コラム

ポリラックの施工で古い中古車でもツヤが戻り洗車が楽になる!

投稿日:2016年7月6日 更新日:

中古車というと、もうコーティングもできないし、ワックスかけてもすぐにとれてしまうし、もう諦めよう… なんて方も多いのではないでしょうか?

実際私もそうでしたが、古い中古車でもある程度のツヤを甦らせるコーティング剤を見つけたので紹介します。

おすすめコーティング 『ポリラック』

ポリラックは、ドイツ製のコーティング剤です。説明書きも全て英語で書かれており、海外製なんだという感じがしますが、説明書は読めなくても使えます。

もともと船用のコーティングに使われていたということから、車だけでなく船にも使えるという万能なケミカルです。

具体的に何ができるのかというと、ワックスのようにツヤが出せて、撥水効果もすごく、何より施工が簡単なことが大きなメリットではないかと思います。

簡単施工で2か月くらいは撥水効果も持続するので、洗車も楽になるのでおすすめです。

ポリラックで洗車が楽になる

通常のコーティングはポリマー系であれば、半年~1年、ガラスコーティングであれば、2年~などコーティング自体のもちは長いですが、今回紹介するポリラックは2か月くらいしかもたないと思います。

しかし、通常のコーティングであれば一度施工すると、基本的に再施工はせずメンテナンスのみで維持していくというタイプですが、ポリラックは洗車の都度、再施工が可能なんです。

つまり、そこまでの手間をかけずに常にきれいな被膜がある状態を維持することができるという代物です。洗車をするたびまた施工するとなると、めんどくさい…と思いますが、実はポリラック自体は施工も簡単なんです。

同じ手間をかけてコーティングの定期メンテナンスを行うよりも、毎回コーティングをかけられる方がコーティングのききもいいということは容易に想像がつくと思います。

ポリラックの基本的な施工方法

ポリラックの施工は簡単3ステップのみです。

  1. 洗車をし、ボディを拭きあげる
  2. きれいなクロスにポリラックを適量つけて、ボディに塗り込む
  3. 20分ほど乾かしてから、別のきれいなクロスで拭き取る

まずは洗車をして、ボディを拭きます。ポリラックの施工前に、きれいなクロス(できれば毛羽立ちの少ないものが良い)を2枚用意しておきます。

拭きあげたら、ポリラックを500円玉分くらいずつつけてボディに塗り込みます。

この時、乾燥時間が20分ほどあるので、ボンネット、右ドア、ルーフ等、場所を区切って施工するようにした方がいいです。2つ目の場所の施工が終わったら、1つ前に戻ってポリラックの拭き取りを行うという流れです。

洗車と同じで、乾燥時間を長くしすぎてしまうと、拭き取りにかなり時間がかかってしまうので、ほどよい乾燥時間を意識するようにしてください。特に夏場に施工する時は、暑さもあってすぐに乾いてしまうので注意が必要です。

もっと簡単なポリラックの施工方法

通常はボディを拭きあげてから、ポリラックの施工に入りますが、簡単なバージョンの施工方法もあるので、紹介しておきます。

  1. 洗車のシャンプーを流した状態で、ポリラックを塗り込みます。
  2. ある程度乾ききってからクロスで拭き取ります。

通常の施工と比べると、コーティングのききは悪くなりますが、より簡単に施工ができるので時間がないときなどはおすすめです。

この時も通常時と同じく部分ごとに施工していき、カピカピになる前に拭き取るようにします。

乾ききってからだと拭き取りが大変です。施工時の塗りすぎに注意しましょう。

ポリラックで傷消しは可能?

ポリラックは塗装の上に薄いコーティング被膜を作るものなので、傷を消すことは難しいです。しかし、継続的に施工していくことでコーティング被膜が濃くなっていくので全く効果がないということはありません。

ポリラックはガラスコーティングやペイントシーラントと違ってすぐに施工することができるため、傷をコンパウンドで消してポリラックで被膜を作っていくことも可能です。

継続的に使っていくことで塗装面のツヤを蘇らせるだけでなく、傷を薄くすることもできるので一石二鳥ですね。

ただ、完全に傷を消すことはできませんし、爪にひっかかるレベルの傷であればあえて直さない方がいいケースもあるので、傷の直しについては慎重に行うようにしましょう。

後々車を売る時に余計なマイナスとなってしまう可能性もあるためです。

傷だらけの古い車
中古車を査定する前に傷や故障はあえて直さない方がいい理由

中古車を査定する時に車についた傷はどうすればいいか?という質問はよくありますが、皆さんは査定前に傷直していますか? コンパウンドを買ってきて、がんばって磨きをかけても査定の時に変化があるかというと実は ...

続きを見る

ペイントシーラントなどのポリマーコーティングと比べても、メンテナンスが簡単で楽なこともおすすめなポイントです。

ポリラックはこんな車におすすめ

ポリラックはコーティング自体がしやすくワックス感覚で施工ができるので、どんな車でも問題はありません。

ただ、中でも年式の古い濃色車は特に効果の体感がしやすいので、おすすめです。ツヤが一気に蘇り、愛着がわくようになりますよ。他の色でも効果はあるので、是非試してみて下さい。

かなり小さいですが、結構長いこともちます。大きい容量のものはいい値段するので、まずはこちらから試してみることをおすすめします。

車を高く売る方法の見出し

新車でも中古車でも乗り換える時は少しでも高く売って、頭金に変えたいですよね。

そのためにも今乗っている車を査定する時は、最低でも2~3社くらいの買取業者へ査定を依頼するようにしましょう

そうすることで、あなたの車の妥当な査定価格が自然とわかります。1社だけの査定だとプロでもその査定価格が適正な金額か見抜くことは難しいものです。

がむしゃらにもっと値段上げてくださいと営業マンに言っても、正直なかなか相手にしてもらえず流されてしまいます。目標金額を事前に決めるためにも相場価格の把握は必須というわけです。

何社も買取業者をまわって査定をしてもらうのは正直体力的にも時間的にも効率が悪いものです。そこで、簡単に複数の買取業者へ査定を依頼できるのが、今はやりの一括査定です。

一括査定サイトも結構な数があってどれを選んだらいいのかわからない人が多いと思ったので、中でも有名な6社の違いを比較・ランキングを作成してみました。

一括査定サイトの比較・ランキング

一括査定サイトの違いを比較

一括査定サイトの比較

一括査定サイトどこがいいの?

一括査定サイトのランキング

買取業者の口コミ・評判

アドセンス記事下2個

スポンサーリンク




アドセンス記事下2個

スポンサーリンク




  • この記事を書いた人
  • 最新記事
リョウヘイ

リョウヘイ

元自動車ディーラーの営業をしており、中古自動車査定士の有資格者です。元査定士ならではの業界の裏話を中心に中古車に関するお得情報とコラムを発信していきます。
詳しいプロフィール

-コラム

Copyright© 中古車査定まるわかり , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.