元査定士だった管理人が誰でもわかる中古車査定をテーマにコツやテクニックを紹介。

中古車査定まるわかり

高く査定してもらうポイント

中古車査定の相見積もりで複数の買取業者を競合させるコツ

投稿日:2016年6月18日 更新日:

中古車の査定を依頼する際は、必ず複数の買取業者に相見積もりをとることを意識しましょう。

1社だけでは買取相場の金額をつかみにくいということもあるので、最低でも3社程度の買取業者へ依頼すると、査定価格も高くなりやすいです。

せっかく中古車を査定するんですから、少しでも高く売りたいですよね。

今回は少しでも高く売るために必要不可欠な相見積もりについてお話したいと思います。

中古車査定では買取業者によって価格の提示は違う

複数の買取業者(ガリバー・ビッグモーター・カーチス・アップル等)へ依頼することのメリットは再三説明してきましたが、それぞれの買取業者ごとに長所と短所があります。

何より同じ車の査定を依頼しても、買取業者によってその買取価格は異なることが多く、ガリバーでは45万だったものが、ビッグモーターでは55万、またカーチスでは37万といった風にひどい場合は最大15万~20万くらいの価格差が出ることもあります

 交渉で価格は変動する

中古車の査定価格は、日本自動車査定協会が定める標準価格で全国的に統一はされていますが、加点・減点の付け方やそのお店が抱えている在庫量や欲しがっている車種等によって買取価格は大きく変わってきます。

例えば、別の営業マンがミニバンを探しているお客さんと商談をしていて、ミニバンの査定依頼が入り、その車種が条件に合いそうだということになれば、そのお店ではミニバンを高く買い取ることがあるかもしれません。

逆にどれだけいい状態の車であっても、その車の需要がなかったり、買取業者が欲しいと思わなければ、買取価格は下がることになります。

このようにその時々の環境や時期等によっても、買取価格は変わってくるので、複数の買取業者で相見積もりをとるようにしてください。

ミニバンならA社が強い、セダンならB社が強いといったように買取業者には得意なジャンルがありますし、1社だけだと機会損失にもつながりかねません。

買取業者の営業マンは基本的に複数の業者へ相見積もりをとられることを嫌がります。自分が提示した買取価格が妥当かどうかを確認されてしまうわけですからね。

一括査定サイトの利用で相見積もりを簡単にする

中古車の査定で相見積もりをとるには、買取業者をまわって査定してもらう必要がありますが、これが結構時間がかかってしまう作業です。

だいたい1社で査定してもらうのに査定で20分程度、その後査定価格を聞いて少し話したりしていると、1社あたり最低でも1時間30分以上はかかってしまう計算になり、移動時間も考えると、1日にまわれる買取業者の数はせいぜい2件くらいのものです。

何より気を遣ったりするので、体力的にもきついのであまりおすすめはできません。

そんな時に一括査定を利用すると、その時間を短縮することができます。

一括査定なら、時間を取られるのは査定を依頼した時と、査定価格がわかった後の電話連絡のみになるので、ほぼ家にいながら中古車の査定価格を知ることができます。

さらに一度に複数の買取業者へ依頼することができるので、相場の値段も把握できるようになり、相見積もりをとる場合は最善の方法であると言えます。無料ですし、ぜひ利用してみましょう。

新車購入時の下取り査定では相見積もりは難しい

中古車専門の買取業者だと一括査定が利用できるので、相見積もりはとりやすいですが、新車を購入する時の下取り査定(ディーラーで査定してもらう時)だと相見積もりは少し大変です。

なぜなら、新車を見に行っているため、下取り査定がメインとならないからです。

下取り査定はあくまで新車検討の材料の1つでしかなく、営業マンにとっても頭金にあてるくらいのイメージでしかとらえられません。

新車ディーラーは中古車の買取業者をまわるよりも1件にかかる時間が長くなってしまいます。(場合によっては1件3時間近くかかってしまうこともよくあります。)

その状況で相見積もりをしようと思うと、とても1日では足りません。

ですから、新車の購入を検討されている方でも中古車の査定や買取は中古車買取業者へ依頼して、購入と売却先は分けた方が効率も良く、結果として高く売ることができます。

事故車や廃車で一括査定を利用する場合のポイント

一般的な中古車であれば、一括査定を利用すれば査定は可能なのですが、事故車や廃車となってくると、普通の一括査定サイトでは査定を拒否されてしまうこともあります。

と言うのも、普通の買取業者は事故車や廃車などの買取・販売ネットワークを持っていないため、買取しても売却することができないためです。

事故車や廃車などの中古車は査定できないのかと諦めてしまいがちですが、実は事故車などの程度の悪い中古車でも査定価格をつけてもらう方法はあります。

事故車などの中古車の状態や程度によって依頼する先は変わってきます。

メモ

全損レベルでない事故車 → カービューの事故車査定

全損・不動車・水没車など → 事故車買取専門のタウ

もしあなたが事故をしてしまって、保険会社に査定は不可能ですと言われたとしても、上記サイトなら中古車としてあなたの車を査定・買取してもらうことは十分に可能なので、ぜひ試してみて下さい。

中古車の買取相場を理解して価格交渉を優位に進める

見積書

話が少し脱線してしまいましたが、複数の買取業者から相見積もりをとった後はまず情報を整理しましょう。

中古車の買取業者の見積もりは、基本的に口頭で伝えられることが多く、車を買う時にもらうような正式な見積書はないことが多いです。

つまり、金額の話についても口頭での約束しかしていないので、メモをとったりして聞いた内容を控えておく必要があります。

いつまでならこの金額でいける、こんな条件がつく、返事はいつまでにしなければならない等複数社への相見積もりの依頼は簡単ですが、結果を把握することは意外と大変です。

3社ほどから見積もりをとったら、おおよその買取相場がわかったと思います。複数社の見積もり結果があれば、価格交渉時に尻込みすることはなくなります。

相見積もりは価格交渉時のカンニングペーパーです。

相見積もり結果から得られた価格を判断材料として、価格交渉の前に一度自分の中で希望金額をある程度決めておくようにしましょう。

相見積もりの重要性がわかったところで、次は交渉前の目標金額の設定についてです。

こちらの記事も合わせて読むと、より理解が深まります。

ポイント中古車買取の価格交渉時の目標金額の決め方と伝え方のコツを伝授

相見積もりで中古車を高く売却する方法【まとめ】

長々と書いてしまいましたが、中古車を査定する時には相見積もりは必須です。

中古車の買取業者でも新車ディーラーの営業マンでも、中古車を買取する立場の人間はお店の利益を考えて、少しでも安い値段で買取したいと考えるものです。

営業マンの印象が良かったり、親切にしてくれたりすると初心者の方は特にその営業マンに商談を任せてしまいがちになってしまいます。

しかし、中古車を少しでも高く売却するためにはそれではダメなんです。

言葉はやらしいですが、相見積もりをとってあなたの車の買取相場の値段を知ってから交渉することが大切です。

うさんくさいかもしれませんが、一括査定で相見積もりを取って、実際に10万円以上の査定価格の差が出たという人がほとんどです。私もその中の1人です。

中古車を高く売りたいけど、何をしていいのかわからないという方はまず一括査定で相見積もりを試してみるのが一番の近道ですよ。おもしろいくらいに最初に査定した値段を高くすることができます。

 

アドセンス記事下2個

スポンサーリンク




アドセンス記事下2個

スポンサーリンク




  • この記事を書いた人
  • 最新記事
リョウヘイ

リョウヘイ

元自動車ディーラーの営業をしており、中古自動車査定士の有資格者です。元査定士ならではの業界の裏話を中心に中古車に関するお得情報とコラムを発信していきます。 詳しいプロフィール

-高く査定してもらうポイント

Copyright© 中古車査定まるわかり , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.