランキングにしました。

手っ取り早く上位3位までをご紹介。

一括査定サイトのや使い方や比較を知りたい方は、こちらの記事からご覧ください。

参考記事一括査定サイトの使い方と比較

かんたん車査定ガイド

特徴を流し読み

  • 入力欄はたった9個だけ
  • 依頼した時点で概算価格がわかる
  • 優良業者しか提携していない
  • 車種選択画面が広く使いやすい
  • 人気車種からも選べる

かんたん車査定ガイドは提携業者が49社と一番少ないですが、提携業者全てがJADRI(日本自動車流通研究会)に加盟している優良業者のみです。

対応の悪い業者はいないので、強引な営業を受けることはありません。

かんたん車査定ガイドの評判へ >

ズバット車買取比較

特徴を流し読み

  • 75万台から計算した概算価格
  • 6ヶ月先までの相場価格がわかる
  • 1分あれば依頼できるかんたんさ
  • カーソルを動かすことなく入力できる

カーソルをほぼ動かすことなく入力できる依頼フォームの使いやすさは他のサイトにはありません。

また、6ヶ月先までの概算価格を出してくれるサイトはズバットだけです。

ズバット車買取比較の評判へ >

カーセンサー

特徴を流し読み

  • 連絡方法や時間帯を指定できる
  • 大手じゃない業者が見つかりやすい
  • アピール入力欄で査定アップが見込める

カーセンサーは、依頼した時の連絡方法や時間帯をあらかじめ指定できます

メールで連絡をもらうことができる(裏技)のはカーセンサーだけです。

他サイトでは出てこない業者も見つかりやすいことも嬉しい点です。

入力欄に装備やオプションのアピール項目があるので、査定アップも期待できます!

カーセンサーの評判へ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
リョウヘイ

リョウヘイ

元自動車ディーラーの営業をしており、中古自動車査定士の有資格者です。元査定士ならではの業界の裏話を中心に中古車に関するお得情報とコラムを発信していきます。 詳しいプロフィール

-車を売る, 車を売る(査定のコツ)

Copyright© 中古車査定まるわかり , 2018 All Rights Reserved.