車買取で失敗しないためのお役立ち情報

中古車査定まるわかり

車のガラスのウロコ汚れの掃除方法



車のガラスに激落ちくん?|ウロコを取るための効果的な掃除方法

投稿日:2016年7月31日 更新日:

激落ちくんは何も台所だけに使うものではありません。

強度が高い車のガラスなら、使うことができますし、100円で買えるので常備しておきたいアイテムの1つです。

 

この記事では、車のガラスにつく汚れの種類とガンコなウロコ汚れの取り方や掃除方法を中心に解説します。

ボディーの掃除にもお金がかかるので、せめてガラスくらいはお金をかけずにやりたいですよね。

 

今回はワンコインでできるガラスの掃除のやり方も一緒にご紹介します。


スポンサーリンク

車のガラスにつく3つの汚れ

車のガラスにつく汚れを調査

車のガラスにつく汚れを調査

車のガラスにつく汚れは具体的にどんなものがあるのか調べてみました。

  1. 泥,砂埃によるもの
  2. 雨水によるもの
  3. ピッチ等の油汚れ
  4. 虫の死骸
  5. 鳥の糞
  6. ウォータースポット(ウロコみたいな感じ)

おおよそこれくらいのものかと思います。上から順に下にいけばいくほど、厄介な汚れとなり、とりにくくなります。

泥や雨水などの簡単に落とせる汚れ

泥、砂埃、雨水の汚れは基本的にがんこではないので、簡単にとれます。

 

管理人
この手の汚れはウエットティッシュで拭いてもとれますし、普通にカーシャンプーでも洗車をすればとれます。

 

ワイパーでウォッシャー液をかけて拭き取るだけでもとれる汚れなので、それほど慎重に考える必要もありません。

ただ、洗った時など水分を残してしまうと、後々面倒になってくることがあるので、洗車する時はちゃんと乾拭きするようにしましょう。

油汚れや虫の死骸などがんばったら落とせる汚れ

油汚れや虫の死骸は洗車後に処理する

油汚れや虫の死骸は洗車後に処理する

  • ピッチ・タール等の油汚れ
  • 虫の死骸
  • 鳥のフン

ピッチ等の油汚れは、洗車の時にスポンジで磨いてあげればとれることが多いですが、虫の死骸などの汚れは、カーシャンプーだけでは落ちにくいので、しつこい場合は洗車後にしましょう。

ピッチやタールは新しい道を通った時につきやすいです。

舗装されたばかりのアスファルトはピッチやタールと呼ばれる油分が多いことが原因で、走行時に高速回転したタイヤでその汚れを巻き上げてしまい、ボディーやガラスに付着してしまうというわけです。

 

できる限り新しい道路は通らないことが油汚れ付着を防ぐ手っ取り早い方法です。

虫の死骸も鳥の糞も同じく、洗車で磨いてあげればとれますが、直接拭くのってちょっと気が引けますよね。

 

なので、事前にウェットティッシュなどでおおまかな汚れをとっておくと楽です。

とれなければ、水垢用クリーナーなどを使えばかんたんに落とすことができます。

だいたいの汚れが落ちたらあとは、ウエットティッシュなどで拭き取る→乾いたティッシュで拭く  を繰り返せば汚れは落とせます。

 

洗車だけではとれなければ、拭き終わってから掃除するようにします。

ウォータースポットや水垢など落としにくい汚れ

車のガラスにできるウォータースポット

車のガラスにできるウォータースポット

最後に残ったウォータースポットですが、これが何より厄介な汚れです。

ウォータースポットとは、水滴が日光など熱によってボディーやガラス面に焼き付いてしまうことを言います。

龍のうろこに似たような跡が残ってしまい、水垢が乾燥して焼き付いてしまいます。

 

管理人
黒のボディーで強い日差しで水滴が焼き付いてしまった場合は、最悪の場合キズになってしまうので注意。

 

晴れた日に直射日光の下で洗車をしていると、必ずと言っていいほどなってしまうので、洗車の際は注意が必要です。

ウォータースポットを防ぐ洗車のやり方については、『正しい洗車のやり方』の記事で写真つきで詳しく解説していますので参考になさってください。

関連記事
正しい洗車のやり方を写真つきで解説
【誰でもできる】手洗い洗車の正しい仕方|やり方次第で洗車キズは減らせる

ディーラーでコーティングをかけたからといって、水洗い洗車だけで済ませると洗車キズが増える原因になってしまいます。 車の塗装は僕たちのお肌以上にデリケートにできているので、洗車もやり方次第ではキズをつけ ...

続きを見る

ウロコのような水垢も落とすガラスの掃除方法

ウロコのような水垢汚れも落とす方法

ウロコのような水垢汚れも落とす方法

うろこ上にできた水垢汚れは、とれないんじゃないかと心配になることもありますが、実は簡単に取ることができます。

あの汚れを見たら、特殊なクリーナーやグッズがないととれなさそうなイメージを持ってしまいますよね。

500円以内の出費だけで、あのうろこ汚れを落とす方法をご紹介します。

タオルとセーヌ皮を用意する

まず、セーヌ皮(ボディーの水分を拭き取るクロス)を用意します。お金がかかるものはこれだけです。

500円ワンコインでおさまる値段で買うことができます。

 

管理人
必要なものは、セーヌ皮と乾いたきれいなタオルがあればオッケーです。

 

  1. セーヌ皮を濡らして水分を多めに残して絞る
  2. セーヌ皮でガラスに水をつける
  3. 水がついた状態のまま乾いたタオルでゴシゴシ
  4. 取れるまで繰り返す

 

管理人
コツは、水分がついた状態のままで乾いたタオルで拭くことです。

 

ガラスに水がついている状態で、乾いてしまう前に乾いたタオルでウォータースポットをゴシゴシ拭いてください。

とにかく力を入れて拭き取るように意識します。

 

家の窓ガラスなんかを拭く時に息をかけて拭いたりしますよね?例えるならあの感じです。

拭ききってもとれない場合は、同じ工程を繰り返すことで徐々にとれてくると思います。

乾拭き用のタオルは、ボディーを拭くときは違い、繊維の荒い安物のタオルで十分です

水分が乾く前に拭きあげる

水分なしでカラカラの状態では、汚れはとれません。

磨く力をより強くするために、あえて水分を含ませて水を研磨剤のように使うことで、汚れは落ちやすくなります。

 

水分をつけて、乾ききる前にゴシゴシ磨くようにしましょう。

 

何回かやっていれば、だんだん薄くなってくるはずですが、それでも取れない場合は次に紹介するやり方も合わせて試してみてください。



メラミンスポンジとクエン酸でさらに効率アップ

メラミンスポンジとクエン酸を使ってさらに効率アップ

メラミンスポンジとクエン酸を使ってさらに効率アップ

なかなか取れない汚れには、メラミンスポンジ(激落ちくん)とクエン酸の併用がおすすめです。

ボディーではなく、ガラスはかなり強い材質でできているため、ゴシゴシ磨いても全然問題ありません。

 

メラミンスポンジ(激落ちくん)

100均でも売っているメラミンスポンジの激落ちくん。

 

汚れを研磨して落とすというもので、これが水垢系の汚れにはかなり効果的です。

 

台所の人工大理石など使う場所によっては、色落ち等もありますが、車の窓ガラスは強いので何の問題もありません。

水を含ませてゴシゴシと磨きましょう。

クエン酸

台所や家の掃除でよく登場するのがクエン酸。

クエン酸には酢の成分が含まれており、水垢を落とすにはもってこいです。

車の窓ガラスでも使用は問題ありません。

 

管理人
液体よりも粉末タイプの方が効果が強いので、粉末がおすすめです。

 

窓ガラスにつけてタオルでゴシゴシ拭いてあげましょう。

ガラコを使うと油膜になることもあるので注意

ガラコを使うと油膜になってしまうこともある

ガラコを使うと油膜になってしまうこともある

撥水コーティング剤を使っていると、逆にガラス面に油膜ができてしまうことがあります。

よくオートバックスなどでも見かける撥水剤のガラコですが、少し注意が必要です。

 

窓ガラスにぬりぬりするだけで、撥水コーティングができてしまうという便利なケミカルなんですが、使用する状態によっては油膜ができてしまうことがあります。

 

僕は昔、ガラコを塗ってから徐々に油膜がつきやすくなってしまい、撥水加工が落ちてくると同時にギラギラの油膜まみれになって死にかけた痛い思い出があります。

 

それ以来怖くなって使っていませんが、安物の撥水コーティング剤はこのようなデメリットもあるので使用は注意してください。

ワイパーブレードを撥水用のものに交換するのであれば、直接的に窓ガラスには影響はないので問題ないかと思います。

日常的なガラスのおすすめ掃除方法

日常からガラスの汚れをこまめに落としておく

日常からガラスの汚れをこまめに落としておく

日常的にフロントガラスをきれいに掃除する方法ですが、一番効果的なのは『ついた汚れを放置しない』ことです。

雨水や泥の汚れなどの自然につくものはある程度放置しておいても、カーシャンプーなどで簡単に落とすことはできますが、鳥の糞や油汚れなどの汚れなどは早ければ早いほど取りやすいです。

 

時間がたって、直射日光で焼け付いたり、別の汚れが混ざってしまうと厄介です。

ついた時点ですぐ拭き取れるように車にウェットティッシュやティッシュを含ませたものを積んでおくと便利です。

 

管理人
僕のおすすめケミカルは、ゴールドグリッターの希釈液です。

 

これを100均で売っている容器に移して、3~5倍程度に希釈して車のトランクにでも積んでおきます。

ウェットティッシュと違い、アルコールも含まれていないので出先で鳥のフンをくらった時などに便利です。

 

ゴールドグリッターの特徴や使い方については、『ゴールドグリッターの特徴や使い方』で詳しく解説しています。

created by Rinker
G.E.J グリッタージャパン (グリッタージャパン)

まとめ

ボディーとは違い、ついつい放置してしまうのが車のガラスについた汚れです。

汚れてワイパーで拭き取ることはできますが、結局汚れを伸ばしているだけになるので、できるだけ早く拭いてあげた方がいいです。

 

ボディーについたウォータースポットと違って、ガラスについた汚れは意外とかんたんに落とすことができます。

では、よりよい洗車ライフをお過ごしください!

関連コンテンツ一覧



すぐわかる一括査定のランキング

車の一括査定サイトを主要7社の中から、使いやすさと評判の良さからランキングにしました。

手っ取り早く上位3位までをご紹介。

一括査定サイトのや使い方や比較を知りたい方は、こちらの記事からご覧ください。

参考記事一括査定サイトの使い方と比較

かんたん車査定ガイド

特徴を流し読み

  • 入力欄はたった9個だけ
  • 依頼した時点で概算価格がわかる
  • 優良業者しか提携していない
  • 車種選択画面が広く使いやすい
  • 人気車種からも選べる

かんたん車査定ガイドは提携業者が49社と一番少ないですが、提携業者全てがJADRI(日本自動車流通研究会)に加盟している優良業者のみです。

対応の悪い業者はいないので、強引な営業を受けることはありません。

かんたん車査定ガイドの評判へ >

ズバット車買取比較

特徴を流し読み

  • 75万台から計算した概算価格
  • 6ヶ月先までの相場価格がわかる
  • 1分あれば依頼できるかんたんさ
  • カーソルを動かすことなく入力できる

カーソルをほぼ動かすことなく入力できる依頼フォームの使いやすさは他のサイトにはありません。

また、6ヶ月先までの概算価格を出してくれるサイトはズバットだけです。

ズバット車買取比較の評判へ >

カーセンサー

特徴を流し読み

  • 連絡方法や時間帯を指定できる
  • 大手じゃない業者が見つかりやすい
  • アピール入力欄で査定アップが見込める

カーセンサーは、依頼した時の連絡方法や時間帯をあらかじめ指定できます

メールで連絡をもらうことができる(裏技)のはカーセンサーだけです。

他サイトでは出てこない業者も見つかりやすいことも嬉しい点です。

入力欄に装備やオプションのアピール項目があるので、査定アップも期待できます!

カーセンサーの評判へ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
リョウヘイ

リョウヘイ

元自動車ディーラーの営業をしており、中古自動車査定士の有資格者です。元査定士ならではの業界の裏話を中心に中古車に関するお得情報とコラムを発信していきます。 詳しいプロフィール

-車の洗車

Copyright© 中古車査定まるわかり , 2018 All Rights Reserved.