軽自動車のターボのオイル交換や寿命を伸ばす方法をまとめてみた

投稿日:2017年9月1日 更新日:

ここ最近は、軽自動車もターボが人気で爆発的に売れてきています。

でも、ターボ車はメンテナンスが大変だったり、初心者には乗りにくいなんて思っていませんか?

それは昔の話で、今の軽自動車はターボでも構造が昔のターボとは違い、だいぶんメンテナンスしやすくなってきています

この記事では軽自動車のターボについて、主に

  • オイル交換の時期や種類
  • ターボ車の燃費向上
  • ターボ車の寿命
  • ターボ車の選び方

これらについて、詳しく解説していますので、軽自動車でターボ車を考えておられる方や今乗っておられる方にも参考になる情報をお届けします。

スポンサーリンク
 

ターボ車とノンターボ車のエンジンの違いを比較

ターボとノンターボの違い

ターボとノンターボの違い

ターボ車とノンターボ(N/A)車のエンジンはおおまかにどんなところが違うのかという質問をちょこちょこいただくことがあったので、簡単に誰でもわかる早見表を作ってみました。

ターボの原理なんかについては、高速走行に向いているおすすめ軽自動車の記事でちょこっと触れていますので、気になる方は参考にどうぞ。

 

 ターボ車ノンターボ車特記事項
車両本体価格高い安い20万~30万近く差があり
燃費普通良い年式の古い車は燃費が極端に悪い
加速性能軽やかでスムーズ少し重いアクセルを踏んだ時の重さ
速さアクセルが軽い普通80kmを超えると、それほど大差はない
安定性普通普通同じ排気量なら変わらない
税金同じ排気量なら変わらない

 

ターボ車ってやっぱり普通の車よりも走ってて安定するの?ってよく聞かれることがありますが、実際ターボ無しの車でも変わりません。

 

管理人
車体のフレームや形状、排気量は同じなので基本的にはターボでも走行中の安定性は変わりません。

 

他にもターボ車はオイル交換とかメンテナンスが大変かという質問が多いのですが、実はそんなに関係はありません。

 

軽自動車のターボ車のオイル交換について

ターボ車のオイル交換の時期や種類

ターボ車のオイル交換の時期や種類

ターボの車で一番気にされることが多いのが、『オイル交換』の時期や使うオイルの種類です。

ターボ車は普通の車よりもエンジンに負荷がかかりやすい構造なので、ターボ無しの車よりも倍くらいオイル交換をした方がいいという情報がありますが、そんなことはありません。

 

ターボだからといってオイル交換の時期が早いわけではない

ターボ車はノンターボ車と比べると、1.5倍くらいのペースでオイル交換をした方がいいという営業マンもいるのですが、実際のところどちらもオイル交換のタイミングは変わりません。

 

こんな場合は例外

アクセルをよく踏み込んで加速する乗り方をする人は、ターボがかかり回転数が上がりやすく、オイルの消費量が増えるため3000km以内で交換しておいた方が無難です。

 

以前に身内が行った車屋さんで、オイル交換は2000~3000㎞までの間に必ず1回、エレメントも2回の交換時には変えるという風に聞いたそうです。

もちろん、早く交換するに越したことはないですが、オイル交換も地味に高い出費になるので交換しすぎるのも考えものです。

 

管理人
ディーラーや車屋によっては、入庫促進のために交換回数を早めに言うお店もあるので注意が必要です。

 

軽自動車でも1回オイル交換すれば、少なくとも2000円以上お金がかかるので、何か調子が悪いとかでない限りはあまり気にする必要はありません。

 

 

ターボ車におすすめのエンジンオイルの種類

エンジンオイルのスペックの見方

エンジンオイルのスペックの見方

ターボ車だから特別高いオイルを使ったりしないといけないことはありませんが、使用するオイルもちょっと考えておきましょう。

エンジンオイルのスペックの見方はイラストの通りで、寒さと暑さにどれくらい強いかどうかを表しています。

 

ターボ車に使うオイルは特別どの粘度のオイルを使ってもそれほど問題はありませんが、高回転で走ることも考えれば暑さに強いオイルの方がおすすめです。

 

ターボ車はエンジン自体が熱くなりやすいため、寒さに強いオイルはそれほど必要ありません。

ターボ車には、10W-40くらいの高粘度のオイルの方が向いています。

 

車検証入れに一緒についている車の説明書の中に推奨粘度が書かれているので、不安な方は説明書を見てみてください。

 

オイルフィルターの交換もノンターボ車と同じでいい

オイル交換と合わせてよく聞くのがオイルフィルターの交換です。

普通の軽自動車であれば、オイルフィルターの交換は2回のオイル交換に1回のタイミングで交換をすすめられることがほとんどかと思います。

 

つまり、オイル交換が5000kmであれば1万kmのタイミングでオイルエレメントの交換をするということになります。

 

オイルフィルターは交換せずに放置していると、古いオイルが少し残ってしまい目詰まりしてしまうことがあります。

そのため、オイル交換の回数が多い方はフィルターの交換時期は少し早めに設定してあげるとエンジンにやさしいです。

 

軽自動車のターボ車の目安寿命は何kmくらいなのか?

軽のターボ車の寿命は何kmくらいか

ターボ車の寿命はノンターボ車と比べると早いとよく聞きますが、実はそんなことはありません。

ターボ車が早く故障してしまう、寿命が来てしまうというのは日頃からの整備やメンテナンスがちゃんとできていないことが多くの原因です。

 

オイル交換などの日常的なメンテナンスをしっかりしていれば、10年でも乗り続けることできます。

実際、ターボ車となってくるとノンターボ車よりもエンジンが高回転で回るため、オイル交換などの日常的な整備をしていないとエンジンへのダメージが蓄積されていきます。

 

管理人
私の親戚に10年前のライフのターボに乗っている人がいますが、走行距離も12万kmを越えてはいるもののまだ現役で走っています。

 

ただ、軽自動車は古くても値段がつきやすい車種なので、査定してみると思わぬ値段がつくこともよくあります。

車屋さんへ持って行ったり、一括査定から査定すると、まだ売る予定がないのに営業を受けてしまうこともあります。

 

グーネットが運営するグー買取は、ネットでできる査定サイトの中で、唯一営業電話がないサイトなので、売却予定がまだでも気軽に査定することができます。

関連記事
グー買取の中古車査定の特徴とおすすめポイント
グー買取の評判|車買取サイトで営業電話なしで使える

車を高く売るなら、一括査定サイトと言われるけど、かかってくる電話が不安。 かといって、車屋を1軒ずつ回る時間はなかなか取れない。 営業マンと値段の交渉をするのもどうも苦手…   そんな方でも ...

続きを見る

 

ターボ車を長持ちさせるための燃費を伸ばすおすすめ運転方法

タコメーターを見ながらエコ運転する方法

タコメーターを見ながらエコ運転する方法

ターボ車はノンターボ車と比べると、燃費が少し落ちます。リッター当たりに換算すると、平均して2~3㎞ほど燃費は下がります。

ターボだとスイスイ走ってくれるので、ついついアクセルを踏み込んで走ってしまうくせがつきがちですよね。

 

そんなターボ車の燃費を伸ばす方法を1つ紹介したいと思います。実際に私が1ヵ月ガソリンがなくなるまでの間意識してリッター当たりの燃費が2㎞ほど伸びた運転方法です。

 

  • 加速で急激にアクセルを踏まない
  • 回転数は2000〜2500回転を目安に
  • 信号で止まる前はアクセルを離す

 

これだけで1ヵ月間検証したら、リッター当たりの燃費が約2㎞伸びました。

もちろん市街地などストップ&ゴ―が多い環境ではそうはいかないかもしれませんが、少なくとも車には優しい運転方法なので燃費をあげることはできます。

燃費の詳しい計算については、こちらのサイトが参考になるので試してみてください。

燃費の計算ができるサイト

 

軽自動車でターボ車を選ぶメリットとデメリット

軽自動車でターボを選ぶメリットやデメリット

軽自動車でターボを選ぶメリットやデメリット

買う時の値段も高いのに軽自動車はターボ車って結構売れているんですよね。

その理由にはターボ車ならではのメリットがあります。実際にターボ車とノンターボ車(N/A)車をどちらも乗ったことがある管理人がそのメリットを解説します。

 

ターボ車ならではのメリット

ざっくりターボ車のメリットをまとめるとこんな感じです。

  • 加速時のもたつきがない
  • 高速道路でも追い越ししやすい
  • 長距離乗ってもストレスが少ない

 

ターボ車がノンターボ車に勝る最大のメリットは、『加速性能』にあります。

セダンやスポーツカーのターボはもともと走行性能が高い車のため、ちょっと別物なので、ここでは軽自動車のターボについてお話します。

 

ターボは過給機の圧力をぐっと圧縮してパワーを増やしているので、出だしの加速時にエンジンの回転が速くなることが特徴で、キュィーンという音が鳴ります。

同じ60㎞で走るのでも、40㎞~50kmくらいまでに到達する時間が圧倒的にターボの方が速く、アクセルを踏み込んだ時も感触が軽く吹き上がりの良さはターボ車ならではです。

 

また、ある程度高回転域になっても、ターボ車なら加速はしやすいので、高速道路の追い越し時でもかなり有利になります。

 

軽自動車の場合は特に、同じ車でもターボがあるだけで加速のもたつきがないため、ある程度長い時間車に乗っていても疲れにくいこともメリットであると言えます。

信号が多い日本の道路事情で止まるたびにアクセルをベタ踏みするのは結構しんどいもので、30分以上乗り続けているとわりとストレスが溜まってしまいますが、ターボならそれほどストレスも溜まらないのでおすすめです。

 

ターボ車のデメリット

ターボ車の唯一のデメリットは、買う時の値段が高いという点です。

新車で見ても、ターボとノンターボ車では車体価格が20万円近く差が出てきてしまいます

 

新車だと到底買えなくても、新古車や中古車なら意外に値段が落ちていてお得に買える場合があります。

 

管理人
1年落ちくらいになると、軽自動車は値下がりする傾向にあるので、中古車を探すならその辺りを意識しておくといい車が見つかったりします。

 

ズバット車販売で中古車探しをお願いすれば、わざわざお店へ行かなくても自宅で待っているだけで目当ての中古車を探してもらうことができて便利です。

  • ガリバーの担当者が中古車を探してくれる
  • 無料で利用できる
  • まだ市場に出回っていない車から探してくれる
  • ざっくりの条件を入力して待つだけ

 

値段さえクリアできれば、ターボ車は最高です。

新車だとターボは高くて手が出ないですが、中古車で探してみると、値段も安くなっているので予算に合う車が見つかる可能性がグッと上がります。

 

暑い中ガリバーへ行かなくてもいいので、ズバットの車販売で中古車探しをお願いしてみましょう。変な営業を受けることもなく安心です。

ズバット車販売の使い方や評判
非公開車両から中古車を探す|ズバット車販売の使い方や評判を解説

中古車の在庫は中古車サイトや情報誌を見ればたくさんありますが、そこに掲載されている在庫だけではありません。 ガリバーなどの中古車販売業者は、膨大な中古車在庫を抱えており、公開されていない中古車の在庫も ...

続きを見る

 

【まとめ】新型・中古車問わず軽自動車はターボがおすすめ

ターボ車のメリットやデメリットについてご紹介しましたが、結論ターボ車はおすすめできます。

特に軽自動車なら私の場合はターボ一択でおすすめしたいところです。

 

 

メンテナンスもノンターボ車とさほど変わらず、一度乗ったらもうノンターボ車は乗れなくなるほどです。

私の妻もターボなんて絶対いらないと言っていたのに、いざ買ったらもう普通のはいやと言っています笑

 

あなたに乗り換える車があるなら、頭金を確実に増やす方法があるのでご紹介します。

 

節約以外で10万円の頭金を増やす方法があります。

 

乗り換え用の頭金として、普通なら今あるお金にプラス10万円の頭金を用意するのはすぐには難しいですが、下取りに出す車の値段を10万円上げることはそれほど難しくはありません。

車は査定に出す業者によって提示される値段が変わってきて、査定を依頼する場所で値段が違ってきます。

 

車買取業者はいかに安く買うかを常に考えているので、1社だけに買取の依頼をしてもマックス高い値段を提示してもらうことはできません。

それなら違う業者に何社か査定してもらえば、高い値段を提示してくれる業者と出会えるんです。

最低でも2社以上の業者へ査定を依頼しておけば、万が一安い値段を提示されていてもそのウソに気づくことができます。

\1分もかからずスマホからでも依頼可能!/

 

かんたん車査定ガイドは、優良業者だけと提携している安心の無料一括査定サービスです。

利用者の買取事例ではディーラーの下取り価格と比べて平均16万円高くなったというデータも発表されているので、乗り換えの頭金がもう少しほしいという方はぜひ一度試してみてください。

\実際に試したけど、電話は最初の1回だけだったので安心♪/

かんたん車査定ガイドを試してみる

他のサイトとの比較を見る

スポンサーリンク




  • この記事を書いた人
  • 最新記事
リョウヘイ

リョウヘイ

元自動車ディーラーの営業をしており、中古自動車査定士の有資格者です。元査定士ならではの業界の裏話を中心に中古車に関するお得情報とコラムを発信していきます。 詳しいプロフィール

-コラム

Copyright© 中古車査定まるわかり , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.