元査定士だった管理人が誰でもわかる中古車査定をテーマにコツやテクニックを紹介。

中古車査定まるわかり

高く査定してもらうポイント

法定12か月点検にかかる時間や費用からその必要性を探る

投稿日:2016年7月29日 更新日:

車には点検がつきものです。

1ヶ月、6ヶ月、12ヶ月、24ヶ月ととにかく点検だらけですが、皆さんはどれくらいの頻度で点検を受けていますか?

新車から乗り続けている人や担当営業マンが固定でついている人以外は、点検?車検だけじゃないの?って人がほとんどではないかと思います。

のむさん
車業界ド素人のむさん
車検以外に点検って受けないとだめなんですか??

24か月点検は俗に言う車検なので、受けないと乗れませんが、12か月点検はお金もかかるし、売る時に査定に響くことがあるのか疑問ですよね。

実際、法定点検って言われるけど中古車の査定価格には関係はないんだけどな。
キザオ
自称プロのキザオくん

具体的に法定点検にかかる時間や費用、査定価格との関係についてお話したいと思います。

無料点検と12ヶ月点検の違いは何?

無料点検と12ヶ月点検は点検項目はどれくらい違うのでしょうか?

参考までに各点検の点検項目数を表にまとめてみました。

 無料6か月点検12か月法定点検24か月法定点検
室内の点検5項目4項目5項目
エンジンルームの点検8項目10項目13項目
下まわりの点検1項目3項目8項目
外まわり・足まわりの点検7項目6項目14項目

室内・外まわりの点検項目は減りますが、他の項目では点検項目に差がありました。

点検項目はトヨタのディーラーでの点検を参照しています。各点検の詳しい内容については、【外部リンク】無料点検と法定点検を参照してください。

エンジンルームの点検 → +2項目

下まわりの点検 → +2項目

こう見てみると、少ないように感じますが、法定点検では1つ1つの点検項目の内容がかなり濃いものになっています。

ちなみに24か月点検となると、一気に点検項目が増えることもわかりますね。

12ヶ月点検にかかる時間ってどれくらい?

では実際にどれくらいかかるのかですが、実はそんなに高いわけでもなく、軽自動車であれば1万〜中型から大型車でも2万円くらいで受けることができます。

価格的には点検だけなので、少し高いと感じるかもしれません。

のむさん
車業界ド素人のむさん
結構高いんですね…12か月点検って。確かにわざわざお金払ってまでしたくない人が多いのもわかりますね。
足まわりまでチェックしてくれるからこんなもんだよ。
キザオ
自称プロのキザオくん

1年間乗っているので、パッド関係やオイルなどの消耗品等の交換が必要になることもあります。もちろん部品交換にかかる費用は点検費用に追加されます。点検費用と合わせると高くなってしまいますね。

車は買う時だけでなく、維持していくために持っているだけでも結構お金がかかってきます。そこにさらに点検代となると、結構きついのはあなただけではありません。みんな同じなんです。

車の維持費を節約する方法
【3つの車種を比較】車種別に見た年間維持費の違いを調べてみた

車は購入する時に本体や諸費用もろもろが必要になり、購入後は、その車を維持していくためにガソリンや各種税金、タイヤ・オイル等の消耗品でいろいろとお金がかかってきます。 この維持費も車種によって金額はがら ...

続きを見る

作業時間的には、通常半日〜1日程度はお店に預けると思うので、当日朝〜夜までか1泊2日の預かりかどちらかになることが多いです。

ほとんどの車屋が1日預かって、翌日以降に納車という流れとなっており、その間は無料で代車を借りることができます。

12か月点検にかかる費用の目安

ホンダの12か月点検の値段表

引用:Honda Cars 群馬中央公式サイトより

これはホンダの12か月点検の料金表ですが、見てわかる通り車種による値段の差はそれほど大きくないと言うことがわかりますね。

軽自動車が一番安く、ボディサイズが大きくなればなるほど値段は上がりますが、レジェンドほどのラージサイズの高級車でも1万円ちょっとであれば点検を受けることができます。

12ヶ月点検って中古車には必要なの?

まず1ヶ月点検と6ヶ月点検は新車で買った人が受けられる無料点検で、主にオイル交換をしたり簡易的なチェックをしてくれます。

推奨点検という形で、別に受けなくてもいいのですが、無料で必要最低限な点検+おまけもついてくるのでほとんどの人が受けられると思います。

おまけと言っていいのかはわかりませんが、無料で洗車をしてくれるお店がほとんどです。さすがに室内まではやってくれません。

洗車ついでに依頼する人もいます。一種のサービスのようなものですが、ディーラーの洗車はそれほど丁寧というわけでもないので、自分で洗車するのが一番きれいになりますけどね。

関連自分でできる正しい洗車のやり方を解説

その次に来るのが12ヶ月点検です。1年に1回の車の点検になり、あまり知られていないのですが、12ヶ月点検は法定点検になります。

法定点検と定められているにもかかわらず、12ヶ月点検を受ける人は、新車購入者のおよそ4割程度しかいません。

のむさん
車業界ド素人のむさん
えっ、そんなに少ないんですか??法定点検なのに?
法定点検とは言っても推奨レベルだからね。法律で定められた点検ってだけで強制ってわけではないんだな。
キザオ
自称プロのキザオくん

無料点検と比べると、エンジンルームや足まわりなど点検項目も増え、本格的な点検になります。ただ、6ヶ月点検までと大きく違う点は、有料点検となる点です。

では、次に12か月点検と査定価格の関係について見てみましょう。

12か月点検は査定価格が上がるのか?

結論、なることは少ないです。

少ないと言ったのには理由があり、販売店や買取店によっては査定項目に点検を受けているかどうかの項目を追加している業者があるからです。

ただ、ほとんどの業者は12か月点検は受けていても受けていなくても査定の評価は変わらないことが多いのが査定業界の実情です。

ポイント

整備記録簿や保証書があるかどうか の項目は必ずありますので、記録簿や保証書がないとマイナス査定となってしまいます。

保証書や記録簿がないと、マイナス査定になってしまうぜ。
キザオ
自称プロのキザオくん
のむさん
車業界ド素人のむさん
えっ!ないだけで査定価格が下がってしまうんですか!

車を大切に乗っているということは、傷やへこみ、内装の汚れなどで評価されるので、機関系のことに関してはオイル漏れなどよほどのことでない限りは、基本的に査定項目には含まれていないということを覚えておきましょう。

関連中古車査定でプラス査定とマイナス査定になるオプションは?

12か月点検を受けることが多い車

トヨタ、ホンダ、日産をはじめ国産車は皆さんもご存じの通りとにかく壊れないことが特徴と言えます。

1年や2年程度何のメンテナンスもせずに走り続けても、大きな故障をすることはほぼありません。

しかし、輸入車となるとどうでしょうか?

ベンツ、BMW、アウディをはじめ欧州車やフォード、GMなどアメ車など全てとは言い切れませんが、輸入車は国産車に比べると壊れやすいイメージが強いです。

のむさん
車業界ド素人のむさん
輸入車は漠然と壊れそうなイメージがありますね。
昔の話だよ。最近の輸入車は壊れにくくなってるんだぜ。
キザオ
自称プロのキザオくん

壊れにくい国産車と比べると、壊れやすい輸入車は定期点検の受診率も高いようです。さらに輸入車は動力系を含め全てがコンピュータで制御されているため、自分で直してみようということがなかなかできないのも定期点検の入庫促進につながっているのかもしれません。

関連中古車でも国産車が輸入車と比べて査定価格が高くなる理由

中古車査定と12か月点検【まとめ】

法定点検とされる12ヶ月点検ですが、ディーラーの調査結果によると、受けている人は約4割程度にとどまるとのことです。

『どうせ1年後には車検があるから、どのみち点検受けるし、いいでしょ』

こんな人がほとんどだと思います。車業界にいた私からすれば、正直なところ受ける必要はないと思っています。次の2つのパターンで決めましょう。

ポイント

1年以上乗る予定がある人 → 受けるべき

車検や乗り換え予定が近い人 → 受ける必要はない

今点検や車検の時期で査定をしようか迷っている方は、一括査定サイトのランキングを参考にして愛車の現在の相場価格をチェックしてみてください。

実際に査定を依頼すると、思わぬ価格がつくこともあるのでものは試しです。

新しい年式の車であれば、交換部品もそれほどないですし、費用もかかりませんが、古い年式の車の場合は点検費用の割に査定金額にも影響がないということを考えると、無理して受けなくてもいいと言えますね。

車の乗り換えで損をしない方法

中古車選びと頭金

新車でも中古車でも乗り換える時は少しでも高く売って、頭金に変えたいですよね。

そのためにも今乗っている車を査定する時は、最低でも2~3社くらいの買取業者へ査定を依頼するようにしましょう

そうすることで、あなたの車の妥当な査定価格が自然とわかります。1社だけの査定だとプロでもその査定価格が適正な金額か見抜くことは難しいものです。

がむしゃらにもっと値段上げてくださいと営業マンに言っても、正直なかなか相手にしてもらえず流されてしまいます。目標金額を事前に決めるためにも相場価格の把握は必須というわけです。

何社も買取業者をまわって査定をしてもらうのは正直体力的にも時間的にも効率が悪いものです。そこで、簡単に複数の買取業者へ査定を依頼できるのが、今はやりの一括査定です。

一括査定サイトも結構な数があってどれを選んだらいいのかわからない人が多いと思ったので、中でも有名な6社の違いを比較・ランキングを作成してみました。

一括査定サイトの比較・ランキング

一括査定サイトの比較情報

一括査定サイトの比較

一括査定サイトのランキング

一括査定サイトのランキング

買取業者の口コミ・評判

アドセンス記事下2個

スポンサーリンク




アドセンス記事下2個

スポンサーリンク




  • この記事を書いた人
  • 最新記事
リョウヘイ

リョウヘイ

元自動車ディーラーの営業をしており、中古自動車査定士の有資格者です。元査定士ならではの業界の裏話を中心に中古車に関するお得情報とコラムを発信していきます。 詳しいプロフィール

-高く査定してもらうポイント

Copyright© 中古車査定まるわかり , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.