車買取で失敗しないためのお役立ち情報

中古車査定まるわかり

初めて買う車の選び方



初めて車を買うなら中古車がおすすめ|予算に合った車の選び方

投稿日:2016年6月9日 更新日:

僕は免許を取ってからもう20年近く経ちますが、今まで新車に乗ったことがあるのは1回だけです。

中古車は安く乗り換えできて、小傷などに神経質にならないのがいいところです。

まして、最初に買う車となればなおさらで、免許取り立ての時などは自分では大丈夫と思っていても、結構ぶつけてしまったりするものです。

今回は中古車ばかり乗り継いできた僕が、女性でも乗れる最初に買う車の予算や車種、選び方を自分の昔の体験を交えながら解説します。

 

今すぐ中古車探しをしたい方はこちら

中古車の賢い探し方の見出しへとびます

 


スポンサーリンク

最初に買う車の予算はいくらくらい?

最初に買う車の値段はいくらくらい?

最初に買う車の値段はいくらくらい?

初めて車を買うのに、一体いくらの車を選べばいいのか迷ってしまいますよね。

中古車で考えるなら、ローンは金利が高くなるので、ローンは組まずにできるだけ現金で支払う方がさらに安く買うことができます。

 

予算は人によって変わってきますが、目安としては100万円で考えると後々の維持費のことを考えてもやりくりがしやすくなります

 

頭金が足りない場合は、働いて待つのもありですが、親にお金を借りるのが金利もかからず一番安い方法です。

同じエスティマを買うのでも、年式によって80万で買える車もあれば200万を超える車もあります。

年式・走行距離・色・グレードなどを変えて探せば、予算内におさまる車を選べるところも中古車のいいところです。

 

【安く買う】初めての中古車選びを成功させる3つのコツ

少しでも安く中古車を買うためのテクニック

ここで中古車をより安くお得に買う方法をご紹介します。

中古車選びは新車と違って、同じ状態の車はほぼ見つからないので探し方や選び方によって見つかる車の良し悪しは大きく変わってきます。

 

そのため、選ぶ車の条件を変えるだけで値段が全然違ってくるということもよくある話です。

 

初めて買う車をできるだけ安く買うために意識しておきたいことを解説します。

 

ブレないように購入時の予算を決める

新車と違って選べる車種の選択肢も多い中古車探しでは、購入する時の予算をある程度決めておくことが大切です。

予算が決まっていないと、まず車種を決めるところでかなりの時間がかかってしまい、目移りしてなかなか車種すら決められないこともあります。

 

管理人
ざっくりでもいいので、予算を決めておくと中古車探しも早くなります。

 

だいたいの予算を決めておくことで、選ぶ車種も絞り込むことができますし、車選びで迷う時間を減らすことにもつながります。

 

人気の色やグレードをあえて避ける

中古車でも車の色やグレードによって、値段は大きく変わってきます。

車体色でも車種によって値段差はあるものの、色で相場の値段は大きく変わってくるので人気の色をあえてはずして探してみると、値段もグッと安く抑えることができます。

 

  • 白・黒系は、値段は高め
  • シルバー系は平均的
  • 派手目な色(青・赤・黄)は安い

 

一般的にはこのような感じですが、車種によってはこの通りでないこともあります。

例えば、スポーツカーであれば派手目な色の方が需要は高いので値段は高めになりますし、普通なら下がるパステルカラー系もマーチや軽自動車など女性が多く乗る車だと値段は高めになります。

 

グレードに関しても同様で、特定のグレードで値段が変わることもよくあり、サンルーフなどのオプションやインテリアの色でも値段が違ってきます。

人気の高い色やグレードを避けるだけで同じ車を買うのでも、購入費を抑えることができます。

関連記事
中古車の色と査定価格の関係
中古車は色だけで査定価格がグンと良くなる|査定と色の関係

中古車の査定において、車の色で査定価格が変わるのをご存知ですか? 新車で買う時に後々の査定の時の再販価値を考えて車の色を選ぶ人もなかなかいないのではないかと思います。 やっぱり乗りたい色に乗るのが一番 ...

続きを見る

 

走行距離は5万kmまで広げて探す

中古車市場の中でも値段が高い車は低走行車がほどんどで、走行距離が1万km〜3万kmくらいの状態はまだまだ値落ちも少なく、中古車としても人気があり競争率も高いです。

そのため、相場の値段もなかなか下がらず決してコスパがいいとは言えません。

 

同じ車種でも5万km近くの車に絞り込んで探すだけで、値段はグンと下がり安く買うことができるようになります。

 

5万kmでもまだまだ現役で走ることはできるので、1年に1万kmくらいしか乗らないのであれば5年以上は乗ることもできます。

車の故障が出る時期でもなく、実はお得に買える状態が5万kmの中古車のいい点です。

関連記事
中古車の走行距離の査定評価と減点について
車の査定で走行距離の減点基準は厳しい!|どうせ下がるなら多少乗っていた方が逆にお得!

車の査定をするときに値段が大きく変わるポイントとして、走行距離がよく取り上げられています。 確かに走行距離が多ければ、その分査定価格から減点されてしまいます。 しかし、ちゃんと調べてみると走行距離の減 ...

続きを見る

 



初めての車選びは中古車がおすすめな3つの理由

初めて買う車は新車よりも中古車の方がいい

初めて買う車は新車よりも中古車の方がいい

僕の昔の経験からも、初めて車を買う時は新車よりも中古車を選ぶ方がベターです。

なぜなら、初めて乗る車で一番不安なことは、ぶつけてしまうかもしれないという可能性があるためです。

どれだけ免許センターでうまく乗れていても、実際の道路で走ったらやっぱりぶつけてしまうことって少なからずあります。

 

管理人
僕自身も免許センターで一度もぶつけたり、脱輪したことはありませんでしたが、それでも免許を取ってから数回ぶつけた苦い経験があります。

 

新車を買ってぶつけた時のショックってもう半端ないです。

今でも妻に買った新車をぶつけられるか毎日ヒヤヒヤしています。

免許を取って何年も経っていてもこんな不安があるくらいなので、免許を取り立てやペーパードライバーの方になればなおさらそのリスクは高いことがお分かりいただけるかと思います。

 

初めての車は運転の練習と割り切って買うことが長い目で見ても理想的で、その条件を満たすのが中古車です。

僕が考える初めて買う車に中古車がおすすめな理由を3つ紹介します。

 

免許を取り立て・ペーパードライバーで運転に不慣れ

免許をとったばかりや免許は持っているけど、乗っていないペーパードライバーはまず車の運転に慣れることが大切です。

いきなり最初に新車でいい車を買っても、こすったりぶつけたらイタイですよね。

 

管理人
実はペーパードライバーの人の方が免許を取ったばかりの人よりも運転には不慣れなものです。

 

中古車であっても練習でそこらじゅうに当たりまくっていては意味がありませんが、新車を買って当たりまくるよりはずいぶんと心の傷も少なくてすみます

車はボディサイズに慣れるまでが一番危険で、乗り始めの時期がぶつけやすくなります。

 

キズやへこみに神経質にならない

新車は無傷でピカピカの状態で納車されてくるので、ちょっと傷がついただけでも目立つので神経質になってしまいがちです。

新車の小傷は洗車するだけでもつきますし、ちょっとカバンが当たっただけでも傷になってしまうこともあります。

 

その点、中古車であればもとからある程度の小傷もある状態から乗っているので、多少の傷でもそれほど神経質にはならなくてすみます

 

キズが増えてきたら、精神的にもショックですし、自分の運転が下手なのかなと運転に自信を持てなくなってしまうこともあります。

中古車の傷と査定価格の関係
中古車査定の鉄則!ボディーについた傷はあえて直さない方がいい理由

中古車を査定する時に車についた傷はどうすればいいか?という質問はよくありますが、皆さんは査定前に傷直していますか? コンパウンドを買ってきて、がんばって磨きをかけても査定の時に変化があるかというと実は ...

続きを見る

 

新車では買えない車にも乗れる

新車で買う値段と同じ値段を出せば、ワンランク以上も上の車に乗ることができることも中古車だけの特権です。

例えばあなたがミニバンの購入を考えているとしましょう。

新車であれば、カローラフィールダーが予算内におさまっているとして、中古車で同じくらいの予算があればノアやヴォクシー、エスティマくらいまでは買うことができるわけです。

 

管理人
新車だと買えない車でも、中古車で色や走行距離などを調整して探せば乗れないと思っていた車に乗ることもできます。

 

同じ5ナンバーサイズの維持費で室内も広く排気量も大きいノアやヴォクシーが乗れるなら中古車もありって思いませんか?

多少年式は古くなりますが、見劣りすることはまずありませんし、何よりワンランク上の車を手にすることができるのは中古車だけです。

 

手間なく程度のいい中古車を見つける方法

ガリバーの非公開車両を探してもらえるズバット車販売

ズバット車販売の公式サイトへ

【無料】ズバット車販売を試してみる

中古車は、1台1台違うので全く同じ車は存在しません。

その代わり、あなたにぴったりの条件の車が見つかる可能性もありますが、カーセンサーなどのネットに載っている中古車情報はごく一部です。

オークション内で取引されていたり、中古車として販売に出される前の車は僕たち素人では見つけることができません。

 

そこで、おすすめなのが中古車最大手のガリバーと提携しているズバット車販売です。

ズバットは、ガリバーが市場に出す前の非公開車両の中から担当者があなたの条件に合う中古車を探してくれるサービスです。

中古車を探すのにクルマ屋さんをまわって、1台1台確認してまわるのが一番いいですが、いざクルマ屋さんに行ってもいい車が見つからないこともありますよね。

 

せっかく行ったのに収穫なしで帰ってくるのは時間ももったいないです。

ズバット車販売なら、ネット上から車の条件をざっくり指定して送信しておけば、ガリバーの担当者が中古車を探してくれて条件に合う車があったら連絡をくれます。

連絡が来てから車を見に行けば、ムダな時間を過ごすこともありません。

数分あれば申し込みできて、しかも無料で使えるのでぜひ試してみてください。

 

 

【2018年版】女性にもおすすめ!初めて買う車6選

2018年現在で、中古車市場で値落ちが大きくお得に買うことができる中古車を厳選して6つご紹介します。

中古車市場の相場データに関しては、カービューの中古車情報を参考にしているので信ぴょう性は高いのでご安心ください。

カービューの中古車情報

 

ホンダ N-WGN Custom

ホンダ N-WGN Custom

燃費(現行)新車価格中古車相場中古車平均走行距離
29.4km/L1,380,000円111.4万円16,438km
ホンダN-WGNの中古車相場推移

ホンダN-WGNの中古車相場推移

  • 低走行車が多い
  • Lパッケージなど上級グレードが多い
  • 未使用車も狙い目

N-WGNはノーマルグレードよりもカスタムグレードが狙い目です。

ノーマルグレードの方がもちろん安く買うことはできますが、中古車ならカスタムグレードになってもそれほど値段が上がるというわけでもないためです。

全体的に中古車の走行距離が少なめなのは、未使用車の割合も多いせいで登録だけして実際に走っていない車もお得に買えます。

 

ダイハツ タント

ダイハツタント2013年フルモデルチェンジ

燃費(現行)新車価格中古車相場中古車平均走行距離
28.0km/L1,355,400円81.9万円51,345km

ダイハツタントの中古車相場推移

  • カスタムよりノーマルグレードが狙い目
  • 2013年〜2014年が在庫数も多い
  • 3万km以内で状態のいい車が見つかりやすい

タントはカスタムグレードは距離が多いか未使用車で高いかどちらかが多いため、ノーマルグレードの方が安く買えます。

中古車市場を調べると、2013年から2014年前後が一番在庫数も豊富で探しやすい年式と言えます。

走行距離を見ても平均距離は5万kmくらいですが、実際の流通在庫は3万km未満の中古車が多いので状態のいい中古車が見つかる可能性は高いです。

 

トヨタ プリウス

トヨタプリウス

 

燃費(現行)新車価格中古車相場中古車平均走行距離
40.8km/L2,429,018円129.3万円53,082km

トヨタプリウスの中古車相場推移

  • フルモデルチェンジで値下がり傾向
  • 2012年〜2013年くらいが一番在庫数も豊富
  • 3万kmを超えたあたりから値段は下がる

プリウスは人気が高く、中古車としてもなかなか手が出ないと思いがちですが、相場的には下がり続けており、今が買い時と言ってもいいくらいお得に買える時期です。

年式ではフルモデルチェンジ前の2012年〜2013年式頃が最も在庫も多く、選べる選択肢もあっておすすめです。

2万km以内の低走行車は200万円を超える車が多いですが、3万kmを超えたあたりから相場価格も下がるので、値段も安く質のいい中古車を選ぶなら、3〜4万kmがベストです。

 

トヨタ エスティマ

トヨタエスティマ

 

燃費(現行)新車価格中古車相場中古車平均走行距離
11.4km/L3,312,655円107.0万円75,167km

トヨタエスティマの中古車相場推移

  • 低走行車は少ない
  • 2009年〜2011年の在庫が多く狙い目
  • 他走行車は避けて、5万kmくらいをターゲットにする

エスティマは言わずと知れたファミリーカーで、中古車市場全体的に見て長く乗った車が多い印象です。

友達と出かけたり、スノボやアウトドアにも使い勝手がいいのでおすすめな車です。

 

人気も高いので、走行距離が少なく年式も新しい中古車はそれほど在庫がなく、あっても値段が高いのであまりおすすめはできません。

10年落ち10万km以上の中古車が多いですが、そこは避けて2009年〜2011年式くらいで走行距離4〜5万kmの中古車が一番状態も良く、お得に買えるのでそこを狙いましょう

 

2010年式でもまだまだ現役で良く走っているので、パッと見が古くてダサいということもありません。

軽自動車と違って、未使用車は少ないので5年落ちくらいから探し始めると、安く買うことができます。

 

レクサス CT

レクサスCT200h

燃費(現行)新車価格中古車相場中古車平均走行距離
26.6km/L3,770,000円199.1万円49,039km
レクサスCTの中古車相場推移

レクサスCTの中古車相場推移

  • レクサスの中では一番安く買える車種
  • 2011年〜2012年式が在庫も豊富になってきた
  • 5万〜6万kmが値落ち幅も大きい

レクサスって聞くとかなりの高級車でとても手が出そうにない車というイメージを持ってしまいがちですが、車種によっては全然射程圏内に入ります。

レクサスのコンパクトカーであるCTは、新車で買うと400万円近くてちょっと手が出ないですが、中古車で6年落ち・走行5万kmで探せば200万円を切る値段で買うことができます。

 

2018年に入ってから徐々に値段も下がってきつつあるので、今まさに狙い目な車です。

初めて買うのにフィットやヴィッツなどのコンパクトカーを考えているなら、中古車でレクサスを乗るというのも1つの選択肢です。

おしゃれに乗れて、燃費も25kmを超えるので実用性も高く、維持費がかからない点も最初の車としてはおすすめできます。

 

日産 セレナ

日産セレナ 2013年MC後

燃費(現行)新車価格中古車相場中古車平均走行距離
15.0km/L2,435,400円134.3万円56,190km

日産セレナの中古車相場推移

  • 購入費を抑えるならガソリン車が安い
  • 2013年式が中古車在庫も豊富
  • 低走行と多走行が多いが、4〜5万kmが一番お得に買える

セレナはファミリーカーとして使われることが多いですが、中古車市場では2万km以内の低走行車と10万km超えの多走行車の2パターンにわかれています。

2万km以内の中古車は未使用車に多く相場も高めなので、安くお得な中古車を探すなら4年落ち以上で4万kmくらいの車を探すとベストです。

エスティマと違って、5ナンバーで維持費が安く抑えられるところも魅力的です。

ファミリーカーで使われることがほとんどなので、使用状態もそれほど悪くなく程度のいい中古車が多いのもセレナのいいところです。

 

\欲しい車を伝えるだけでプロが探してくれる/

条件を言って待つだけ!ズバット車販売を試す

完全無料で使える

 

車選びに迷うなら親の車をもらうのもアリ

家族の車をもらう場合は、少しでも高く売る努力を

初めての車を買う時は必ず自分で買うというわけではありません。

両親や家族が今乗っている車をもらって乗るのが、実は一番安く車を手に入れることができます。

下手に中古車を探すより出所も安心ですし、修理した場所も全て把握できているので中古車としても安全です。

 

親は新しい車に乗り換える理由ができて、子供は高いお金をかけずに車を手に入れることができるのでお互いにとってメリットがあります。

きっかけがあれば乗り換えすることはできますが、親もなかなか乗り換えするタイミングがないものです。

子供に言われれば親も必ず動いてくれますし、自分も乗り換えることができるので喜ぶ人がほとんどです。

 

初めて買う車【まとめ】

初めて買う車はぶつけたりする危険もあるので、新車よりも中古車を選ぶ方がおすすめです。

中古車選びをするときも、条件のいい車欲しさに年式や走行距離を厳しめにしてしまうと、結果としてお手頃な値段で買える車を見つけられなくなってしまいます。

 

ある程度条件を緩くすることで、意外にいい車が見つかることもあります。

今までは担当者に中古車を探してもらうには店舗へ行かないとできませんでしたが、最近はネットから担当者がついてくれて中古車探しをしてもらうことができるようになりました

 

しかも、中古車販売のシェアNo.1のガリバーの非公開車両の中からあなたに合った中古車を調べて提案してくれます。

ズバット車販売 なら、1分足らずで依頼ができるので、中古車探しが不安という方はぜひ試してみてください。

車屋に見にいくのは、車が見つかってからでいいわけですからそれまでは家で待っていればオッケーです。

 

【無料】ズバット車販売を試してみる

ズバット車販売の評判を見る

 

関連コンテンツ一覧



すぐわかる一括査定のランキング

車の一括査定サイトを主要7社の中から、使いやすさと評判の良さからランキングにしました。

手っ取り早く上位3位までをご紹介。

一括査定サイトのや使い方や比較を知りたい方は、こちらの記事からご覧ください。

参考記事一括査定サイトの使い方と比較

かんたん車査定ガイド

特徴を流し読み

  • 入力欄はたった9個だけ
  • 依頼した時点で概算価格がわかる
  • 優良業者しか提携していない
  • 車種選択画面が広く使いやすい
  • 人気車種からも選べる

かんたん車査定ガイドは提携業者が49社と一番少ないですが、提携業者全てがJADRI(日本自動車流通研究会)に加盟している優良業者のみです。

対応の悪い業者はいないので、強引な営業を受けることはありません。

かんたん車査定ガイドの評判へ >

ズバット車買取比較

特徴を流し読み

  • 75万台から計算した概算価格
  • 6ヶ月先までの相場価格がわかる
  • 1分あれば依頼できるかんたんさ
  • カーソルを動かすことなく入力できる

カーソルをほぼ動かすことなく入力できる依頼フォームの使いやすさは他のサイトにはありません。

また、6ヶ月先までの概算価格を出してくれるサイトはズバットだけです。

ズバット車買取比較の評判へ >

カーセンサー

特徴を流し読み

  • 連絡方法や時間帯を指定できる
  • 大手じゃない業者が見つかりやすい
  • アピール入力欄で査定アップが見込める

カーセンサーは、依頼した時の連絡方法や時間帯をあらかじめ指定できます

メールで連絡をもらうことができる(裏技)のはカーセンサーだけです。

他サイトでは出てこない業者も見つかりやすいことも嬉しい点です。

入力欄に装備やオプションのアピール項目があるので、査定アップも期待できます!

カーセンサーの評判へ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
リョウヘイ

リョウヘイ

元自動車ディーラーの営業をしており、中古自動車査定士の有資格者です。元査定士ならではの業界の裏話を中心に中古車に関するお得情報とコラムを発信していきます。 詳しいプロフィール

-車の買い替え
-

Copyright© 中古車査定まるわかり , 2018 All Rights Reserved.