元査定士だった管理人が誰でもわかる中古車査定をテーマにコツやテクニックを紹介。

中古車査定まるわかり

洗車された中古車

査定に出す前に気を付けた方がいいこと

元査定士が暴露!中古車を査定前に洗車したらどうなる?

投稿日:2017年6月28日 更新日:

中古車を査定する前に洗車をすると、査定価格が高くなりやすい・査定士の印象が良くなるとネット上に書かれていますが、本当のところはどうなのでしょうか?

結論、査定価格が高くなることはありません。査定士の印象は良くなりますが、ただそれだけです。

つまり、査定前にきれいに洗車してから査定してもらってもがんばったわりにはたいしたメリットは実はないんです。

元査定士として働いていた管理人が裏事情も交えてお話したいと思います。

中古車の査定前に洗車は必要か?

はじめにも言いましたが、中古車の査定前に急いで洗車をする必要はありません。

洗車をしてピカピカの状態で買取業者に査定してもらったら、傷やへこみが見つけやすくなるので、査定価格を上げたい私たちの立場からすればむしろ逆効果となってしまいます。

くもり空や雨天時などは傷やへこみも見つけにくいですが、晴れている時などに洗車をしてから査定を依頼すると、傷やへこみが見つかりやすくなるので、結果として査定価格が下がってしまうことになりかねません。

中古車を売却する側の私たちにとっては、査定前の洗車は査定価格を下げてしまいかねないので、あえてする必要はないのです。

中古車を査定する側の買取業者からすれば、きれいに洗車してある車の方が査定もしやすいですし、傷やへこみも格段に見つけやすくなるので、査定士には印象は良くなりますが、それで査定価格がアップするわけではありません。

洗車で中古車の買取や下取り価格に影響はある?

中古車の査定価格はJAAI一般財団法人日本自動車査定協会が定める基準によって、車種ごとに細かく決められています。査定価格については1年に1回その基準が更新され、年度によって査定価格は変わってきます。

査定協会が定める加点・減点基準の中に洗車や外観がきれいであるかどうかの評価項目はありません。

これは、中古車の買取であってもディーラーで下取り査定する時であっても同じことです。

つまり、がんばって査定前に洗車をしてワックスをかけていたとしても査定価格がプラスになることはないということです。

ただ、査定価格に影響が出るかどうかというのは、『外装』に限った話で、『内装』となるとまた話は変わってきます。

では、次に車内の掃除やメンテナンスと査定価格の関係についてお話したいと思います。

中古車査定では外装のキズよりも車内の掃除が重要

中古車の査定をする上で、『外装』は洗車をしてもしなくても査定価格に変化はほぼないとお話してきましたが、内装については少し話が違ってきます。

内装は査定前にできる限りの掃除をしておくことでマイナス査定を防ぐことができます。

中古車の特性として、基本的に月日が経つにつれて傷や汚れは増えてくることから、外装や内装でプラス査定になることはほぼありません。

しかし、マイナス査定になることは多いのが現実です。

中古車の外装は、天気の影響などあらゆる要因があり、傷やへこみがつくことは日常的と見なされ、減額もそれほど大きくはありませんが、内装の減点は高いことを知っておきましょう。

内装は日頃乗っているあなたの過失によるものなので、汚れや傷は外装面よりも減額が大きくなる傾向にあります。

内装面でマイナス査定を受けないためにも、査定前の車内の掃除はかなり重要なウェイトを占めていると言っても過言ではありません。

中古車の査定で影響が出やすい車内の掃除のポイント

中古車の査定で減額となる車内の掃除のポイントをいくつか紹介しておきます。

シートの目立つ汚れを落としておく

シートについたシミや汚れがある場合は、専用のクリーナー等で軽く落としておくだけで査定時の減額を防ぐことができます。

小さいシミ等は、ついた時であればすぐにウェットティッシュなどで拭き取るととれることがほとんどなので、早めに対処することが大切です。

長期間ついて放置している場合でも、カー用品店で売られているシート用のクリーナーで拭き取るととれることもあるので、もしシートに汚れがついている場合は掃除しておくことをおすすめします。

シートだけでなく、内張りにも汚れがある場合は掃除しておくと大きな減額を防ぐことができます。

車内の匂いを消臭する

車内についた匂いも減点の対象となります。

タバコの匂いやペットの匂いが染みついている場合は、なかなか簡単にとることはできませんが、染みついた汗の匂いなどは車用のファブリーズなどを使用し、しばらく置いておき、窓を開けておくことで少し緩和することができます。

査定前に何か匂いがこもっているなと思ったら、査定前にスプレーを使用することでましになることもあるので、意識しておきたい項目です。

フロアマットを掃除する

車内を査定する時に査定士がまず目にするところは、フロアマットです。

フロアマットの汚れやへたりでだいたいの車内のイメージがわくので、査定士が内装を査定する時はまずここを見ることが多いです。

フロアマットは掃除機等でゴミを吸っておき、外で細かい埃を払うだけで、ずいぶんときれいに見えますので、査定前にはフロアマットの掃除はしておくようにしましょう。

一番簡単で一番効果のある車内の掃除がフロアマットです。

中古車は査定・売却前ではなく日頃からの掃除が重要

中古車の査定前に慌てて洗車したりする必要はありませんが、日頃から掃除しておくといざ査定をする時に楽になります。

中古車の査定前に洗車をして印象アップを図ろうと言うのではなく、日頃から洗車やメンテナンスをしておくと、コーティングの被膜等の影響でボディ自体に傷もつきにくくなったりするので、こまめな洗車は査定に関わらず大切です。

特に車内の掃除は、染みついてしまったらなかなかとることができません。

日頃から汚れたらすぐ拭き取るくらいの気持ちでいると、車内もきれいに維持することができます。

中古車査定前の洗車と査定価格【まとめ】

中古車の査定前に洗車をする必要は特にありませんが、日頃からしておくことは直接的に査定価格が上がらずとも結果として査定価格を上げることにもつながってきます

査定前に慌てて洗車しても細かい傷は隠すことはできませんし、むしろ傷を目立たせてしまうことになります。

しかし、日頃から洗車とメンテナンスをちゃんとしていれば傷をつきにくくすることができます。

正しい洗車のやり方で日頃から洗車していれば、査定する時にも結果として返ってくるので積み重ねていきましょう。

何事もそうですが、コツコツとした積み重ねに勝るものはありません。一時だけの努力はすぐに見破られてしまうので、今日からでもいいので習慣づけていきましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

車の乗り換えで損をしない方法

中古車選びと頭金

新車でも中古車でも乗り換える時は少しでも高く売って、頭金に変えたいですよね。

そのためにも今乗っている車を査定する時は、最低でも2~3社くらいの買取業者へ査定を依頼するようにしましょう

そうすることで、あなたの車の妥当な査定価格が自然とわかります。1社だけの査定だとプロでもその査定価格が適正な金額か見抜くことは難しいものです。

がむしゃらにもっと値段上げてくださいと営業マンに言っても、正直なかなか相手にしてもらえず流されてしまいます。目標金額を事前に決めるためにも相場価格の把握は必須というわけです。

何社も買取業者をまわって査定をしてもらうのは正直体力的にも時間的にも効率が悪いものです。そこで、簡単に複数の買取業者へ査定を依頼できるのが、今はやりの一括査定です。

一括査定サイトも結構な数があってどれを選んだらいいのかわからない人が多いと思ったので、中でも有名な6社の違いを比較・ランキングを作成してみました。

一括査定サイトの比較・ランキング

一括査定サイトの比較情報

一括査定サイトの比較

一括査定サイトのランキング

一括査定サイトのランキング

買取業者の口コミ・評判

アドセンス記事下2個

スポンサーリンク




アドセンス記事下2個

スポンサーリンク




  • この記事を書いた人
  • 最新記事
リョウヘイ

リョウヘイ

元自動車ディーラーの営業をしており、中古自動車査定士の有資格者です。元査定士ならではの業界の裏話を中心に中古車に関するお得情報とコラムを発信していきます。 詳しいプロフィール

-査定に出す前に気を付けた方がいいこと

Copyright© 中古車査定まるわかり , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.